FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

「セントレジス」が誇る「バトラーサービス」でセレブ気分を満喫!
クローズアップ

「セントレジス」が誇る「バトラーサービス」でセレブ気分を満喫! セント レジス ホテル 大阪(大阪府/本町)

大阪を代表するラグジュアリーホテル「セント レジス ホテル 大阪」。このホテルの魅力の1つが、1904年の「セントレジス」ブランド創立以来100年以上に渡って受け継がれている「バトラーサービス」です。今回は、私、編集部のmikaが「セントレジス」ならではのバトラーサービスを実際に体験させていただきました。

【バトラーとは・・・】

「セントレジス」の代名詞とも言えるバトラーサービス。ところで、みなさんは「バトラー」という存在をご存知でしょうか?
バトラーとは、お客様ひとりひとりのニーズに合わせて、執事のようにあらゆる用件に応え、滞在のお手伝いをしてくれるスタッフのこと。
その業務内容は、飲み物のサービスやプレスサービス、シューシャインサービス、レストランの予約など、多岐に渡ります。

バトラーサービス その1【eバトラー】

滞在中はもちろん、滞在前から「セントレジス」のバトラーサービスは始まります。ホテルの内外からEメールにてバトラーサービスを依頼することができます。
今回は、宿泊日の数日前にバトラーさんから、荷物の事前宅配の案内や、当日の送迎、寝具のリクエストなどのやり取りがありました。

バトラーサービス その2【荷物の宅配サービス】

チェックイン前・チェックアウト後に、荷物を送ることができます。チェックアウトの際に、宅配の旨を伝え荷物の準備をしておけば、お部屋に荷物を置いたままでOKです。

バトラーサービス その3【お迎えサービス】

到着日に、新大阪駅もしくは伊丹空港までお迎えに来ていただけるサービスです。
乗車する新幹線の時間と号車、座席番号を伝えておくと、プラットホームでのお出迎えが。そのまま荷物を持って、送迎車まで案内してくださいます。多くの人で混雑する慣れない駅の構内。荷物を持って先導していただけるのは、とても安心感がありました。

バトラーサービス その4【ウェルカムドリンクサービス】

送迎車に乗って一息つくと、ウェルカムドリンクのサービスがあります。
私は大阪ならではの「大阪サイダー」をチョイス。当日の気温はなんと38度。爽やかな炭酸と、ほんのりとした甘みが渇いた喉を潤してくれました。

新大阪駅からホテルまでは、車で約10分。大阪の街並みを案内していただきながら、あっと言う間にホテルに到着です。

館内に入ると、芳醇な香りにふわりと包まれ、外の喧噪から一瞬にして気持ちが切り替わります。

今回宿泊させていただいたのは、最上階27階にある広さ129平米の「藤スイート」。藤の花をイメージした1室限定のスイートルームです。
利用したプランの特典で、チェックインはお部屋で行いました。

バトラーサービス その5【ビバレッジサービス】

到着時と翌日の朝、希望に応じてお部屋にコーヒーや紅茶などのドリンクを届けてくれるサービスです。(アルコール類を除く)

バトラーサービス その6【ピローリクエスト】

11種類のピローメニューの中から選んだ好みの枕を、ターンダウン時に用意してくださいます。気になるものを実際に試してみることも可能です。

バトラーサービス その7【荷解き&荷造りサービス】

お客様に代わって荷解きを行います。スーツやワンピースは皺にならないようハンガーに掛け、ニット類は引き出しへ。出発時には、荷造りの代行も可能です。

バトラーサービス その8【プレスサービス&シューシャインサービス】

ジャケットやシャツなどのアイロンがけや、靴磨きをしてくださいます。お部屋のバトラーボックスに入れておけば、顔を合わせる必要がないので気兼ねなくお願いできます。

ベッドサイドのライトが点灯したら、サービス完了の合図です。

一息ついたところでお部屋を見学。
リビングスペースは、大理石の暖炉やアンティークのキャビネットがあしらわれた落ち着きのある空間です。

リビングルームから独立したベッドルームには、ゆったりとしたダブルベッドが2台。室内は、藤をイメージした優しいカラーで統一されています。

バトラーサービス その9【コンシェルジュサービス】

滞在中の予定に合わせて、新幹線や劇場などのチケット、ホテル内外のレストランのアレンジをしてくださいます。
今回は、【アフタヌーンティー】【レンタル浴衣】【NYシャンパン&ビアガーデン】【エステサロン】の予約をお願いしました。

「セントレジス」を象徴するアフタヌーンティー。せっかくスイートルームに宿泊するなら、お部屋での時間を楽しみたい!ということで、今回は特別に、お部屋にご用意していただきました。

今回いただいたのは、2018年9月30日までの期間限定、世界的人気パティシエ・小山進氏とコラボレーションした「es koyama × St. Regis アフタヌーンティー」です。

華やかなスイートルームでいただく特別なアフタヌーンティー。シャンパンとともに、口福の時間はあっと言う間です。

アフタヌーンティーをいただいた後は、街を散策。この日はちょうど「天神祭」の開催日。浴衣で街歩きをするのがおすすめとのことで、レンタル浴衣を予約していただきました。
慣れない街でのお店探しや予約はとても面倒なもの…そんな面倒な作業もバトラーさんがスムーズに手配し、お店まで案内してくださり、とっても快適でした!

地元ならではの楽しみ方を教えていただけるのも嬉しいですね。

夕食は、「NYシャンパン&ビアガーデン」へ。ホテル12階の「セントレジスガーデン」で9月30日まで開催中の、期間限定シャンパン&ビアガーデンです。こちらもバトラーさんが予約をしてくださったので、時間に合わせてお店に伺うだけでOK!

空と緑に囲まれたガーデンで、シャンパンとともに都会の風景を満喫することができました。

お部屋に戻ると、ナイトキャップとして「ブラッディーマリー」と「ショーグンマリー」を手作りできる「セルフ・ミクソロジスト・キット」が用意されていました。
(「セルフ・ミクソロジスト・キット」は、今回利用したプラン限定のサービスです)

「ブラッディーマリー」は、セントレジス生まれのシグネチャーカクテル。「ショーグンマリー」は、セント レジス ホテル 大阪オリジナルで、ゆずやワサビ、醤油など日本独特の香りや味付けを加えているのが特徴です。スパイスやレモン、トマトを使って好みの味に調整できるのは嬉しいですね。

その隣には、お手紙とともにおすすめの観光スポットの案内が。

ターンダウンされたベッドルーム。浴衣と新しいスリッパが用意され、安眠へと誘うクラッシック音楽が流れていました。

朝食は、チェックインの際にオーダーしたメニューをルームサービスで。周りを気にすることなく、ゆっくりと朝食を堪能し、1日の元気をしっかりチャージできました。

チェックアウトまでの時間は、14階にある「IRIDIUM featuring SOTHYS」でボディマッサージを。こちらは、前日に歩き回って疲れた私の様子を見て、バトラーさんが提案してくださいました。

ひとりひとりが、お客様に「快適に過ごしてほしい」「滞在を楽しんでほしい」という想いを持ち、良い意味で型にはまらないサービスをしてくれるのが、「セントレジス」ならではのバトラーサービス。細やかな配慮のおかげで、束の間の“セレブ気分”を味わえる上質な時間となりました。
お客様一人ひとりに寄り添った“パーソナルなおもてなし”。「セントレジス」が世界中のお客様を魅了し続けている理由はきっと、ここにあるのでしょう。

セント レジス ホテル 大阪

セント レジス ホテル 大阪

大阪府/本町

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「女子旅」の人気記事