FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

「癒しと食の温泉リゾート」で女子旅を満喫
クローズアップ

「癒しと食の温泉リゾート」で女子旅を満喫 アクアイグニス(三重県/湯の山温泉)

パティシエの辻口博啓氏やイタリアンシェフの奥田政行氏をはじめ、多様なクリエイター達とのコラボレーションが注目を集めている「アクアイグニス」。三重県湯の山温泉駅のほど近くに2012年に誕生した、「癒し」と「食」をテーマとした複合温泉リゾート施設です。15,000坪の敷地には、ホテル・温泉施設・スイーツショップ・レストラン・畑などが集結しています。

また湯の山温泉は、江戸時代に身分違いの悲恋が成就したという「折鶴伝説」にあやかって「恋結びの湯」と呼ばれ、三重県の隠れたパワースポットとしても知られています。グルメに温泉に縁結び。旅先でいろいろ楽しみたい女性の心を満たしてくれる要素が、ここ「アクアイグニス」には詰まっているのです。

アート作品に彩られた温泉棟

チェックインを行うのは温泉棟。館内はシンプルな外観に反し、いくつものアート作品に彩られた明るい空間です。雨の雫や星のように見えるペンダントライトや無数の温度計を並べた作品など、3人のクリエイター達のアイディアが女心をくすぐります。

温泉棟の名前の通り、こちらには日帰り利用も可能な温泉施設「片岡温泉」や温泉カフェ、休憩所などが入っており、渡り廊下で客室棟へと繋がっています。

おしゃれなインテリアの離れ客室

このホテルでの宿泊スタイルは、シンプルな8畳の和室、趣の異なる4棟の離れの2種類。
4人の作家が1棟ずつインテリアを手掛けた離れの客室は、各棟のテーマ木である「杉」「松」「栗」「檜」の自然乾燥国産木材をふんだんに使用。作家たちによる、個性あふれる空間が人気です。

個性的な間取りと天井から吊り下げられた椅子が、遊び心と非日常の雰囲気を感じさせてくれる「杉」。和モダンを基調とした空間に、ハンモックやポップテイストの家具を配した「松」。天吊りの椅子やハンモックは座って寛ぐだけでなく、インスタ映えスポットとしても活躍しそう。

展望テラスから鈴鹿山脈の山並みを一望する「栗」。中庭のようなデッキテラスと露天風呂が特徴的な「檜」。4棟それぞれに露天風呂を備え、源泉掛け流しの湯の山温泉をひとりじめできます。

竹林に囲まれた源泉掛け流しの美肌の湯

温泉棟にある「片岡温泉」も100%源泉掛け流しの天然温泉。加温・加水・循環を一切していないのは全国でも珍しく、シャワーのお湯も温泉です。かすかな硫黄の香りとヌメリ感のある柔らかな湯はアルカリ性単純温泉で、美人の湯と言われるほど。

湯殿は、男湯・女湯それぞれに内湯・露天風呂の3つ。夜には竹林がライトアップされ、露天風呂はまるでおとぎ話の世界のような、幻想的な空間へと変わります。

地元食材を使った一流料理人によるディナー

一流料理人達のプロデュースによる夕食は、イタリアンか和食で。「サーラ ビアンキ アル・ケッチャーノ」では、奥田政行氏が地元山形で続けてきた「地産地消」のコンセプトのもと、隣接する畑で収穫した無農薬野菜や三重県の食材を使用。ここでしか味わえない奥田流イタリアンをいただけます。

「露庵温味」では、落ち着いた雰囲気のカウンターでいただくきめ細やかな割烹料理。わずか9席のこぢんまりとした空間で、料理長との会話を楽しみながらゆっくりと味わいましょう。

宿をもっと楽しむコツ

お部屋に戻る前に、もう一度温泉棟へ。ライブラリーで本を読んだり、夜にはBAR営業となる温泉カフェでドリンクを片手におしゃべりをしたり、様々な空間で美食の余韻に浸れるのもこの宿ならでは。ライブラリーに点在する個性的な家具や、本のセレクトにも、クリエイター達のこだわりが詰まっています。

ベーカリーのパンが人気!選べる朝食

朝食は、和朝食、イタリアンモーニング、パンモーニングの3店舗から選べます。辻口氏が手がける「マリアージュドゥファリーヌ」のパンモーニングは、朝食チケットを利用して好きなパンを購入するスタイル。たくさんの種類から選ぶ楽しみも、人気の理由です。

ここでしか買えないこだわりのパンは、おみやげにもおすすめです。

店内の席やお部屋でいただくのも良いですが、天気が良ければテラス席で、水盤や鈴鹿山脈の山並みを眺めながらいただいてみてはいかが。まるでアート作品のようなテラスは、思わず写真を撮りたくなってしまいますね。

辻口氏が手掛ける可愛いスイーツたち

おみやげと言えば、辻口氏のスイーツショップ「コンフィチュールアッシュ」も外せません。生ケーキをはじめ、焼き菓子や和菓子コンフィチュールなどが、店内に所狭しと並びます。

イチゴ狩りもできる巨大な自家菜園

より安全でより美味しいスイーツを食べてほしいという想いから、「コンフィチュールアッシュ」で使用しているイチゴは、敷地内の「TSUJIGUCHI FARM」で自家栽培したもの。減農薬・有機肥料栽培にこだわっています。

こちらでは12月~5月の期間限定でイチゴ狩りを開催。新鮮なイチゴを自分で摘み取る楽しみもまた、素敵な思い出になることでしょう。

まだまだ満喫し足りない方は、夕食とは違うレストランでのランチはいかが。せっかく訪れたのだから、余すところなく満喫しましょう。温泉・グルメ・インスタ映え、全てが揃う「アクアイグニス」なら、女子旅でやりたいことがとことん叶うはず。縁結びのお参りも忘れずに。

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「女子旅」の人気記事