FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

瀬戸内海の魅力に触れる、上質で穏やかな船旅
クローズアップ

瀬戸内海の魅力に触れる、上質で穏やかな船旅 guntu(広島県/尾道)

「せとうちに浮かぶちいさな宿」をコンセプトに、2017年10月に就航した「guntû」。穏やかな瀬戸内海を漂いながら島々が織りなす絶景や島の魅力に出会う、他に類を見ない贅を尽くした客船です。

今回は複数ある航路の中から、宮島や音戸の瀬戸などを巡る「西回り2泊3日」の旅を体験してきました。
優雅な船旅の魅力を、客室編と食事編の2編に渡りご紹介します。

旅の始まりを告げる汽笛音で乾杯

船が発着するのは、広島県尾道市にある「ベラビスタマリーナ」。専用ラウンジで荷物を預け、海を眺めながらチェックイン手続きを行います。

マリーナから遠目に見えるguntûは、まるで建物が海に浮かんでいるよう。船体はシルバーで、瀬戸内海の海や空を映し込み表情が変わります。

ラウンジでゆっくりくつろいだ後は、専用カートに乗っていざ乗船です。

出港時は、シャンパンで乾杯するのがお約束。
はやる気持ちを抑えて、まずは最上階の3階にあるオープンデッキへ向かいましょう。出港の合図を告げる大きな汽笛の音に、これから始まる船旅への期待も高まります。

木の香り漂う洗練された空間

この船の設計を手掛けたのは、建築家の堀部安嗣氏。船の特徴とも言える三角の切妻屋根は、瀬戸内の島々に瓦屋根の集落が多いことから、その風景と溶け込むようにとデザインされたものです。

軒下に広がる「縁側」は、日本らしいスタイルで自由にくつろぐことができる特等席。

季節の甘味をいただくもよし。干物と共に一献かたむけるもよし。靴を脱いで腰掛ければ、移り変わる瀬戸内の自然に魅了されることでしょう。

ラウンジやダイニングなど船内には11種類の木材が使用され、どこにいても優しい木の香りに包まれます。エンジン音や振動もほとんどないため、海の上にいることを忘れてしまうような落ち着いた空間です。

海を間近に感じるくつろぎのスイートルーム

シャンパンを楽しんだ後は、お部屋に戻って一休みを。
1~2階に位置する客室は、19室すべてが50平米を超えるテラス付のスイートルームです。1番多くの客室数を誇る「テラススイート」は、安心感に包まれた居心地の良いお部屋。

大きく切り取られた窓の外には、流れゆく瀬戸内の絶景が広がります。シモンズ社製の特注ベッドに横になれば、海と一体になったような気分に。
目の前に流れる島影を眺めながら、穏やかなひとときを過ごしましょう。

小上がりには、海に面したソファエリア。
テーブルにはお茶セットやうちわ(夏季限定)、双眼鏡、「ガンツウからのおもてなし」と書かれた1枚の紙が置いてあります。

船で通過する名所が目安の時間と併せて記載されているので、こちらを参考に3階のオープンデッキへ上がるのもおすすめです。

テラスに出れば、より海を間近に感じることができます。

洗面台はシンプルながらもお花が飾られるなど、さりげない上品さが際立ちます。
壁にかかるのは、手触り抜群の今治タオル。海島綿を使った特注品です。

基礎化粧品には、国産原料を使ったオーガニックスキンケア「THREE」を。化粧水やシャンプー、ボディローション、UVプロテクター(夏季限定)にいたるまで、全10種類が贅沢にそろいます。

内風呂ながらもテラス側のドアを開ければ外の風を感じることができ、半露天風呂気分を味わえますよ。

客室にはiPadを完備。航路や現在地、瀬戸内の島々の情報をリアルタイムで確認したり、電子版の新聞を読むことができます。

お部屋にはバスローブ、上下セパレートのパジャマ、浴衣を備えます。
浴衣はダイニングで食事を楽しむ際にも着用可能です。

心身共にリフレッシュできる絶景のスパエリア

客室とは違った雰囲気でお風呂を楽しみたい時は、2階の船尾に設けられた大浴場へ。
大きな浴槽にスチームサウナが備わる浴室と、水風呂とドライサウナを備えた浴室は、日替わりの男女入れ替え制。檜の香りに包まれながら身をゆだねれば、インフィニティバス気分を味わえます。

イタリア テクノジム社製のトレーニングマシンを設置したジムでは、流れる景色を眺めながらリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

お風呂上がりや運動後には、湯上りサロンで瀬戸内の柑橘を使ったジュースやお酒を片手にゆったりと休息を。

トリートメントルームでは、気分や体調に合わせた施術で心身共に解放されましょう。
身体のゆがみや緊張を解きほぐす然体法と岩盤マットで身体を温めながら深部にアプローチする彫刻リンパ(R)は、いずれもguntûと共に生まれたオリジナルメソッドです。

瀬戸内に点在する島々の魅力に触れる船外体験

guntûには2隻の小さなテンダーボートが搭載されています。こちらに乗り換えて向かうのは、瀬戸内に点在する島々の日常。様々な船外体験も、guntûでしか味わえない旅の醍醐味の一つです。

今回向かったのは、早朝の宮島。普段の観光では訪れることのないような、地元の方たちが使う小路を散歩します。

開門直後の厳島神社には観光客でにぎわう前の静寂の時間が流れ、水面に反射した朝日が朱色の柱を美しく照らしています。

散歩の後は、島の高台にある「天心閣」で淹れたてのコーヒーをいただきましょう。guntûのために早朝営業を行っているので、貸切で贅沢な時間を過ごせます。

目の前に広がる絶景を一望できるテラス席もおすすめです。

夕方にはクルーの方たちに見送られ、来島海峡の急流体験へ。

来島海峡は日本三大急潮の一つで、九州方面と関西方面を結ぶ瀬戸内海航路のちょうど真ん中に位置する交通の要衝。

来島海峡大橋をくぐり抜け、周辺の島々や造船所、村上水軍の居城跡などを見学しながら船は進みます。

間近で見る潮流は、荒々しく迫力満点。ガイドの方の説明を聞きながら、大自然のパワーを全身で感じましょう。

船外体験から戻ってきたのは、ちょうど夕陽が海に沈もうとする頃。太陽に照らされた縁側はオレンジ色に染まり、暖かい光に優しく包み込まれます。

刻々と表情を変える山並みや海の色は、ずっと見ていても飽きることがありません。
好きなときに好きな場所で、悠然と流れる景色に身を任せる。そんな贅沢な時間を、穏やかな瀬戸内の洋上で過ごしてみませんか。

>食事編に続く

guntu

guntu

広島県/尾道

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「憧れの旅館」の人気記事