FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

長崎・雲仙の自然と温泉に癒される華やかなクラシックホテル
クローズアップ

長崎・雲仙の自然と温泉に癒される華やかなクラシックホテル 雲仙観光ホテル(長崎県/長崎・雲仙)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、宿泊施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。宿泊施設・店舗の最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

文明開化の明治時代より、西洋のホテル文化を日本に導入した先人たちの功績を現代に伝え続けているクラシックホテル。今回は、良質な温泉と豊かな自然に恵まれた雲仙天草国立公園内にある老舗リゾートホテル「雲仙観光ホテル」をご紹介します。

国立公園内に佇む日本の観光を支えたリゾートホテル

「雲仙観光ホテル」は、昭和10年(1935年)の開業より国内有数のリゾートとして、多くの人々に愛されてきました。石畳のアプローチを進んだ先に見えるのは、ホテルのシンボルであるスイスシャレー風の建物。昭和初期を彷彿とさせる東洋と西洋の建築様式の融合が、メルヘンな独特の世界観を創り出しています。

ゲストを迎えるのは、どこか懐かしさを感じる重厚な雰囲気のエントランス。館内は客船をイメージして設計されたと言われ、豪華絢爛な当時の面影を強く残しています。長い年月を経て、艶をまとった柱や梁、調度品が放つ独特の輝きに、ノスタルジックな旅の始まりを予感することでしょう。

そんな古き良き昭和を感じさせる「雲仙観光ホテル」の始まりは、外国人誘致による外貨獲得を目的としたリゾート地の開発とされています。そして、日本で初めて「観光」という言葉を名に冠し、日本の観光業の旗手として、昭和天皇皇后両陛下をはじめとする国内外の貴賓客をもてなしてきた伝統あるホテルです。

木のぬくもりを感じられる華やかで快適な客室

全39室あるお部屋は、異国情緒を感じさせる華やかな雰囲気が特徴。約5年に及ぶ大規模な改修工事を経て、照明やインテリアなどのディティールはそのままに、水回りや寝具などを刷新し、快適に過ごせるようアップデートされています。

「雲仙観光ホテル」を訪れた名だたるVIPが愛した「特別室」は、趣に満ちた気品が漂うお部屋。丁寧に仕上げられた家具や調度品、窓の外に広がる雲仙の自然に包まれるような、優雅な休日を過ごしましょう。

客室に備わる幅110cm、長さ200cmのベッドはシモンズ社製を採用し、心地よく寛ぐことができます。また、伝統が生み出した厳かな風格のある空間をエレガントに演出するのは、ホテルの至るところにあしらわれている花柄の壁紙。映画女優の気分を味わえる猫足のバスタブも必見です。

伝統あるダイニングで愉しむ雲仙キュイジーヌ

約200畳の広さを誇るダイニングは「雲仙観光ホテル」を象徴する空間の一つ。独特の輝きを放つ床板のほとんどが開業当時のまま残っています。クラシックで統一されたカトラリーやゴブラン織りのタペストリーなど、華やかに着飾るゲストが集った社交場の薫りを感じながら、シェフ渾身のフレンチを堪能しましょう。

提供されるのは、雲仙や九州の旬の食材をふんだんに活かしたフレンチコース。思いやりの心を大切にした贅沢な味わいを堪能できると評判です。伝統的なフレンチの技法とこだわりの地元食材が融合した「雲仙キュイジーヌ」を味わってみませんか。

1日の始まりを告げる朝食には、アメリカンのセットメニューを用意。メインの卵料理は、スクランブルエッグやオムレツなど、4種類のメニューからお選びいただけます。どれも地元・雲仙で採れた太陽卵を使用した逸品です。

静謐な空気が流れるバールームで嗜むオリジナルカクテルは、クラシックホテルの醍醐味。ドイツ発の薬用酒・イエーガーマイスターを使用した「フラッシュバック」は、1935年の開業とともに誕生したホテルの顔ともいえる一杯。味わってみてはいかがでしょう。

雲仙地獄の湯を源泉掛け流しで堪能する

洋風ホテルらしいアールデコ調のデザインが施された硫黄泉浴室。雲仙地獄の一つである小糸地獄より自噴する温泉を、源泉掛け流しの内風呂や露天風呂、貸切風呂で愉しみましょう。古くから温泉地として知られる雲仙の語源は「温泉」とも言われており、高い殺菌効果から皮膚病への効果が期待できます。

泉質は、酸性・含硫黄・アルミニウム・硫黄塩泉。硫黄を含んだ強い酸性泉は、温泉療法が盛んな欧米でも珍しいので海外へ紹介され、雲仙温泉は明治から昭和初期にかけて、上海租界の欧米人の保養地として栄えた歴史があります。

レトロかわいい空間で過ごす大人の休日

欧米文化をいち早く取り入れてきたクラシックホテル。「雲仙観光ホテル」には、映写室やビリヤードを愉しめる撞球室が備わります。撞球室を象徴するステンドグラスは剣と盾をモチーフにしたオリジナル。ハイセンスなレトロかわいい空間に、つい写真をたくさん撮ってしまいそうです。

1,500冊以上の書籍が並ぶノスタルジックな図書室で寛ぐのもおすすめ。ゲストより寄与された書籍をはじめ、文学全集や写真集など、幅広いジャンルの蔵書があります。温かな光の下で、のんびりと読書にふけるのもいいですね。

時代の変遷を随所で感じることができるのが、クラシックホテルの魅力の一つ。歴史ある調度品や伝統に触れて、日常とかけ離れた優雅なひとときを過ごしてみませんか。

雲仙観光ホテル

雲仙観光ホテル

長崎県/長崎・雲仙

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2021.03.10 10:30

あわせて読みたい

「九州の厳選宿」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア