FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

【滞在記】宮古ブルーを望むレストランで至高の美食体験
クローズアップ

【滞在記】宮古ブルーを望むレストランで至高の美食体験 イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古(沖縄県/宮古島市)

「イラフSUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古」には、宮古言葉で「空=TIN」と「海=IN」を由来に持つレストラン「TIN’IN」があります。その名の通り、美しい空と海を目の前に望む絶景が自慢です。
客室編「【滞在記】沖縄・宮古で“時を忘れ、島を感じる”極上ステイ」に続き、今回は食事編としてレストラン「TIN’IN」での夕食と朝食の様子をご紹介します。

夕食は選べる2コース

コースは「KAGISUMA -美ぎ島-」と「TINPAU -天蛇-」の2通り。連泊したのでどちらも頂きました。今回は、より食材にこだわっているという「TINPAU -天蛇-」のコース内容をご紹介します。

まずはオレンジジュースをベースにしたノンアルコールカクテルで乾杯!

『宮古島野菜のバーニャフレイダ』
ハーブホイップをプランターに見立てた冷製のバーニャカウダです。

『アグー豚のコンフィ ミヌダル仕立て 豆腐窯(とうふよう)のクリームと島のピクルス添え』
カリッカリに焼かれたアグー豚、美味しい〜!豆腐窯とは、紅麹と泡盛に豆腐を漬け込んだもの。知らずに食べてチーズのような独特の風味に驚きましたが、癖になる味わいです。

『伊良部産マグロと烏賊のマリネ 宮古島野菜のセビーチェ仕立て』
一見サラダのようですが、サイコロ状のマグロと烏賊が隠れています。たっぷりお野菜が採れて嬉しい一品。

熱々のパン。オリーブオイルやバターはもちろん、バーニャフレイダに使用したハーブホイップがとてもよく合います。

『温製ジャガイモと冷製紅芋のポタージュ』
カクテルのように鮮やかな2層のポタージュ。どちらも宮古島産のお芋です。

『ハーブマリネした宮古島産地魚とイセエビのコンフィ』
ぷりぷりの伊勢海老はビスクソースに絡めて。伊勢海老を退けると地魚のコンフィが出てきます。

この日は赤ピンク色が鮮やかな鯛の一種の”アカマチ(ハマダイ)”というお魚でした。脂が乗っていてとても美味しい。

『宮古牛テンダーロインのグリル』
かなり厚切りのお肉。内側はふわっとしていて重さや固さとは無縁です。

『宮古島産太モズクと地魚のリゾット ぼろぼろジューシー仕立て』
お粥に近いリゾットで、お米本来の甘さがじんわり沁みます。朝ごはんで食べたいくらいの優しい一品です。

食後はTWGのお茶8種からフレンチアールグレイティーを。

『月桃のクレームブリュレ 島のマチェドニアフルーツとアイスクリームを添えて』
パリパリの小ぶりなクレームブリュレがとても美味しかったです。月桃にはポリフェノールが豊富に含まれており、その抗酸化作用が注目されているのだとか。

夕食後は、ライトアップされたプールサイドで夕涼み。伊良部島にはこのホテル以外に大きな建物がないので、夜になると真っ暗で静か。波音しか聞こえない世界を堪能しました。

和食と洋食から選べるセミブッフェ朝食

翌朝の朝食会場も同じく「TIN’IN」。白いテーブルセットが青空によく映えますね。

朝食は、メインのプレートは和食と洋食から選べます。和食は島魚の柚庵焼きや野菜のチャンプルー、卵焼きなどがワンプレートに盛られご飯とお味噌汁と共に提供されます。

洋食はメインの卵料理をオムレツ・エッグベネディクト・目玉焼きなどから選択可能です。私はエッグベネディクトを選びました。もちろん黄身は半熟トロトロ!優しい味付けなので1つ目はそのまま、2つ目はケチャップを少しつけて頂きました。添えられている島豚ソーセージがジューシーでとても美味しかったです!

上記の選べる1プレートの他に、前菜やフルーツがおかわり自由のセミブッフェ式。パンもおかずも全種類食べることができました。シャキシャキの新鮮なサラダもおかわり自由なのが嬉しいです。

もずく、海ぶどう、島豚ハムなど沖縄ならではのおかずも沢山。2日目は島豚ハムをサラダに乗せてアレンジして食べました。

ドリンクはフレッシュオレンジジュース、シークワーサージュース、グァバジュースなど5種類。

特筆すべきはパンが素晴らしく美味しいこと!特にデニッシュ類とマフィンが美味しくて、何度もおかわりしてしまいました。

初日はマンゴーデニッシュ、赤肉メロンデニッシュの2種。2日目はメロンデニッシュとパイナップルのデニッシュの2種と少し変化があり嬉しかったです。マフィンは紅茶風味のものがイチオシ!

ジャムや蜂蜜は6種類も用意されているので、シンプルなクロワッサンや塩パンも外せません。

フレッシュフルーツはドラゴンフルーツ、スイカ、オレンジなどが日替わりで登場。ヨーグルトには予めパッションフルーツやドラゴンフルーツのソースがかかっています。

ブッフェの品数で言えば種類豊富な方ではありませんが、ひとつひとつのクオリティがとても高く大満足の朝食となりました。この内容でしたら連泊しても飽きません。

今まで宮古や伊良部で泊まった宿泊施設の中で、朝食・夕食ともに最も満足度の高い食事をすることができました。ご飯好きの方にも自信を持っておすすめできるホテルです。

イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古

イラフ SUI ラグジュアリーコレクションホテル 沖縄宮古

沖縄県/宮古島市

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「海が見える」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア