FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

金沢で泊まりたい、女子旅におすすめの宿
セレクション

金沢で泊まりたい、女子旅におすすめの宿

学生時代の友人、会社の同僚など、気心の知れた友人との旅行は楽しさもひとしお。なかでも女性同士の旅は、「女子旅」という言葉も定着するほど、定番の旅の形となっています。
今回は、城下町の面影が残る歴史的な街並みをはじめ、アートを体験できるスポットやグルメなど、女性の心をくすぐる魅力が満載の金沢で、女子旅におすすめの宿をご紹介いたします。

雨の日も旅を魅力にする金沢の別邸

雨庵 金沢(石川県/金沢・湯涌)

金沢観光の中心地、兼六園や金沢城公園のほど近くに位置する「雨庵 金沢」。その外観は町家をイメージし、周囲の街並みに溶け込むように、面格子で囲まれています。エントランスも控えめに、小さな引き戸がまるで料亭の入り口のような雰囲気。書道家の紫舟氏が書いた「雨庵」の表札が、訪れる人を優しく出迎えてくれます。

ラウンジ「ハレの間」は、「金沢の雨」をテーマにしたアート作品や書籍などを展示した、美術館のような空間です。ここで過ごす時間が旅の思い出になるように、加賀棒茶のサービスや伝統工芸体験など、金沢らしい演出が用意されています。バースペースでは日本酒のテイスティングをすることも。(有料)お酒を飲みながら、尽きないおしゃべりを楽しむのも女子旅ならでは。

客室でも金沢らしさを感じられるように、室内には坪庭や、茶室をイメージした丸窓を設置。和モダンのデザインで統一しています。「スーペリアテラスツイン」は、広々としたツインルームに開放的なテラス付き。洗面台が2台あるので、2人同時に身支度ができ、女性同士の旅行には嬉しいポイントです。

雨庵 金沢

雨庵 金沢

石川県/金沢・湯涌

思わず写真を撮りたくなるクラシカルな空間

金沢白鳥路 ホテル山楽(石川県/金沢)

「金沢白鳥路 ホテル山楽」は、金沢文化と大正浪漫の情緒漂うクラシックホテル。館内に一歩足を踏み入れると、まるで大正時代にタイムスリップしたかのようなノスタルジックな感覚に。重厚感あふれるロビーに飾られた金沢伝統の調度品や美しいステンドグラスに、息を飲むことでしょう。レトロなインテリアを背景に、素敵な写真が撮れるはず。

女子旅で特におすすめの客室が、2017年10月にリニューアルした「浪漫ルーム」。ステンドグラスの窓や九谷焼のランプなど、大正浪漫をテーマに気品と重厚感のあるインテリアデザインが、非日常感を演出します。ミキモトコスメティクスのアメニティや、ステンドグラスをあしらったオリジナルクッキーなど、細部にまで宿のこだわりが詰まっています。

金沢市内のホテルでは珍しく、地下807mから天然温泉を汲み上げた大浴場を完備。泉質は、よく温まり、美肌効果が高いと言われる炭酸水素塩泉です。たっぷりと観光を楽しんだ後は、広々としたお風呂で宿自慢の美肌の湯に浸かり、旅の疲れを癒しましょう。

金沢白鳥路 ホテル山楽

金沢白鳥路 ホテル山楽

石川県/金沢

良質の音楽が旅を彩るお洒落ホテル

Kaname Inn Tatemachi(石川県/金沢駅からバスにて10分)

金沢のファッションストリート・堅町に位置する「Kaname Inn Tatemachi」。エントランスの脇には金沢では珍しいガーデンテラスがあり、一見ホテルとは気付かずに通りすぎてしまいそうなほど、街に溶け込んでいます。

白を基調としたシンプルで機能的な客室は、全室25平米以上。部屋タイプ毎に異なる趣のインテリアが室内のアクセントになっており、ただシンプルなだけではないホテルのこだわりが感じられます。最上階には小さいながらも宿泊者が自由に使えるテラスを備え、朝日や夕日に染まる金沢の街並みや、夜景を眺めることも。

「音楽を通して時間旅行、世界旅行」というコンセプトを持つこのホテル。1階には、DJの大沢伸一氏のプロデュースによる「Kanazawa Music Bar」を併設しています。厳選されたアナログレコードを、最高峰のサウンドシステムで本格的に聴かせてくれるこのバーは、宿泊者はラウンジとして利用可能。夜になると、七宝柄の壁が照明の光に照らされ、より一層雰囲気を増します。良質の音楽とオリジナルカクテルとともに、金沢の夜を楽しんで。

Kaname Inn Tatemachi

Kaname Inn Tatemachi

石川県/金沢駅からバスにて10分

金沢の伝統工芸に触れる大人の癒し宿

金沢 彩の庭ホテル(石川県/金沢)

“「上質な金沢の空間と時間」を感じていただく「金沢の別邸」”をコンセプトとした「金沢 彩の庭ホテル」。館内に金沢の街並みや町家のイメージを取り込んでいることが特徴で、エントランスからは、大きな窓越しに「森の庭」「川の庭」の風情を楽しめます。ほかにも加賀友禅の着物や、大樋焼作家・大樋年雄氏による、金沢の春夏秋冬を表現したクレーワークが訪れる人の目を楽しませます。

各客室階に設けられた「工芸回廊」にも個性豊かな作品が飾られ、館内の各所で工芸都市金沢ならではの文化に触れられるのは、このホテルの魅力の一つ。客室でも金沢を感じられるように室内は和モダンのインテリアで統一。照明はその部屋の雰囲気に合うものを配置しています。

クチコミでも好評の朝食は、地元食材「じわもん」や郷土料理をふんだんに取り入れた和洋ブッフェ。定番のオムレツだけでなく、日本海の幸の干物もライブキッチンで提供。80種類の豊富なメニューは見た目にも華やかで、朝から食欲をそそります。空間でも食でも、存分に金沢を堪能しましょう。

金沢 彩の庭ホテル

金沢 彩の庭ホテル

石川県/金沢

宿選びのポイントは人それぞれですが、せっかくの女子旅なら女性に嬉しい施設やサービスに注目してみてはいかがでしょう。あなたのお好みの宿は見つかりましたか?

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「女子旅」の人気記事