FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

名物・大露天風呂でピュアな温泉を楽しむ
クローズアップ

名物・大露天風呂でピュアな温泉を楽しむ 那須温泉 山楽(栃木県/那須)

創業は大正12年。皇太子時代の昭和天皇が立ち寄られたのを始め、与謝野晶子、菊池寛など、多くの文人たちにも愛された「那須温泉 山楽」。那須ならではの高原の風情と、変わることなくこんこんと湧き出る湯が心を癒してくれます。

昭和天皇も訪れた宿

東京と仙台のちょうど中間あたり。那須連山の主峰・茶臼岳の山麓に広がる那須高原は、古くから多くの別荘や観光施設が立ち並ぶ高原リゾート。皇族の御用邸があることでも知られています。

実はその御用邸が那須高原に建てられるきっかけを作ったとも言えるのが、今回ご紹介する「那須温泉 山楽」です。山楽の創業は大正12年。当時、皇太子だった昭和天皇が創業まもない山楽に来館され、宿から望む那須の景色を大変気に入られたのだとか。

連なる山々。あふれる緑。季節の花々。しかも多彩な温泉があちこちに点在しているのが那須高原の魅力。山楽は、そんな那須高原温泉郷のなかでも、元祖とも言える「鹿の湯」の近く、那須温泉に位置しています。

足湯付きの庭園露天風呂で癒される

宿は数寄屋造りで和の趣。露天風呂が付いた特別和洋室や日本庭園に面した庭園露天風呂付きの部屋、二間続きの広々とした部屋など、全部で39室の部屋が準備されています。

その中の一つ、西館1階にある露天風呂付きのお部屋はモダン和風で、リピーター率も高い客室。ちょうなで削った「なぐり仕上げ」の板敷きフロアが特徴で、ちょっとアジアンテイストも感じさせる独特のデザインです。

露天風呂は広縁に。庭を眺められる場所にある贅沢な造りで、なんと足湯まで!

山から引いてきた湯をそのまま満たした露天風呂と足湯を、いつでも好きな時に好きなだけ楽しめるのですから、リピーターに人気なのもうなずけます。

人気の大露天風呂

部屋に露天風呂があっても、この宿の名物、大露天風呂での入浴もお忘れなく。木々に囲まれた中に自然石をたっぷりと配した大露天風呂で、30畳ほどの広々とした造り。新緑の時もカエデの葉が色づく時季も、この大露天風呂なら自然と一体となったゆったりした入浴が楽しめるでしょう。

しかもこの宿の湯は、御用邸に隣接した大丸の沢に湧き出る自家源泉から引いているとか。その距離5.4km。宿に届くまでの間に少しずつ湯温を下げ、最後は適温となって湯船に注がれる仕組みで、加温や循環・ろ過などは一切無し。だから新鮮な温泉を心ゆくまで楽しめるのです。

季節を感じる懐石料理

日本庭園を望むラウンジでは無料のドリンクサービスが行われています。夕方の4時〜6時まではワインや日本酒なども提供されているので、湯上り後の1杯をどうぞ。

食事は季節感を重視した懐石料理。1年に何度もメニューを変え、その時々の美味しい素材を全国から取り寄せ、丁寧にこしらえています。もちろん那須ならではの高原野菜、鬼怒川水系の豊かな大地で育った県産米など、地元が誇る食材もふんだんに取り入れています。器にも地元の益子焼を採用。目でも舌でも味わえるでしょう。

那須高原は冬も情緒たっぷり。雪化粧した庭園を眺めながら、ぜひ「山楽」でくつろいでみませんか。

那須温泉 山楽

那須温泉 山楽

栃木県/那須

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「露天風呂付客室」の人気記事