FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

【滞在記】マッキー牧元の“宿・食探訪記” 京都「GOOD NATURE HOTEL KYOTO」編
クローズアップ

【滞在記】マッキー牧元の“宿・食探訪記” 京都「GOOD NATURE HOTEL KYOTO」編 GOOD NATURE HOTEL KYOTO(グッド ネイチャー ホテル キョウト)(京都府/河原町)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、宿泊施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。宿泊施設・店舗の最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

多くのメディアに登場し、グルメ界では、言わずと知れたマッキー牧元さん。“美食”を求めてほぼ毎日、全国を飛び回る彼ですが、それと一緒に素敵な宿にも泊まられています。今回は、マッキー牧元さんは「GOOD NATURE HOTEL KYOTO」の滞在。その模様を紹介してくれます。タベアルキストが、お部屋から出たくなくなるほどの寛ぎ空間が広がるホテル、必見です。

あくまで身の丈に合った形で自然と関わりたい

エレベーターに乗った瞬間に、杉の香りが漂った。
ビル脇のホテルエントランスから入り、細長い通路を通って、エレベーターホールに行く。
そして来たエレベーターに乗った瞬間、爽やかな香りが漂って来たのである。
4階のレセプションフロアに着いても、その爽やかな香りは広がっていた。
「GOOD NATURE HOTEL」は、「人にも、自然にも、良いものを」というコンセプトで始められたホテルである。
それは至極当然で、誰もが願っていることながら叶っていない。
だからと言って、半ば禁欲的に自然と見つめあい保護していくまではしたくない。
あくまで身の丈に合った形で自然と関わりたい。
「GOOD NATURE HOTEL」は、それが無理なく体験できるホテルなのだという。

レセプションフロアはフローリング、フロントは楕円の形をした藁製である。
フロントとエレべーターの間は広々として、下に暖炉が焚かれた巨大な吹き抜けが、空へと繋がっている。
単なる明度ではなく、こんなにも明るさを、自然な明るさを感じさせる都心のホテルは今までない。
さあでは部屋に入ろう。

外に出ず部屋でのんびりしていたいと思わせる

部屋に入ると、かわいらしい木のサンダルが出迎える。
目の前はテラスと緑が配された、先ほどの吹き抜けである(ガーデンヴュー)。
葉を通して部屋に入り込む陽光が心地よい。
読書に耽るのもいい。昼寝もするのもいい。音楽を聴くのもいい。
京都、それも四条の中心だというのに、外に出れば面白いものや美味しいものがたくさんあるというのに、外に出ず部屋でのんびりしていたいと思わせるホテルなのである。
さらにそう思わせることもたくさん用意されている。

先ほどの木製サンダルは、ヒノキの手作りで、履けば優しい。

フンワカとしたタオルは、オーガニックコットンで、毎年のコットンの出来を感じてもらおうと、わざと混ぜて均一化するのではなく、ワインのようにその年にできたものだけを使って作られているという。

バスもベッドも、ソファーもゆったりと大きく、心地よい。
夕食をとった後に部屋に戻ると、風呂に入り、少し読書をして寝ることにした。
なにやらここだと、テレビをつけてみたくない気分なのである。
目覚ましもかけない。

その代わりテラスのカーテンを閉めずにおいておいた。
朝日で自然と目覚めるように。

素晴らしいのは野菜料理の充実

朝食は、フロント階のボタニカル カフェ&レストランか1階のレストランでビュッフェ形式の食事をとることができる。
4階レストランの「ハーブ鍋」や、「ベジタブルパンケーキ」も気にかかったが、今日は1階のビュッフェにすることにした。

こちらのレストランもゆったりと余裕が取られていて、実に心地よい。
そして素晴らしいのは野菜料理の充実である。
「ウイキョウとほうれん草と黒米サラダ」、「赤い野菜サラダ」、「ケールとブロッコリーとアンチョビガーリックサラダ」、「カボチャの蜂蜜ローストとカボチャの種」、「カリフラワーとシャンピニオンのマサラロースト」、「20種類の野菜をつかった、シフォンフリッタータ」、「ハーブフライドポテト」、「野菜の素焼きロースト」、和食は「菜の花からしあえ」と「白和え」が用意されている。

なかでも人参にクミンを効かせた「野菜の素焼きロースト」、芋の甘みとハーブの香りがたまらない「ハーブフライドポテト」、カボチャの甘みと濃密な蜂蜜の甘みが出会う「カボチャの蜂蜜ローストとカボチャの種」が優れていた。

さらに目の前でスライスしてくれる生ハムやチーズも4種類ほど用意され、食パンは、京都の人気ブーランジェリー「ル・プチメック」のパンドミほかである。
ご飯も美味しければ、スープ類も実によくできている。数日間の滞在でも飽きないだろう。

「ル・プチメック」のパンドミをトーストしてマスタードとバターを塗り、モルタデッラやサラミを乗せて、オープンサンドにして食べてみたが、笑ってしまうほど美味しかった。
さあ次に泊まった時はどんな食べ方をしようかな。

GOOD NATURE HOTEL KYOTO(グッド ネイチャー ホテル キョウト)

GOOD NATURE HOTEL KYOTO(グッド ネイチャー ホテル キョウト)

京都府/河原町

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2021.02.16 15:02

あわせて読みたい

「京都の厳選宿」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア