FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

はんなり浴衣美人に。宿の浴衣を美しく着こなすポイント
コラム

はんなり浴衣美人に。宿の浴衣を美しく着こなすポイント

こんにちは!Itoです。宿で用意されている浴衣、皆さんはうまく着こなせていますか?
実はいくつかのポイントを押さえるだけで、着崩れ知らずになれるんです。今回は綺麗な浴衣の着用方法と、可愛い帯のアレンジ法をご紹介!旅館での滞在を、より快適なものにしましょう。

●浴衣を着用する前に●
旅館の浴衣はどんな体型の人でも着用できるよう、一般の浴衣よりも身巾が広く作られています。サイズは身丈の違いのみ。一般の浴衣にある“おはしょり”を取らずに着用するので、羽織った際にくるぶしが見える長さが理想です。

【着崩れしにくい着こなし方】

ポイント①:左右の裾の長さを揃える

浴衣を羽織ったらお腹の部分を両手で摘み、左右の裾の長さが同じになるよう調節しましょう。これを行うと、動いた時の着崩れが予防されます。

ポイント②:衣の左右の合わせを間違えないようにする

浴衣の合わせは右が下、左が上になります。“右利きの人が利き手を使い、懐に手を入れやすい方”とイメージすると、覚えやすいです。

ポイント③:前後の襟元をゆったり空けて、首元美人に

襟元を締めてしまうと苦しいだけでなく、着崩れの原因にもなります。適度な隙間を空け、動きやすくしましょう。首元はこぶし1個分の隙間を作ると、スッキリして綺麗に見えます。

ポイント④:重ね方に気を付けて帯を巻く

帯の真ん中をお腹の中心に置き、片手で抑えながら巻き付け、背中でクロスさせます。

身体の前でぎゅっと縛ります。その際、横向きに縛るのではなく、縦向きに縛るのが重要。下向きの部分をしっかりと引っ張ることで、着崩れが防止されます。

ポイント⑤:下向きの帯で輪を作り、リボン結びをする

下向きの帯で輪を作り、上向きの帯を被せるように結びます。そうすることで、綺麗なリボンが出来上がります。

<完成!>

ポイントを一つ一つ押さえることで、着崩れしにくい浴衣の着こなしが完成です。

【応用編】

「普通のリボン結びはもう飽きた」という方は必見!少し変わった帯の結び方にも挑戦してみましょう。

《貝の口結び》

手順①:左手側に30㎝ほどの手先を取り、身体にふたをするように巻き付けます。

手順②:手先と巻き付けた帯をしっかりと結びます。

手順③:下向きに結んだ帯を半分に折り、手先と長さを合わせます。上から被せるように手先にくぐらせ、ひと結びします。

<完成!>

上品で大人っぽい結び方です。シンプルなので、男性にもおすすめです。

《蝶々結び》

手順①:左手側に30㎝ほどの手先を取り、身体にふたをするように巻き付けます。

手順②:下向きに結んだ帯を屏風のように畳み、羽根を作ります。

手順③:上向きに結んだ帯を半分に折り、羽根の上から被せます。

手順④:手先を羽の下から通し、巻き上げます。余った手先を帯の中に収納します。

<完成!>

羽を散らして整えたら完成です。ボリュームのあるリボンが華やかな印象に。

浴衣の旅館をしっかり着こなせば、それだけでより快適な滞在となります。さらに可愛く帯を結べば、ワンランク上のひとときを過ごせることでしょう。

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「温泉」の人気記事