FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

金沢の奥座敷に佇む宿で、良質な温泉と加賀料理を堪能
クローズアップ

金沢の奥座敷に佇む宿で、良質な温泉と加賀料理を堪能 金沢犀川温泉 川端の湯宿 滝亭(石川県/金沢犀川温泉)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、宿泊施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。宿泊施設・店舗の最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

金沢を代表する名所「兼六園」から車で約12分。豊かな自然が溢れる金沢の奥座敷に佇む「金沢犀川温泉 川端の湯宿 滝亭」は、金沢の美食との料亭温泉旅館です。

滝の音と緩やかな時間の流れに癒される

犀川温泉にひっそりと佇む「金沢犀川温泉 川端の湯宿 滝亭」。清流・犀川のせせらぎや蛙の鳴く声にどこか懐かしさを感じる場所にあり、洗練された空間と良質な温泉が評判の宿です。

宿の象徴ともいえる2本の滝が連なる夫婦滝。ラウンジをはじめ、足湯付き滝見台からも眺めることができます。滝見台ではカウンターの席に腰掛けながら、薬草足湯にのんびり浸かり、しばし旅の疲れを忘れて寛げます(雨天・冬季は閉鎖)
敷地内の庭園と共に、訪れる人々の心を癒してくれることでしょう。

エントランスで靴を脱ぐと、畳敷きのロビーラウンジに案内していただけます。手入れの行き届いた美しい庭園の景色を一望でき、和と洋が融合したモダンな空間にて、ウェルカムドリンクと共にチェックイン。
ホスピタリティ溢れるスタッフと共に、お部屋へと足を運びます。

金沢らしい優雅な風情が自慢の客室

畳敷きの廊下を通り、客室へ。客室は庭園の草木を愛でる「椿花亭」、プレミアムな別邸「辰巳亭」、犀川のせせらぎを感じる「離れ犀川」、の3タイプ。本館の「椿花亭」は庭園を臨む客室。和の意匠にこだわった格式ある客室と、四季によって変わる庭や裏山、河川敷を眺める静かな時を楽しめます。

半露天風呂付きの和モダンな洋室「辰巳亭」は、和モダンタイプの特別客室。7282平米のお部屋には、ゆったりとしたセミダブルベッド2台と大きな檜風呂、外の景色を臨めるインナーテラスを備えます。客室露天では源泉(天然温泉)を楽しめ、ワンランク上の寛ぎとなることでしょう。

「離れ犀川 露天風呂付和室」は、文豪・室生犀星の愛した犀川が見えるお部屋。12.5畳の本間にゆったりした踏込とリビング、さらには源泉を用いた露天風呂が付いた贅沢な造りです。犀川の流れを身近に感じる、川床のような露天風呂を独り占めしましょう。

また、「離れ犀川 露天風呂付和室」宿泊者は、専用のティーラウンジ「さくら」を利用できます。ゆったりとした雰囲気でフリードリンクをいただけるのも嬉しいですね。

「つるつる湯」とも呼ばれる弱アルカリ性の温泉

天然温泉露天風呂では犀川のせせらぎと共に、移りゆく景色や鳥のさえずりに四季折々の風情を感じられます。弱アルカリの温泉は「つるつる湯」とも呼ばれ、肌がなめらかになると女性から特に人気が高い美人の湯。
滞在中に何度も湯浴みしたくなる開放感と心地よさです。
清掃時間以外はいつでも利用できるので、体の隅々から癒しを感じる、贅沢なひとときを堪能しましょう。

美食の都・金沢の海と山の幸を贅沢に味わう

夕食は「お料理処 楽膳」にて、旬の地元食材をふんだんに使用した加賀会席がいただけます。お料理は海の幸、山の幸が揃う金沢ならではの美味が、一鉢一椀見た目も華やかに彩られ、一皿ごとにじっくりと味わいたくなるものばかりです。

地元産の魚介類を中心とした会席や、加賀藩の頃から親しまれている金沢の郷土料理でもある鴨治部煮を味わえる会席など、プラン毎に異なるので、好みのメニューを選びましょう。

朝食は能登南京やお豆腐、加賀野菜、のどぐろなど、色とりどりの地場食材が使われた、品数豊富な日本の朝ごはん。
炊きたてご飯と、お味噌汁のやさしい香りに自然と体が目覚めます。

訪問客の満足度も高く、リピーターも多い「金沢犀川温泉 川端の湯宿 滝亭」。また訪ねたくなる理由の一つは、なにより宿のおもてなしの高さによるもの。
金沢の奥座敷で、日常を忘れてのんびりと、贅沢な時間を叶えてみませんか。

金沢犀川温泉 川端の湯宿 滝亭

金沢犀川温泉 川端の湯宿 滝亭

石川県/金沢犀川温泉

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2021.02.17 16:44

あわせて読みたい

「金沢の厳選宿」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア