FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

日光の歴史を見つめてきた、明治の趣を堪能するクラシックホテル
クローズアップ

日光の歴史を見つめてきた、明治の趣を堪能するクラシックホテル 日光金谷ホテル(栃木県/日光)

文明開化の明治時代より、西洋のホテル文化を日本に導入した先人たちの功績を現代に伝え続けているクラシックホテル。今回は、日光の地を戦前より支えている老舗ホテル「日光金谷ホテル」をご紹介します。

日光金谷ホテルの誕生とその歴史

「日光金谷ホテル」は、現存する日本最古のリゾートホテルです。創業者は、日光東照宮で楽師を務めていた金谷善一郎氏。明治4年(1871年)、日光で宿泊場所に困っていたアメリカ人のJ.C.ヘップバーン博士を自宅に迎え入れたのをきっかけに「日光金谷ホテル」が誕生します。

明治6年(1873年)、訪日外国人事情に精通していたヘップバーン博士の勧めで、外国人宿泊者のための宿を開業。明治26年(1893年)には、現在も利用されている白い西洋風の本館が完成します。内観は、和テイストの装飾や東照宮調の日光彫を飾るなど、外国人客の異国趣味を満足させることにも注力しました。

昭和11年(1936年)に、2階建ての本館が改築工事によって3階建てに生まれ変わりますが、創業当時の姿も数多く残っています。そのひとつが、改装前からあったと言われている回転扉。ホテルを訪れた“ヘレン・ケラー”や“吉田茂”もこの扉を通ったかもしれません。

日光の景観に溶け込む西洋の家具と和の意匠

明治時代から、観光地として日光を支えてきた「日光金谷ホテル」。現在は8タイプ、全71室のお部屋が4つの建物に分かれます。すべての建物が、作られた当時の趣を色濃く残しており、その時代にタイムスリップしたような感覚になるでしょう。

ホテル入り口から続く赤い絨毯の先にあるのが、木製のカウンターが特徴のフロント。カウンターを含め、館内の至る所に「笹リンドウ」をモチーフにした日光金谷ホテルのロゴマークが刻まれています。

本館のメインダイニングと客室を結ぶ白い西洋風の階段。2階側の親柱の上には、三つ葉葵の紋章が入った擬宝珠のような形をした赤いランプが灯ります。中世ヨーロッパを彷彿とさせる設えに、盛り込まれる和のテイストから、ミステリアスな雰囲気を感じます。

設えの木目が美しい「デラックスタイプ」のお部屋。和風の格天井や縁と、西洋風の家具は、創業当時の面影を残します。お部屋は、外国人客が寛ぎやすいように、西洋のホテルの仕様を取り入れるなど、当時の最先端だったのではないでしょうか。ここに泊まった偉人たちも、同じ景色を眺めたかもしれませんね。

100年以上前から伝わる看板フランス料理

本館2階に位置するダイニングルームは、牡丹の花の柱頭彫刻や三猿をあしらった日光彫など、日光東照宮調の設えが特徴。この装飾は、当時の外国人客に異国情緒を感じさせるポイントだったのかもしれません。

100年前のメニューを再現したクラシックディナー。開業当時、西洋文化が分からないなかで試行錯誤された、人気のフレンチフルコースです。看板メニューの「日光虹鱒のソテー金谷風」や「蟹コロッケット」など、昔ながらのお料理に心躍ることでしょう。

本館1階に位置する「バー デイサイト」は、シングルモルトウイスキーを常時200種類以上取り揃える本格的なバー。バーに置かれているこのランプは、かつてホテル館内で使われていたものを再利用。ホテルを訪れた数々の偉人たちを照らした光に包まれながら、お酒を嗜むのもいいでしょう。

時代の変遷を随所で感じることができるのが、クラシックホテルの魅力の一つ。歴史ある調度品や伝統の味に触れて、日常とかけ離れた優雅なひとときを過ごしてみませんか。

日光金谷ホテル

日光金谷ホテル

栃木県/日光

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「関東の厳選宿」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア