FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

2020年3月開業!ひらまつ初の都市型ラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 京都」
クローズアップ

2020年3月開業!ひらまつ初の都市型ラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 京都」 THE HIRAMATSU 京都(京都府/烏丸三条)

「室町時代」の名の由来となった京都・室町通。京都の中心とも言えるこの場所に、2020年3月「THE HIRAMATSU 京都」が開業します。
ここは“京都の心”を設えで、味で、もてなしで継承する宿。「HIRAMATSU」の新しい姿を体感しに出かけてみませんか。

幕府が置かれ、政治の中心地だった京都・室町通

ホテルの開業ラッシュが続く京都。
そんな中、3月18日にオープンする「THE HIRAMATSU 京都」は、日本のレストラン文化を牽引してきた「ひらまつ」が初めて手がける都市型ラグジュアリーホテル。これまで「三重・賢島」「熱海」「箱根・仙石原」「沖縄・宜野座」と、リゾート地で展開してきた「THE HIRAMATSU HOTELS & RESORTS」とは異なる、魅力ある街を知り、その街の“日常の魅力”を味わうための新しいホテルとか。

その初舞台に選んだのがここ、京都。それも室町時代には幕府も置かれ、栄華を誇った室町通。祇園祭の山鉾も巡行するこの通りは、京都の歴史・文化を肌で感じられる場所です。

設えの監修は京都の「中村外二工務店」

ホテルは江戸時代から残る京町家を内包した5階建て。表格子の外観は通りの雰囲気にしっくり溶け込んでいます。
デザインの総合監修は日本を代表する数寄屋建築工房、京都・中村外二工務店。
“京都そのものを設える”ことをテーマとした「THE HIRAMATSU 京都」は、走り庭や坪庭、蔵までも含め、京町家のディテールをそこかしこに活かしながら見事に復元されています。滞在しているだけで京都を全身で体感できるでしょう。
特にファサードに配された表格子の美しさといったら!これは格子の中でも上部の「子格子」を切り取って光を入れた「糸屋格子」と呼ばれるもので、着物の柄などを見えやすくするため呉服屋をはじめとした繊維関係の店構えで多く取り入れられた意匠とか。

和の情緒と快適性を融合させたデザイン

お部屋は29室。スーペリアからスイートまで5つのカテゴリーに分かれています。最もカジュアルな「スーペリア」でも約54平米の広さ。「ザ・ひらまつスイート」に至っては約104平米もあり、京都の街中にあってもゆとりある空間を確保しているのが特徴です。

色調を抑えたデザインで間接照明が映える空間「デラックスプレミア」。壁や照明、ファブリックに至るまで選び抜かれた素材が用いられていますが、そのさじ加減が絶妙!和が突出し過ぎることもなく、まさに“はんなり”感たっぷりです。
一方でジェットバスを設けたバスルームはかなり機能的。トイレはもちろん、バスとシャワーも分離させたゆとりあるデザインで、ゆっくりバスタイムを楽しめるでしょう。

イタリア料理と割烹、2つのレストラン

全29室のスモールラグジュアリーホテルながら、レストランはイタリア料理と割烹の2店舗を備えています。28席のイタリア料理「la Luce」は、京町家の梁を活かした開放的な空間です。京懐石の割烹「いずみ」は全12席。京都の料亭で研鑽を積んだ料理長による京料理が楽しめます。
朝食付きプランで宿泊の際は、チェックイン時グループごとに和食・洋食を選べます。

京都では、思いのままに振る舞う人を「気随者(きずいもの)」と呼ぶそう。悠々気ままに過ごすことのできるこのホテルであれば、誰もがその「気随者」になれるかも。選び抜かれた立地と設え、さらには“ひらまつ流のもてなし”で、幸せな気随の境地へ誘ってもらえそうです。

THE HIRAMATSU 京都

THE HIRAMATSU 京都

京都府/烏丸三条

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2020.03.23 14:16

一休コンシェルジュ アンケート

あわせて読みたい

「近畿の厳選宿」の人気記事

一休コンシェルジュ アンケート

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア