FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

絶品のカニ料理を堪能する宿6選
セレクション

絶品のカニ料理を堪能する宿6選

今年も寒い冬がやってきますね。寒さに負けて冬ごもり…なんて方も少なくないのではないでしょうか。そんな時期こそ、美味しいものを食べに旅へ出ませんか?限られた期間しか味わえない冬の味覚「カニ」を堪能できる宿をご紹介します。

歴史ある温泉と活「津居山カニ」を堪能

西村屋本館(兵庫県/城崎温泉)

開湯1400年の歴史をもつ城崎温泉。情緒豊かな温泉街の中ほどに「西村屋本館」は佇みます。客室はすべて庭園に面し、その眺めはまるで美しい絵画のよう。風のささやきや鳥のさえずりに囲まれ、喧騒から離れた静かな時間を過ごすことができます。

西村屋本館では、地元漁港で水揚げされた新鮮な「津居山カニ」を活のまま調理してお客様にご提供。新鮮だからこそ、お造りや茹で、焼きなど異なる調理法で味わうことができます。至福のカニ尽くしで、思わず笑みがこぼれること間違いなし。

老舗の料亭旅館で上品に味わう「香箱カニ」

料亭旅館 浅田屋(石川県/金沢)

1867年創業の老舗旅館「料亭旅館 浅田屋」。全5室のお部屋は、数寄屋造りでゆったりとした静謐な佇まい。風趣な坪庭を眺めれば、かつての旅人たち同様に日常で忘れかけた安らぎを見つけることができるかもしれません。

料亭旅館の名を掲げ、お料理を盛り付ける器にもこだわりが光ります。ふたを開けると立ち上る湯気は、まるで玉手箱のよう。堂々とした姿の「香箱カニ」は、薄らいでいく湯気と引き換えに、芳醇な香りをお部屋いっぱいに漂わせます。

「加能ガニ」の美味しさに思わず“みやこわすれ”

みやこわすれの宿 こおろぎ楼(石川県/加賀温泉郷山中温泉)

松尾芭蕉も愛したとされる山中温泉は、開湯して約1300年の歴史ある温泉地。名勝こおろぎ橋の袂に位置する「みやこわすれの宿 こおろぎ楼」はその名の通り“みやこわすれ”をテーマに、ゆっくりくつろぐことのできる全7室のこぢんまりした旅館です。

4つの温泉を持つ加賀温泉郷では唯一、地元橋立漁港の競りに参加。オーナーシェフ自ら競り落とす「加能ガニ」を使ったフルコースは、3月末までの期間限定。お造りやカニしゃぶなど、さまざまな調理法で召し上がれ。

文化人たちを魅了した温泉と「橋立カニ」に舌鼓

たちばな四季亭(石川県/山代温泉)

1868年創業の歴史を誇り、与謝野晶子や北大路魯山人らを魅了した山代温泉に佇む「たちばな四季亭」。平成に入り全館新築し一面桐敷きとなった館内は、素足で歩くことで我が家にいるような安心感を与えてくれます。

食事はすべてお部屋でいただきます。橋立港で水揚げされた「橋立カニ」は、調理する前にその姿を見せてくれるそう。上品かつ芳醇な味わいは絶品。橋立カニを主役に加賀の味覚が詰まった懐石料理を堪能しましょう。

幻の「間人ガニ」を味わい尽くす

間人温泉 炭平(京都府/丹後半島)

京都府最北端、丹後半島間人に位置する「間人温泉 炭平」は、海と山に囲まれた全16室の旅館。すべての客室から雄大な日本海や夕日を眺めることができる造りで、自然と四季の移ろいを全身で感じることができます。

漁を許されているのはたった5艘の船のみ、漁獲量も少ないことから幻のカニと呼ばれる「間人ガニ」。その名に恥じることなく、口に入れた瞬間に広がる甘みや持続する旨みは、一度食べると虜になってしまうこと必至。お鍋の〆は雑炊で、余すことなく味わい尽くして。

展望レストランで「間人ガニ」「松葉カニ」食べ比べ

京・Tango Resort はなれ 空遥(京都府/京丹後温泉)

2016年11月にオープンした「京・Tango Resort はなれ 空遥」は、1日4組限定の離れ宿。4室それぞれテーマカラーが異なり、すべてに日本海を一望できる露天風呂と専用のウッドデッキを完備しています。露天風呂に身をゆだねれば、海と一体化したような気分に。

食事は日本海を一望できる展望レストランでいただきましょう。オープンキッチンで、待っている時間もわくわく気分が高まります。丹後の名産「松葉カニ」と幻の「間人ガニ」の贅沢な食べ比べ、ぜひご賞味あれ。

料理のバリエーションが豊富で、いろいろな楽しみ方ができる冬の味覚「カニ」。地酒と合わせていただくのも、大人の贅沢です。美味しい食事と温泉を楽しんだら、きっとあなたも冬が好きになるかもしれません。

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2019.05.08 13:36

あわせて読みたい

「カニ」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア