FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

1日2組限定、紀伊半島南端の港町に佇むセンス溢れる美食宿
クローズアップ

1日2組限定、紀伊半島南端の港町に佇むセンス溢れる美食宿 あきば何求庵(和歌山県/すさみ)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、宿泊施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。宿泊施設・店舗の最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

和歌山県、紀伊半島の最南端にある小さな港町、すさみ。のどかな海を見下ろす丘の上にひっそりと佇む「あきば何求庵」は、1日2組限定の小さな一軒宿です。

目の前に稲積島、背に秋葉大観音というロケーションと、中国の詩人・杜甫が“これ以上、何かを求めん”と謳った“何求”になぞらえて付けられた宿名。
そんな滞在を叶えるために計算しつくされた館内で、ゆったりと心休まるひとときを過ごしませんか。

センスが光る、調度品の数々に心落ち着く

宿の設計を手掛けたのは、建築家の大江一夫氏。外界から見えないよう、黒壁に囲まれた玄関へのアプローチが、訪れる人を別世界へと誘ってくれます。

一歩足を踏み入れると、無垢の木々、和紙や石、黒、茶、生成りで統一された、心落ち着く空間が広がります。
床はなぐり加工とプレナー仕上げの2種の床材が交互に敷かれており、でこぼこの感触が心地よく感じることでしょう。

館内のあちこちには季節のお花が飾られ、配された調度品ひとつひとつにセンスが光ります。

様々な雑誌やグラスが並ぶ、ラウンジを兼ねたライブラリーコーナーにて、季節の手作り和菓子とお茶をいただきながらチェックインをしましょう。

木と和紙を巧みに配した、和モダンの客室

1日にわずか2組だけの客室は、どちらも60平米というゆとりある大きさに、寝室と居間の部分を持ち合わせた広々とした造りです。

「繭」は柔らかな和紙に包まれた、優しい印象のお部屋。
ドアを開けた先に格子の仕切りがあり、外から中が見えないよう配慮されています。

最大の特徴は、湾を一望できるベッドルーム。窓の外には海に浮かぶ稲積島と、のどかな風景が広がります。
床に埋め込まれた、まるでローベッドのようなシモンズ製のベッドに寝転びながら、もしくは窓際に配されたカウンターでしっぽりとお酒を飲みながら、穏やかな外の景色に癒されましょう。

白を基調とした爽やかな和室にはテレビが備わりますが、扉の中に隠すことも。滞在中は、デジタルデトックスな時間を過ごすのもいいかもしれませんね。

一方「弦」は高い梁天井が、開放感たっぷりなお部屋。見上げた先にあるむき出しになった漆黒の梁に圧倒されます。

このお部屋の特徴は、至る所に使用された白竹。
洗面台や壁をはじめ様々な場所にあしらわれ、独特の雰囲気を醸します。

和室には腰を掛けながら山々を眺めることができる月見障子が配されているので、お部屋にいながらにして豊かな自然を間近に感じられます。

居間部分にはデスクとソファーも配されているので、利用シーンに合わせて思い思いに過ごしましょう。

お風呂は、各客室専用に浴槽を用意。
シックなデザインが特徴的な「聖音呂」は、紀州備長炭風呂ならではの柔らかなお湯を愉しめます。

白を基調とした「妙音呂」はアロマの香りに癒される、スカイブルーの海をイメージした造り。どちらも時間制限はなく、好きな時に好きなだけお湯を満喫できます。

好みのお部屋を選んで宿泊するのはもちろん、一棟貸し切りで利用される方もいらっしゃるそう。
家族や友人たちとのグループ旅行、あるいはゆとりある2人旅にもおすすめです。

豊かな食材が揃う地で味わう、女将の手料理

宿のある和歌山県は海の幸に恵まれ、熊野牛や山の幸も美味しい、食が豊かな地です。

中でも伊勢海老は、10月に解禁される高級食材。お造りやグリル、ブイヤベースや和風パエリアなど、色々なバリエーションでいただくことができます。

そんな豊富な食材を滋味深い料理に仕上げるのは、女将でもあるオーナーシェフ。
この料理を目的に宿を訪れる人も多いそう。
女性ならではの感性が詰まった一皿一皿は、美味しいのはもちろん見た目も美しく、器のチョイスやテーブルセットも素敵だと評判です。

そんな美食は、夕朝食ともに2つの個室ダイニングでいただきましょう。
シックな印象の「鳳笙」は、雅楽の楽器で奏でられる「笙」をイメージした黒い格子が壁一面に並び、天井は屋形船をイメージしたお部屋です。

2面採光で開放感のある「龍琴」は、夕日に照らされた水盤と眼前の海のさざ波が奏でる、「琴」をイメージしたお部屋。
ダイニングは仕切りを外すことで大人数での食事にも対応可能なので、一棟貸し切りの場合は広々と使用することができます。

天気がいい日の朝食後には、山や海、街並みを望む「ぬばたまの庭」で、イタリア製のガーデンチェアに腰を掛けながら優雅なティータイムをするのもおすすめです。

センス溢れる心地よい空間と、地元食材をふんだんに使用した美食に浸れる「あきば何求庵」。
1日2組だけの静かな宿で、ゆったりと心落ち着くひとときを過ごしませんか。

あきば何求庵

あきば何求庵

和歌山県/すさみ

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2021.02.26 16:30

あわせて読みたい

「美食の宿」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア