FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

まるで別荘!2棟のみの離れで極上時間を
クローズアップ

まるで別荘!2棟のみの離れで極上時間を はなれの宿 千の森(熊本県/阿蘇)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、宿泊施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。宿泊施設・店舗の最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

雄大な阿蘇山の麓に水と緑に囲まれた深い森。8,000坪の広大な敷地にたった二つの離れ客室を配した「はなれの宿 千の森」は、まるで寛ぎに満ちた別荘のよう。阿蘇の天然水、優しく肌をなでる風、緑に輝く木々に包まれた静かなプライベート空間で、日常から解放された極上時間を過ごしてみませんか。

森の住人になって阿蘇の大自然を満喫しよう

木々に囲まれたエントランス。敷地内に一歩足を踏み入れると、まるで森の住人になったような気分に浸れます。8,000坪の森の中に母屋、食事処、2棟の離れ客室が点在。この上ないプライベート空間が広がります。

まず、こぢんまりとした佇まいの母屋へ。アンティーク調の家具が備えられ、大正ロマンの雰囲気漂うラウンジでは、鳥や虫の音、施設の下を流れる天然の川のせせらぎを聞きながらウエルカムドリンクを。突き出しの窓や透明な床の部分からは川の流れを眺めることができます。チェックインの手続きを済ませたら、いよいよ客室へ。

表に出るとカートがお出迎え。客室までの移動に利用します。アプローチは自然を生かした手付かずの未舗装道路。ちょっとしたアトラクション体験を愉しめます。マイナスイオンをたっぷり浴びながら、阿蘇の大自然に身を委ねる…そんな森の生活の始まりです。

8,000坪の敷地にたった2棟という贅沢

離れ客室は、ラウンジにほど近い「かわせみ」と小高い丘の上に佇む「ふくろう」の2棟。

「かわせみ」は真下に川が流れているため、テラスでは川のせせらぎを聞きながら寛ぎの時間を過ごすことができます。一方、「ふくろう」は森の一番奥に位置するため、よりプライベートな感覚で寛ぐことができ、何もせず、静かにのんびり過ごす贅沢を味わえます。

どちらの客室もコンクリート敷きの土間、阿蘇の湧水を使用した半露天風呂、浴室内に併設された岩盤浴、ウッドデッキのテラスを完備。

客室内は天井が高く、柱や梁が張り巡らされた蔵のような造り。窓は大きく、森との一体感を愉しめます。和室の中央には一枚板のテーブル。天然木の重厚感が客室の雰囲気に合っていて温かみのある和の趣を醸し出しています。リビングには囲炉裏、マッサージチェア、DVDプレーヤーも備えられ、ゆったりとしたひとときを過ごすことができます。

阿蘇の山の幸をふんだんに使った創作料理

食事は、夕食、朝食ともお食事処「創作料理 いちの川」で頂きます。
森の入り口近く、緑に囲まれた古民家風の外観。中に入ると、土間の暖炉、畳のスペース、落ち着いた色目のフローリングの床、調度品など、どこか懐かしいノスタルジックな雰囲気が漂います。

 

夕食は、一品一品配膳される本格的な懐石料理。見た目にも美しい料理の数々はもちろんのこと、盛り付けや器に至るまで料理長のこだわりが感じられます。食材には阿蘇の山の幸や無農薬野菜が使われ、熊本名物の馬刺し、ブランド牛である阿蘇のあか牛など、味覚でも熊本の自然を堪能することができます。

朝から手の込んだ料理が愉しめる朝食。かごに盛られたおかずの数々は、ごはんに合うものばかり。おいしいものを少しずつ頂けます。焼き魚は焼きたてのものを、湯豆腐には出汁が張られているなど、ひと手間加えられた料理長の思いが込められた朝食は、ここ「千の森」でしか味わえない体験です。

一日二組限定。この贅沢な森の生活とともに体験してみたいのが、ヘリコプタープラン。近くのヘリポートから阿蘇山中岳噴火口、米塚、草千里などを巡ります。阿蘇の雄大な自然を見下ろせるめったにない機会。こんな優雅なひとときを、広大な森の中の別荘「はなれ宿 千の森」は実現してくれます。

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2017.12.14 16:57

あわせて読みたい

「露天風呂付客室」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア