FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

景色・食・温泉、壱岐の魅力がすべて揃う無二の宿
クローズアップ

景色・食・温泉、壱岐の魅力がすべて揃う無二の宿 海里村上(長崎県/長崎・壱岐)

九州北部に広がる玄界灘沖に位置する壱岐島。日本国土誕生の際にできた島のひとつと言われ、わずか20キロ周囲の小さな島内には、150もの神社やパワースポットが点在しています。

“神々の島”とも呼ばれるこの島には、海陸でとれる旬の幸や、江戸時代初期から人々を癒してきた効能ある温泉など、手付かずの自然によって育まれた恵みが満載。そんな島の魅力をすべて堪能できると、多くの旅人を魅了し続けているのが「海里村上」です。

宿自体がビュースポット、海と繋がるような絶景空間

風光明媚な高台に位置するこの宿。エントランスをくぐり館内に入ると真っ先に目を引くのは、正面の壁一面を切り取った大きな窓。その先には遮るもののない一面の水平線が広がり、ホテル内部に居ながら海との繋がりを強く感じられます。

宿の目の前に広がる湯ノ本湾は、日本の夕陽100選にも選ばれるほどのビュースポット。穏やかな海に小さな島々が浮かぶ景色は夕方になると一層その美しさを増し、ここを訪れて良かったと思わせてくれることでしょう。

美しい景色がすぐ側にある寛ぎの客室

客室は、10畳以上の和室やベッドを備えた和洋室など6タイプから、旅の目的に合わせて選べます。居室やベッドから一面に広がる海の景色を楽しめる間取りは、お部屋でゆっくりと過ごしてほしいという宿の想いによるもの。

最も広い120平米のスイートルームは、リピート率ナンバーワンの人気客室です。最上階から眺める景色はまるで絵画のように美しく、とっておきの滞在を叶えてくれます。

アンティークやこだわりの家具を設え、どこか懐かしい雰囲気を感じられる空間で、我が家のようにのんびりと寛ぎましょう。

島の恵みを最も美味しい状態でいただく贅沢

海に囲まれたこの島の一番の魅力とも言えるのが、玄界灘の荒波と内海湾の穏やかな波に育まれた新鮮な海の幸です。

濃厚な味わいの雲丹や身の引き締まった天然アワビ、幻のイカ・壱岐剣など、都内ではなかなか味わえない食材ばかり。その新鮮な食材を最も美味しい状態で味わってもらえるようにと、ゲストの目の前で好みに合わせて調理をしてくれます。

名物の「海里焼き」は、鮑に雲丹をたっぷり乗せて、炭火でじっくり焼きあげたもの。

他にも、スライスした鮑を秘伝の出汁にくぐらせていただく「海里鍋」や、炭火で焼いた鮑を特製のアンチョビソースでいただく「焼きアワビのアンチョビソース」など、鮑ひとつとっても様々な調理方法が。どれも素材の良さを引き出すように工夫された、ここでしか味わえない料理です。

肉料理には、島の特長を生かし、島内一貫生産で育てられた高級和牛・壱岐牛を。こちらも好みの焼き加減で提供してくれます。麦焼酎発祥の地である壱岐の麦焼酎や、地酒と合わせていただけば、食事もお酒も進むことでしょう。

美しい海と空の景色をバックに、目の前で手際よく仕上がる料理がすぐに提供される醍醐味は、味の美味しさとともに忘れられない思い出になるはず。

壱岐で唯一、効能高い天然温泉に癒される

島ならではの美食に並ぶもうひとつの魅力が、壱岐で唯一の天然温泉です。その歴史は古く、神功皇后が三韓出兵の帰りに立ち寄った際に自噴していたのを見つけたとか。

塩分を含むナトリウム塩化物泉で、保温効果が高いのが特徴。さらに鉄分も多いので、湯は空気に触れると赤褐色に変化します。泉質に恵まれ、湯量豊富な源泉掛け流しの温泉で、日頃の疲れを癒しましょう。

穏やかな海と空が目の前に広がる露天風呂に浸かる体験は、まさに至福の時間です。ついつい長湯をしたくなってしまいますが、浸透圧が高く温泉が身体に吸収されやすいので、湯あたりにはご注意を。

湯上りや食後のリラックスタイムには、「Room Flamingo」に足を運んでみてはいかが。上質なソファーやアンティークの家具をゆったりと配した空間で、お気に入りのソファーに身を委ね、景色を眺めたり本を読んだり、思い思いに過ごしましょう。

「海里村上流」の朝食で迎える贅沢な朝

朝食は、季節の焼き魚や煮物、卵料理などのおかずと、炊き立てご飯の和定食。ゲストの健康やカロリーバランスを考えて誕生した「海里ジュース」は、壱岐の新鮮な地野菜を美味しく手軽に取れる一品です。

目覚めのビールとともに、たっぷり60分程かけて召し上がっていただくのが「海里村上流」。栄養豊富で身体に優しい朝食、ゆっくりと過ごす朝のひととき、どちらもとっておきの贅沢です。

チェックアウト時刻は12時なので、時間を気にせずゆっくりと過ごせます。夜とは雰囲気の異なる朝の露天風呂でリフレッシュしたり、天気が良ければウッドデッキのチェアでうたたねをしてみたり、穏やかな海を眺め、最後まで優雅な余韻に浸りましょう。

景色・食・温泉という自然の恵みはもちろん、多くのリピーターを魅了し続けるのは、ゲストのことを考えた細やかなおもてなしがあってこそ。それこそが、“無二の宿”と言われる本当の理由なのかも知れません。

海里村上

海里村上

長崎県/長崎・壱岐

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「憧れの旅館」の人気記事