FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

新鮮な海の幸をお腹いっぱい味わえる美食宿 6選
セレクション

新鮮な海の幸をお腹いっぱい味わえる美食宿 6選

宿での食事は旅の楽しみのひとつ。その時期にその場所でしか食べられない旬の食材を目当てに、旅に出掛ける人も少なくないでしょう。
今回は、地元近海で獲れた新鮮な海の幸をお腹いっぱい食べられる、美食自慢の宿をご紹介します。

様々な魚介を使ったボリュームたっぷりの創作フレンチ

オーベルジュあかだま(長崎県/西海市)

長崎県の西の端にある小さな島、寺島にある「オーベルジュあかだま」。豊かな自然に包まれて静かに寛ぎ、近海の海の幸をお腹いっぱいいただけると、多くのお客様に支持されています。

夕食は魚を中心としたフレンチのフルコース。1皿に約10種類の地魚を使ったカルパッチョや、会席料理のようなお造り、塩釜焼など、近海の旬の魚介が次々と並びます。夕食でいただいた伊勢海老の半身は、翌朝の朝食で豪華なスープに。約10種類の魚の網焼きも圧巻です。様々な魚介を様々な調理方法でお腹いっぱい味わう口福は、この宿の醍醐味と言えるでしょう。

オーベルジュあかだま

オーベルジュあかだま

長崎県/西海市

「朝から舟盛り」の元祖を誇る“食べる”お宿

食べるお宿 浜の湯(静岡県/伊豆・稲取温泉)

目の前に相模湾が広がる稲取岬の先端に立つ「食べるお宿 浜の湯」。「ご夕食には食べ切れない程の海の幸をお出しします」と事前にお客様に伝えるほど、伊豆らしさとボリューム感のある料理が自慢です。日本有数の漁獲高を誇る金目鯛を使った「金目鯛姿煮」をはじめ、「食べるお宿」の魅力を追求し続けてきました。

そのボリュームに驚くのは夕食だけではありません。お客様から特に好評の「朝から舟盛り」は、創業から受け継がれている宿の定番メニュー。夕食と見間違うほどの豪華さで、朝から満足すること間違いなしです。

食べるお宿 浜の湯

食べるお宿 浜の湯

静岡県/伊豆・稲取温泉

水揚高日本一!名物のマグロ料理をこだわりの出汁で

湊のやど 汀家(静岡県/焼津市)

「湊のやど 汀家」が位置するのはその名の通り、焼津港すぐ側の海辺。全8室が露天風呂付き。なかでも港側客室「海のめぐみ」は、大きな窓から港やその先の太平洋を見渡せる開放感が魅力です。

焼津と言えば、カツオやマグロを中心に水揚高は全国一。ミナミマグロと本マグロの食べ比べができるお造りや名物「マグロのカマ唐揚げ」は、一度は味わいたい逸品です。3種の削り節や出汁たっぷりのマグロの漬け茶漬けなど、朝食も港町ならではのご馳走三昧。焼津特産の削り節をたっぷり使った出汁が、食材の味わいを一層引き立ててくれます。

湊のやど 汀家

湊のやど 汀家

静岡県/焼津市

海辺の料理旅館で日本海の旬の幸をたっぷりと

望洋楼(福井県/三国温泉)

明治創業の「望洋楼」は、福井の名勝・東尋坊の近くに位置する老舗の料理旅館。日本海を眼前に臨むオーシャンビューの露天風呂付客室と、三国港や越前港で水揚げされた新鮮な海産物が人気の美食のお宿です。

主人自らセリに赴き選びぬいた越前ガニがいただけるのは、11月~3月頃。春には、海女さんが素潜りで獲った新鮮なアワビやサザエ、岩牡蠣などがテーブルを彩ります。北陸屈指の海の幸を、食材の持ち味を最大限に活かした調理方法でいただく、本格懐石と海鮮料理のコラボレーションを堪能しましょう。

望洋楼

望洋楼

福井県/三国温泉

伊勢海老をメインに旬の魚介を余すことなく味わう

あきば何求庵(和歌山県/すさみ)

紀伊半島の最南端にある小さな港町・すさみ。海を見下ろす丘に位置する「あきば何求庵」の門をくぐるとスタイリッシュな数寄屋モダンの世界が広がり、まるで別世界のよう。都を離れた密かな「離宮」のような空間で、美味しい食事と心のこもったおもてなしを約束してくれます。

日本有数の水揚げを誇る太刀魚、伊勢海老、生マグロなど、黒潮の暖流と寒流がぶつかる紀南の海域は魚介の宝庫。メインを飾る伊勢海老は、姿造りや炙り焼きでいただいた後、宿の名物「伊勢海老と魚介の土鍋炊き」で。とっておきの食材を余すことなく味わえます。

あきば何求庵

あきば何求庵

和歌山県/すさみ

船の上から買い付ける獲れたての魚介類を好きなだけ

guntu(広島県/尾道)

「せとうちの海に浮かぶ、ちいさな宿」をコンセプトとする客船「guntu(ガンツウ)」。穏やかな瀬戸内海を漂いながら、この場所ならではの絶景・美食・体験に出会う、他に類を見ない贅を尽くした船旅が叶います。

「お好きなものを、お好きなだけ」というのがguntuでの食事の基本。行く先々の漁師から、その日に揚がった魚を直接買い付けるため、ダイニングには決まったメニューはありません。穏やかな海に揺られ、獲れたてをその場でいただく贅沢なひととき…… 瀬戸内の食に魅了される美食の旅を、一度体験してみませんか。

guntu

guntu

広島県/尾道

その時期にその土地でしか食べられないからこそ、わざわざ訪れる価値がある。
新鮮な海の幸をお腹いっぱい味わえる、とっておきの体験を求めて、美食の旅に出掛けてみませんか?

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「オーベルジュ」の人気記事