ご存知ですか?温泉の正しい入浴方法

こんにちは、編集部のmikaです。大好きな温泉の知識をもっと身につけたいと思い、昨年末に温泉ソムリエ認定セミナーを受講してきました。
そこでみなさんに質問なのですが、温泉やお風呂に入るときの「入浴方法」について考えたことはありますか?何気なく温泉に入って「気持ちいい~」と自由に楽しむのも良いですが、実は正しい入浴方法を実践するだけで、より温泉や入浴の効果を高めることができるのです。
知っておいて決して損はしない「温泉の正しい入浴方法」をご紹介いたします。

【1】入浴前後に水分補給をすること

入浴をすると発汗により血液粘度が高まり、血がドロドロの状態になります。入浴する15分~30分前に水分補給をして、血液をサラサラにしてからお風呂に入りましょう。入浴後だけでなく、入浴前にも水分補給をすることが大事です。

~入浴前後におすすめの飲み物~
水、ミネラルウォーター、ミネラル麦茶、ビタミンC飲料
なかでも「ビタミンC飲料」は湯あたり防止に効果的なので、入浴前に飲むのがおすすめです。

【2】入浴前に心臓に遠い部位から順番に「かけ湯」を行うこと

かけ湯には、体の汚れを落とすというマナーの意味だけでなく、温泉の泉質や温度に体を慣らすという意味もあります。そのためシャワーのお湯ではなく、これから入る湯船の湯を桶などでかけ湯をするのがおすすめです。足先など心臓に遠い部位から十分にかけ湯を行い、体を慣らしましょう。
その後は「足浴→半身浴→全身浴」の順にゆっくりと入浴することで体への負担を軽減することができます。

【3】頭には濡れたタオルをのせること

のぼせやすい「内湯」と「夏の露天風呂」では「冷たいタオル」を。立ちくらみを起こしやすい「冬の露天風呂」では「熱いタオル」を頭にのせましょう。
のぼせは、頭に血がのぼったオーバーヒート状態。立ちくらみは、全身の血流が良くなり頭の血流量が減る状態。それぞれの状態に合った対策が必要です。また、立ちくらみ防止には、「全身浴→半身浴→足浴」の順にゆっくり浴槽から出ることも大切です。

【4】一度に長湯せず「分割浴」をすること

「分割浴」とは、短時間の入浴と、浴槽から出て休憩することを繰り返し行うこと。心拍数を急上昇させることなく、血流量を増やすことができるので、体に負担がかかりにくいのです。
例えば、「3分入浴して休憩、また入浴」を3回繰り返すと、9分間入浴したことになります。一度に10分間入浴するよりも、9分間の「分割浴」の方が体に負担が少なく、さらに湯冷めしにくいと言われています。

【5】疲労回復には、足浴による「温冷交互浴」をすること

「温冷交互浴」とは、「膝下にお湯を掛けること3分、水を掛けること1分」を3~5回繰り返し行うこと。温冷刺激により末梢血管が広がり、足裏にある「反射区」に溜まった疲労物質が排泄されやすくなり、疲労回復効果があると言われています。
「反射区」は足裏以外に手にも集中しているので、「手浴」で「温冷交互浴」を行うのも効果的です。血液中の老廃物をしっかり体外に排出するため、「温冷交互浴」を行う際には、水分を多く摂取することも重要です。

いかがでしたか?頭にのせるタオル1つにも、ちゃんと意味があるんです。
正しい入浴方法を身に着けて、より快適で健康な温泉ライフを楽しみましょう。

この記事が気に入ったらシェア!