FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

瀬戸内旅におすすめの海が見える貸別荘 4選
セレクション

瀬戸内旅におすすめの海が見える貸別荘 4選

青く穏やかな海と、点在する島々が織り成す“多島美”が魅力の瀬戸内海。“東洋のエーゲ海”と言われるほど美しい景観は、多くの人々を魅了し、国内外を問わず多くの観光客から人気を集めています。
今回は、お部屋から美しい瀬戸内海が見える、瀬戸内旅におすすめのお洒落な貸別荘をご紹介します。

オリーブ越しに瀬戸内海を眺めて過ごすヒュッゲな時間

Kanran(香川県/三豊市)

「Kanran」が建っているのは、三方を海に囲まれたオリーブ農園の中。宿のコンセプトは“瀬戸内で過ごすヒュッゲな時間”。“ヒュッゲ”とは、デンマーク語で“心地のいい空間”を意味します。

壁3面にガラスを使用しているため、リビングダイニングは瀬戸内の絶景を眺める特等席に。目の前にはオリーブの木と瀬戸内海、遠くには讃岐富士までも見渡せます。開放的な景色の中で、水平線に沈む夕日や満天の星空とともに時間を忘れるような滞在が叶います。

Kanran

Kanran

香川県/三豊市

ドラマのワンシーンのような空間で海を眺める

COTON(香川県/三豊・観音寺)

海辺に佇む「COTON」は、1日2組限定のバケーションハウス。インダストリアルなインテリアにラグジュアリー感をプラスした個性あふれるお部屋は、映画やドラマのワンシーンのよう。主人公になったような気分で、お洒落な別荘暮らしを楽しめます。

「102」のヴィラには、瀬戸内海やサンセットを独り占めできる広いウッドデッキ付き。室内には充実した設備のアイランドキッチンもありますが、ウッドデッキで波音に癒されながらのBBQもおすすめです。

COTON

COTON

香川県/三豊・観音寺

遮るもののない瀬戸内海の眺めをお風呂からも

TSUSHIMA(香川県/三豊・観音寺)

2019年4月にオープンした一棟貸しのゲストハウス「TSUSHIMA」。シンプルな外観に対し、室内は和モダンテイストの落ち着きあるインテリアに現代アートを融合させた、世界に1つだけの空間です。

近くには瀬戸マリーナもあり、海が目の前という絶好のロケーション。窓の外を覗けば、視界を遮るもののない景色が広がります。2階にある浴室はビューバスタイプで、湯船に浸かればまるで瀬戸内海に浮かんでいるような感覚になることでしょう。

TSUSHIMA

TSUSHIMA

香川県/三豊・観音寺

時間を忘れて瀬戸内海を眺めるスローライフ

燧-Hiuchi-(香川県/三豊市)

「燧-Hiuchi-」は、個性的な外観が印象的な一棟貸しのゲストハウス。日本では珍しい“フィルインハウス”という強度に優れた工法で建てられた“エアロハウス”を採用しています。

高台から燧灘(ひうちなだ)を一望するロケーションは、「時を忘れる場所」というコンセプトにぴったり。海と空を眺めて静かな時間の流れを感じる、スローライフを体験してみませんか?予約をすれば、出張シェフやローカルフードアテンダントを呼んで、地元食材のランチやディナーも楽しめます。

燧-Hiuchi-

燧-Hiuchi-

香川県/三豊市

【番外編】

海は見えませんが、瀬戸内旅におすすめのお洒落な貸別荘をご紹介!

“茶香と過ごす”ハイセンスな貸別荘

La toile(香川県/三豊市)

「La toile」は、知る人ぞ知るお茶の名産地・三豊市高瀬町にある一棟貸しの宿。建物は、築50年の古民家をリノベーション。日本家屋らしさを残しながらも、北欧モダンやミッドセンチュリーを意識したインテリアを配し、モダンと日本文化が融合したハイセンスな空間です。

地元名産のお茶に注目し、「茶香と共に過ごす時間」というコンセプトを持つこの宿。“讃岐アフタヌーンティー”や、お茶を使った燻製づくり、お茶にまつわるガイドツアー体験など、アクティビティも充実しています。(予約制)

La toile

La toile

香川県/三豊市

別荘気分で気ままに過ごせる一棟貸しの宿は、ゆったりと時間が流れる瀬戸内の旅におすすめ。2019年は、3年に1度の芸術祭が開催される年でもあり、瀬戸内を訪れる絶好のタイミングです!
初めての方も訪れたことがある方も、島時間と美しい景色が心地良い“瀬戸内旅”に出掛けてみませんか?

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「絶景」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア