FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

2019年11月、日本で3つ目となる「アマン」が京都に誕生!
クローズアップ

2019年11月、日本で3つ目となる「アマン」が京都に誕生! アマン京都(京都府/鷹峯(たかがみね))

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、宿泊施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。宿泊施設・店舗の最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

世界遺産で知られる金閣寺をはじめ、多くの名だたる神社仏閣を有する、京都・洛北。
歴史と雅な京文化・豊かな自然など、幅広い魅力で旅慣れた大人たちを魅了し続ける鷹峯エリアに、2019年11月、待望の「アマン京都」が開業しました。

自然林と庭園が醸す静謐さに五感が満ちる

きめ細やかな洗練されたホスピタリティで、世界中のホテル・リゾート好きから憧れを集める「アマン」。そのアマンが、金閣寺にもほど近い洛北の閑静なエリア、琳派の創始者・本阿弥光悦も居を構えたという鷹峯地区に「アマン京都」を築きました。

かつての所有者が織物美術館の開館を夢見て、丹精込めて造らせたという物語を秘めた庭園を含む敷地は、実に約32万平方メートル。苔生した石垣なども散見され、隣接する世界文化遺産と見紛うような静謐さが漂います。
知らず知らずのうちに、心が鎮まっていくのを感じることでしょう。

敷地内には、アライバル棟やレストラン棟、スパ棟のほか、宿泊棟4棟・ヴィラ2棟が点在。客室棟はこの地に育まれた林が天然の目隠しとなり、木立に囲まれて佇むような心地よさの中でプライベート感を大切にした滞在が叶います。

日本旅館からインスパイアされた客室は、「アマン京都」のために特別に設計・デザインされたもので、直線的な美しさが印象的。これまでアマンがそうしてきたように、“土地に受け継がれる伝統を踏襲”しながら、さらに洗練された設えを実現させているのはさすがです。
もちろん、西欧的なラグジュアリーも存分に兼ね備えた和と洋の魅力が溶け合う客室は、特別な安息を約束してくれます。

高台に佇むパビリオン棟は、近接する客室のゲストだけに許されたひそやかなサンクチュアリを思わせます。
そよ風が楓や杉の木を揺らすざわめきに鳥の愛らしいさえずり、近隣の山並みを日がな一日愛でる…そんな非日常を存分に堪能できます。

京都の奥深さを再発見する多彩なアクティビティ

「アマン京都」は独自の文化体験やアクティビティも豊富。
自然林や庭園など、豊かな自然を活かした敷地内で行う「ヨガ」もその1つ。樹々の合間から降り注ぐ木漏れ陽の温もりが優しいヨガ体験は、きっと“本来のご自身”へと心身を導く助けになるでしょう。

ガイドが1日サポートする「マインドフルネスプログラム」もとても魅力的。ハイキングや丘の上での瞑想、ピクニックランチなどの小さな冒険の後、極上のスパや温泉で癒される。この体験を通して、新しい京都を知るのも素敵ですね。

「京都で温泉?」と意外に思われる方もおいでかもしれませんが、洛北に沸く天然温泉を引き入れた「スパ」は、「アマン京都」自慢の施設。宇治茶や黒豆・地酒など、京都をはじめその近郊で育まれる天然素材を用いたスペシャルなトリートメントで、心身を丁寧にいたわってあげましょう。
温泉では、四季折々の自然美を眺めながらの湯浴みや、薬効が期待できる薬草風呂で日々の疲れを洗い流して。

ホテルから足を延ばしたアクティビティも心躍る体験です。
日本庭園を見渡す寺院での「仏僧から学ぶ座禅体験」や、京都最古の花街・上七軒で「芸妓や舞妓とのお座敷遊び体験」、美しい花に癒され心が凪いでいく「生け花体験」など、興味が赴くまま知的好奇心を満たしてみては?

京都と言えば、世界遺産認定の「和食」を脈々と受け継ぎ高めてきた土地。レストラン棟では、京都の旬と伝統の技の粋を集めた極上の日本料理が味わえます。一口ごとに、繊細で奥深い日本食を五感で堪能できることでしょう。

敷地の中心、リビング棟にある「オールデイダイニング」は、時間帯を問わずゲストの多彩な要望に応じる頼もしい存在。床から天井まで届く大きなガラス窓越しに、テラスとその先に広がる自然林を活かした庭園を望みながらお食事を愉しめます。

このほか、庭園を散策しながらのどかにお弁当をいただく「庭園ピクニック」。
お重に入れた和菓子がモチーフのスイーツや、目の前で立てられる抹茶の香りに和む「アフタヌーンティー」も、ぜひ味わいたい食のエンターテインメントです。

京都駅から車で約30分、大阪国際空港(伊丹空港)から約1時間で到着できる「アマン京都」は、深淵な静謐さと温かなもてなしでゲストを非日常へと誘います
古と今、都会と自然が交差する洛北で、伝統に裏打ちされながらも今までに感じたことのない、“新しい京都”を満喫してみませんか。
◆一休.comの「アマン京都」ガイドページはコチラ

アマン京都

アマン京都

京都府/鷹峯(たかがみね)

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2020.01.31 16:12

あわせて読みたい

「一度は泊まりたい宿」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア