FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

【体験記】高いホスピタリティが人気!「ザ・ペニンシュラ スパ」で贅沢ホテルスパ体験
クローズアップ

【体験記】高いホスピタリティが人気!「ザ・ペニンシュラ スパ」で贅沢ホテルスパ体験 ザ・ペニンシュラ東京(東京都/日比谷)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、宿泊施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。宿泊施設・店舗の最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

ホテルスパが大好きな一休.comスパ事業部長のHirazawaが、ラグジュアリーなホテルスパの感想をお伝えする体験記第2弾。今回ご紹介するのは、一休.comスパで、常に高い人気を誇る「ザ・ペニンシュラ スパ(ザ・ペニンシュラ東京)」。
一休.comスパで、常に高い人気を誇る人気のホテルスパの秘密を細かくレポートします!
※2021年2月現在の情報となります。

高いホスピタリティが人気!「ザ・ペニンシュラ東京」のスパへチェックイン

丸の内・日比谷エリアに位置する「ザ・ペニンシュラ東京」は、51平米以上の広さを誇る客室とバリエーション豊かなレストラン、そして高いホスピタリティが人気のラグジュアリーホテル。

5 階・6 階に位置する「ザ・ペニンシュラ スパ(ザ・ペニンシュラ東京)」は、受付のある6階でエレベーターを降りるとすぐにスパだけの空間が広がり、一気にスパ気分へ気持ちが切り替わります。

レセプションで名前を伝えると、長いソファが2つあるゆったりとしたレセプションエリアへ通されます。ふかふかのオリジナルスリッパに履き替え、コンサルテーションカード(問診票)を記入。
(※感染症対策のため、ウェルカムティーの提供は中止されています)

レセプショニストにトリートメントまでの滞在方法をご案内いただきながら、広々としたロッカールームへ。壁際にロッカーや個室の更衣室、パウダーエリアにシャワールームと設備が充実しています。

ラグジュアリーホテルに多く採用されているレプロナイザーやダイソンのドライヤーが完備されていて、テンションが上がりました。ロッカールームのシャワーで身体を洗い、温めます。
(※感染症対策のため、サウナエリアのサーマルスイートはクローズしています)

リラクゼーションルームで、トリートメント前のひとやすみ

個人的に好きなのが、トリートメント前に、リラクゼーションルームでくつろぐ時間。身体はもちろん気持ちも鎮まり、リラクゼーションの深度が違うように思っています。
こちらのスパは、リラクゼーションルームが独立して存在しています。(ロッカールームに併設されている施設も多いのでポイント高い!)

リクライニングチェアは、ふかふかのピローと滑らかな肌触りの肌掛け布団がとても気持ちいい!この日はとにかくゆっくり眠りたい気分だったので、ラウンジでの一休みはとても心地よかったです。

(※現在ラウンジでは雑誌や飲食の提供を控えており、ペットボトルの水が用意されています。)

「サトル エナジーズ」で極楽トリートメント

リラクゼーションルームでくつろぎ、いよいよトリートメントへ。
今回お願いしたトリートメントは、「サトル エナジーズ」を使用したボディ&フェイシャルトリートメント「ホリスティック ハーモニー 115分 ボディ&フェイシャル(一休限定プラン)」。
サトル エナジーズは、自然療法が充実するオーストラリアのクリニックで作られたスキンケアプロダクト。アーユルヴェーダのメソッドとアロマテラピーを組み合わせ、リラクゼーションだけでなく、身体の不調や不眠、ストレスなどに働きかけ、心身を本来の健やかな状態へ整え、活力を与えることを目的としています。
トリートメントにもそのメソッドを取り入れており、全身を流すような手技に加え、全身に点在しているエネルギーポイントの「マルマ」を刺激していくのが特徴。

トリートメント前に、手指の消毒とローションによる保湿ケアを行うハンドリチュアルから始まります。(感染症対策をしている今ならではのもの)
その後、トリートメントに使用するオイルを選んでいきます。

この日は外が雨模様だったせいか気分がモヤモヤ…さらにデスクワークで身体が固まっており、心身ともにスッキリしたい気分。セラピストさんからおすすめいただいた2種類のオイルから、「ラサヤナ デトックス ブレンド」を選択。サトル エナジーズを代表するオイルで、ターメリックのスパイシーな香りが特徴です。

トリートメントは、背面を左半身・右半身に分け、オイルを使い、脚から上半身にかけて圧をかけながら流していきます。
流れの中で、脚裏や腰、肩甲骨などにあるマルマをグーっと押していくのですが、スパイシーなブレンドオイルと相まってか、身体がぽかぽかと温かくなり、頭もぼーっとしていきます。(私はトリートメント後に変化に気づくタイプなので、この即効性には驚きました)
腰の不調を伝えたところ、筋肉疲労におすすめという「マッスル イーズ ブレンド」オイルも使用。塗るだけでも疲れが取れるそうで、日常に取り入れやすいオイルです。

フェイシャルは、肌質に合ったスクラブによるディープクレンジングの後、ジャスミンやインディアンローズなどを配合したフェイシャルオイルを塗布し、保湿力を高める為のパーソナルなケアも行っていただきました。最後に頭のマッサージを行い、トリートメント終了。

トリートメント後は、ロッカールームで身支度を整え、レセプションへ。
帰り道も続くポカポカとした身体の温もりと足取りの軽さに、心身の浄化を感じた体験でした。

「ザ・ペニンシュラ スパ(ザ・ペニンシュラ東京)」感想

コロナ禍ということで、「ザ・ペニンシュラ スパ」は、ホテルグループの徹底した衛生管理のもと、サーマルスイートのクローズや共用物や飲食の提供を最小限にしています。
物足りなさを感じるかと想像しましたが、全くの杞憂に終わりました。いつもよりトリートメントの効果を体感し、身体の深部までリラックスできたように思います。
大きな理由は、トリートメントに臨むまでのタスクがシンプルになったことで、よりトリートメントに集中する準備する時間を整えられたため。
普段は、サウナやリラクゼーションルームをフルに使って、あっという間に時間が無くなり、興奮冷めやらぬままにトリートメントへ向かう、というタイプの私ですが、今回はリラクゼーションルームでしっかりと休み、しっかりとリラックスした状態でトリートメントを受けられました。
加えて、トリートメントレベルの高さに感動。圧のかけ方やかけるポイントがとにかく気持ちいい!セラピストの技術の高さを実感しました。

“こころに贅沢”なひとときは、癒し以上に充足した気持ちを得られます。
コロナ禍による制限が続く日々のストレスから解放され、非日常とウェルネスを叶えるスパ・ジャーニーを体験してはいかがでしょうか?

★今回体験したプランはこちら★
【一休限定】オーストラリア発「サトルエナジーズ」使用 ホリスティック ハーモニー ボディ&フェイシャル 115分
https://spa.ikyu.com/day_spas/660025/plans/147/

ザ・ペニンシュラ スパ
https://spa.ikyu.com/day_spas/660025/

ザ・ペニンシュラ東京

ザ・ペニンシュラ東京

東京都/日比谷

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2021.03.31 15:22

あわせて読みたい

「関東の厳選宿」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア