FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

【滞在記】山形の全室スイートの宿で旬の料理と名湯を堪能
クローズアップ

【滞在記】山形の全室スイートの宿で旬の料理と名湯を堪能 名月荘(山形県/上山市)

蔵王連峰を一望できる絶好のロケーションや名湯を堪能できる湯浴み、そして旬の食材を使った料理が多くのゲストを魅了し続ける宿「名月荘」。今回は、実際に訪れた際の模様とともに、体験したからこそわかる宿の魅力をご紹介します。

約4,000坪の広大な敷地に広がる和のリゾート空間

宮城と山形にまたがる蔵王連峰を望み、会津の東山、庄内の湯野浜と並び「奥羽三楽郷」と呼ばれる「かみのやま温泉」。その賑わう街中から離れた葉山の丘の上に「名月荘」は佇んでいます。

「蔵王連峰から昇る名月を見てほしい」という想いで、1996年にこの地に移転した「名月荘」。約4,000坪という広大な敷地には、趣の異なる客室が20室のほか、ゆっくりと流れる時間を愉しめる施設が備わっています。

門をくぐると右手にある「囲炉裏」。悪天候や夜間以外は、火が焚かれています。天井からは松茸よりも美味と言われる“香茸”が吊るされ、ナラの薪の煙にいぶされていました。秋から時間をかけていぶされ、冬の時期にゲストのお膳に並ぶそうです。

アンティークのインテリアが素敵なラウンジからは、蔵王連峰をはじめ雄大な奥羽山脈が一望できます。お部屋へ移動する前に、こちらで少し休憩を。床がヘリンボーンだったり窓際の足元にレンガが敷かれていたり、設えのこだわりが素敵でした。

全客室にリビングが備わるスイートルーム仕様

客室数は全20室。お部屋によって設えは異なりますが、リビングと寝室のあるスイートルーム仕様となっています。全室にお風呂が備わっており、蔵王ビューやガーデンビューが愉しめる露天風呂のあるお部屋も用意されています。

宿泊したのは「【スタンダード】本間+リビング|蔵王ビュー(55平米)A2」。お部屋とテラスから蔵王連峰の雄大な山々を望める眺めの良い部屋です。秋に訪れたので、お庭には金木犀の花が咲き、色づき始めた紅葉とあいまって、とても癒される空間となっていました。

かみのやま温泉に癒される湯浴みのひととき

露天風呂が付くお部屋もありますが、大浴場と貸切風呂も備わっています。大浴場には、裏山の緑を借景に内風呂と露天風呂が。湯船には青森ヒバ、御影石が用いられ、四季折々の自然の表情を間近で見ながら、ゆったりとした湯浴みが叶います。

お庭が見える「家族風呂」のほかに貸切風呂は2つあり、そのひとつは蔵王岩をくり抜いた半露天風呂。湯船からは蔵王連峰が一望できます。宿泊したお部屋から近かったこともあり、夕方、夜、朝、出発前と4回湯浴みを愉しませてもらいました。

宿泊棟から外へ出た先にある立ち湯の貸切風呂。写真では深さがわかりづらいですが、実際入ってみると、身長175cmの私のお腹あたりまで湯がありました。立ったまま湯に入れる不思議な体験に、童心に返った気分に。ただその深さから、小さいお子様の入浴は禁止されていますのでご注意ください。

湯上りはサロンと談話室でのんびりと

大浴場の入り口の向かいにあるのが「湯上がりサロン」。座り心地の良いソファとピアノ、暖炉が置かれています。ソファに腰かけながら綺麗な中庭をのんびり眺めて、ほっかほかになった身体を気持ち良く冷まさせてもらいました。

サロンの横には図書室が。本棚には絵本や童話、山形に関する著書が数多く並んでいます。コロナ対策としてアルコール消毒が置かれ、本棚には透明なシートで覆われていました。こういった気遣いも嬉しいポイントです。

「名月荘」には、ロビーラウンジや湯上りサロンのほかにも、ゆっくりと落ち着ける共有スペースがありました。ひとつはロビーラウンジのお隣にあり、整えられた綺麗なお庭とともに、蔵王連峰をはじめ雄大な奥羽山脈が一望できるお部屋。

もうひとつは、宿泊棟と立ち湯の貸切風呂のちょうど真ん中あたりに位置する談話室。イギリスの農家を思わせるような外観で、室内にはアンティークの家具が置かれています。温かい火が燃える暖炉の前で、読書なんていいですね。

旬の食材を贅沢に使った至高の本格会席料理

お食事はお部屋のリビング、もしくは和室で。地元・山形の山の幸・海の幸を活かした旬の味わい、香りを堪能できる名月荘流日本料理が並びます。
伺ったときは秋でしたので、おかゆで蒸した柔らかい銀杏が添えられた柿白和え、旬の松茸と旨味が凝縮した鮑柔煮などを初めにいただきました。

お造りは、その日料理長自ら市場で仕入れた新鮮魚介。土佐醤油と「名月荘」特製の煎酒でいただきます。この煎酒の味が絶品で、販売してほしいくらい。そして、山形と言えば「いもこ汁」。里芋がほわっとして柔らかく、汁の旨味とあいまってとても美味しかったです。

ステーキは、山形牛A5ランクを好みの焼き加減でいただきます。山形牛はとても柔らかくまろやかな味わいが口いっぱいに。季節の炊き込みご飯は松茸。ご紹介できていないお料理ももちろんあります。ぜひ実際に滞在して堪能していただきたい。旬のもの山形の幸をお腹いっぱいいただき、大満足の夕食でした。

朝食も品数が多く、幸せなひとときでした。いただく山形のお米は2種類あり、「つや姫」と2018年に誕生した「雪若丸」。ともにお米のひと粒ひと粒が立っていて、美しい姿。お釜で炊かれていることもあり、とても美味しかったです。

お土産におすすめ「名月荘」オリジナルの菓子

宿に備わるお土産処も要チェック。地元のデザイナーの作品やお宿で使用した寝具やサンダルなども販売しています。駄菓子やシャボン玉なども売っていますので、小さなお子様にも喜ぶラインアップとなっています。

お土産でおすすめなのが、「名月荘」オリジナルの菓子「清風名月」。北海道の大納言を使った和菓子で、シャリシャリとした食感と中の小豆と寒天の食感が、愉しくて美味しい。お部屋のお着き菓子でいただいて、あまりの美味しさにお土産として10個入りを購入させていただきました。

私の祖父の故郷でもある山形県上山市。「名月荘」のスタッフのおもてなしも素晴らしく、とても気持ち良い素敵な滞在が叶いました。宿から蔵王の御釜へは1時間もかからず行けるなど、観光の拠点としてもおすすめです。都会の喧騒から逃れ、心の癒しに訪れてはいかがでしょう。

名月荘

名月荘

山形県/上山市

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2020.11.18 16:30

あわせて読みたい

「美食の宿」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア