FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

【滞在記】京都の老舗ラグジュアリーホテル「ウェスティン都ホテル」リニューアル速報!
クローズアップ

【滞在記】京都の老舗ラグジュアリーホテル「ウェスティン都ホテル」リニューアル速報! ウェスティン都ホテル京都(京都府/東山けあげ)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、宿泊施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。宿泊施設・店舗の最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

京都・東山の高台に建ち、1890年の創業以来、皇室をはじめ多くの賓客を迎えてきた「ウェスティン都ホテル京都」。
創業130周年となる2020年に向けて、京都を代表するラグジュアリーホテルとして更なる飛躍を目指して、2018年6月より大規模リニューアルを実施しています。
そしてついに2019年11月末、東館・本館の客室の一部とクラブラウンジ「Westin Club」、5つのレストランとバーがリニューアルオープンしました。

今回は、リニューアルしたばかりの客室と、スイートルーム宿泊者専用のクラブラウンジ「Westin Club」、オールデイダイニング「洛空」を、編集部のmikaが取材させていただきました。

伝統を継承しつつラグジュアリーに進化した京都の老舗ホテル

ホテル全体のリニューアルデザインコンセプトは、「Queen of Elegance(クイーン オブ エレガンス)」。
昭和を代表する建築家・村野藤吾氏のデザインの特徴である優美さや曲線美を承継するとともに、木の風合いや、東山の自然をイメージしたデザインを採用しています。

リニューアルの見所のひとつである客室は、改装前の客室2室分を1室に拡大し、総客室数は従来の499室から約半分の266室に。
大きく「デラックス」「ジュニアスイート」「ラグジュアリースイート」「プレステージスイート」の4つのカテゴリーに分かれ、東館・本館に分布しています。

日本らしさ・京都らしさをモダンに再現した「デラックスルーム」

最もスタンダードな「デラックスルーム」の多くは東館に。
京都の夏の風物詩である「川床」をイメージしたカーペットや、東山の山並みをイメージしたカーテン、梅の花を模したスツールなど、日本らしさ・京都らしさを感じられるデザインを取り入れています。

なかでも、北側の市街地に面した「デラックス平安京ビューキング」は、約38平米のスタンダードタイプながら、東山の雄大な自然や古都の街並みを見渡す眺望が魅力。

南禅寺やインクライン、平安神宮の大鳥居など、京都の名所を楽しめます。

お部屋の位置によって間取りやデザインが若干異なるそうですが、見せていただいたお部屋には、ライトアップされた大きな鏡付きのドレッサーと、梅の花をモチーフにしたスツールがあり、その可愛らしさに心をわしづかみにされてしまいました。

カップやグラス、冷蔵庫などはキャビネットの中に。
目線の高さに冷蔵庫があり、かがむことなく物の出し入れができるように配慮されています。

リニューアルに伴って全ての客室の浴室に洗い場を完備。浴室・洗面・お手洗いの水回り3点が独立型になったことで、浴室も洗い場も十分な広さを確保できるようになりました。

ハンドシャワーとレインシャワーの2種類のシャワーや、自動お湯はり機能など、スタンダードなお部屋でもこれだけ設備が整っているのは嬉しいですね。

アメニティは客室カテゴリー毎に異なり、「デラックスルーム」は、ウェスティンオリジナル「ホワイトティー」の香りとなっています。

より広く快適に、ワンランク上の滞在を叶える「スイートルーム」

中庭を囲むように建つ本館は、平均客室面積が従来の約1.5倍・50平米に拡大されたスイートルームが中心。スイートルームの宿泊者は、クラブラウンジ「Westin Club」の利用が可能です。
こちらは今回私が泊まらせていただいた「ジュニアスイート1キングベッド」。お部屋の位置によって広さや間取りが異なり、こちらはリビングルームとベッドルームを扉で完全に仕切ることができる2間タイプでした。

明治から昭和初期の南禅寺界隈の別宅を意識した、モダン(大正ロマン)な空間。
クラシカル要素のヘリンボーン張りのフローリングが歴史あるホテルを象徴しています。

バスルームの洗い場も、パウダールームも広々。

鏡の前に椅子があり、座ったまま身支度をできるのが嬉しいです。

スイートルームは、ホテル内にあるスキンケアサロン「ソティス」のアメニティを採用。

シャンプーなどのバスアメニティに加えて、ポーチに入ったスキンケアセットもいただけるので、荷物を少なくしたい女性には有難いですね。

ちなみにトイレはお部屋の玄関のすぐ横に。個室内に手洗い場もある、ゆったりとした造りです。

冷蔵庫はどこかしら?と思っていたら、なんとキャビネットの引き出しの中に発見。
お部屋の雰囲気を壊さないように、細部にまでこだわりが尽くされていることに驚きました。

同じく「ジュニアスイート」のカテゴリーに眺望をプラスした、約65平米の「ジュニアスイート平安京ビュー2ダブルベッド」。
リビング側・ベッド側両方の窓からは、四季ごとに表情を変える東山の自然の景色や、街並みをたっぷりと楽しめます。

間取りは一例ですが、こちらは空間に仕切りのないワンルームタイプ。

「ジュニアスイート平安京ビュー」以上の客室はダブルシンクのパウダールームで、浴室も少し広めの造りになっています。

ウォークインクローゼットもあり、長期滞在や荷物が多い方にも安心です。

「ラグジュアリースイート平安京ビュー2ダブルベッド」は、74平米から79平米とさらに広く、ゆったりと寛げるワンランク上のお部屋。
中央の扉を閉めればリビングルームとベッドルームが完全に独立するので、それぞれの空間で、まるで自宅のように過ごせるのが魅力です。

ドレッサーのあるベッドルームに

大きなソファやデザイナーズチェアのあるリビングルーム。
家族で宿泊をして、お子様を寝かせた後、リビングルームで夫婦2人お酒を楽しむ……
なんて過ごし方も良いですね。

バスルームもクローゼットも、もちろん十分な広さが確保されています。

サービスも設備も充実!京都の街並みや名所を望むクラブラウンジ

スイートルームのリニューアルオープンに合わせて、クラブラウンジ「Westin Club」も一新。朝食やカクテルタイムのメニューを充実させ、スイートルームの滞在価値をより高める、魅力溢れる空間に生まれ変わりました。

営業時間は、6時から22時まで。プライベートチェックイン・チェックアウトやインフォメーションサービスの他、ドリンクサービス、1日2回のフードプレゼンテーション(朝食・イブニングカクテル)などの特典を受けられます。

入り口のすぐ脇には、レセプションカウンターが。

食事をしやすいテーブル席や、ゆったりと寛げるソファ席、

一人でも気軽に利用できるカウンター席など、様々な利用シーンに合わせた席があり、目的に合わせて寛ぐことができます。

ライブキッチンも備わるクラブラウンジの朝食ブッフェ

朝食のメイン会場はホテル2階にあるオールデイダイニング「洛空」となりますが、今回はせっかくなので、こちらのクラブラウンジ「Westin Club」で朝食をいただきました。
2つのブッフェ台に卵料理を目の前で調理してくれるライブキッチン、ドリンクコーナーと、設備も品数も充実しています。

手前のブッフェ台には、サラダやフルーツ、シリアルやヨーグルト、フレッシュジュースなど。

奥のブッフェ台にはコールドミールとホットミール、

ごはん、お漬物、お味噌汁、

食パンやデニッシュ、グルテンフリーのパンも並びます。

席について驚いたのが、卵料理のオーダーシート。
記入してスタッフに渡すと、ライブキッチンで作られた好みの卵料理を席まで届けてくれるので、出来上がりをそわそわと待つことなくブッフェを楽しむことができます。

席まで届けてくれるのは分かっているのですが、目の前で作ってくださるとなるとつい見てしまいますね。
私はホワイトオムレツに、具材は、志ば漬けと湯葉、ほうれん草をチョイス。

窓側の席は眺めも抜群!京都の街並みや名所を眺めながら、優雅な朝のひとときを過ごすことができました。

ちなみに、クラブラウンジの朝食は、メインの朝食会場であるオールデイダイニング「洛空」よりも営業時間が30分長い10時30分までなので、朝寝坊をしてしまっても安心です。

3つのライブキッチンと豊富な品数のオールデイダイニング「洛空」

メインの朝食会場、オールデイダイニング「洛空」の朝食も少しだけご紹介します。

宴会場だった場所をリニューアルした空間は、壁一面の大きな窓と高い天井が開放感たっぷり。

京都の食材を取り入れた料理も並ぶ2台の大きなブッフェ台を中心に、洋食・和食・スイーツのライブキッチン。

ベーカリーコーナー、

ドリンクも冷たいものから温かいものまで充実しています。

あまりの種類の多さに思わず目移りしてしまいましたが、迷った末に私が選んだのはこちら。
好みの具材を選んで目の前で握ってくれるおにぎりを中心に、焼き立てのだし巻き卵、京風のおばんざい。

デザートには、目の前で焼いてくれるフレンチトーストをいただきました。
連泊しても食べきれないほど豊富なメニューはどれも丁寧に作られていて、ライブキッチンのパフォーマンスも含め、大人から子供まで“楽しく”食事ができる工夫がされていることがとても印象的でした。

今後も、ホテル敷地内で掘削した温泉の半露天風呂付きスパ施設の新設や、数寄屋風の別館「佳水園」のリニューアルを控え、現在も進化を続ける「ウェスティン都ホテル京都」。
2020年のグランドリニューアルオープンに向けて、これからも目が離せません。

ウェスティン都ホテル京都

ウェスティン都ホテル京都

京都府/東山けあげ

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2020.05.18 15:08

あわせて読みたい

「京都の厳選宿」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア