セレクション

至れり尽くせりの滞在が叶う1日1組の宿 5選

1日1組限定のお宿は、プライベート空間で優雅な滞在が可能。そこに至れり尽くせりのおもてなしが加われば、特別なひとときになること間違いなしです。今回は1日1組のみを受け入れる宿を厳選して5軒、ご紹介します。

北海道ならではの大自然に囲まれた温泉宿

ワッカヌプリ (北海道/屈斜路湖)

世界で2番目に大きなカルデラ湖“屈斜路湖”の湖畔に佇む「ワッカヌプリ」。洋室“WAKKA”と和室“NUPURI”の2室を有し、2世帯での旅行にも最適です。窓の外には美しく光る湖を望み、大自然の中にいることを実感させられるでしょう。

お部屋の内風呂はもちろん、宿と湖の間に位置する露天風呂では源泉かけ流しの温泉を味わうことができます。特に露天風呂は、一面に広がる手つかずの自然を全身で感じられる贅沢な空間です。運が良ければ、野生のエゾシカやキタキツネが歩き回る貴重な光景が見られるかも。

圧倒される風景を目の前にすると、おのずと身体を動かしたくなるもの。お宿では、カヌーでの釣り体験や、乗馬、バードウォッチングなど、アクティビティメニューの種類も豊富。中でも目の前に聳える藻琴山では、一年中登山ができます。まるで住まうように、自分たちだけの時間を満喫しましょう。

ワッカヌプリ

北海道/屈斜路湖

1組だけのために全身全霊を尽くすオーベルジュ

Repiano(レピアーノ) (静岡県/伊豆高原)

オーベルジュ「Repiano(レピアーノ)」は岸本和彦氏が設計を手掛けた建物が、瀟洒な雰囲気を醸すお宿。レストラン棟と客室の間にある中庭デッキでは、夜はお月見、昼間はティータイムなど、思い思いに過ごせます。

醍醐味でもある夕食は、料理人も務めるオーナーが厳選した食材を使ったフレンチのフルコース。伊豆ならではの新鮮な海産物や温泉水で育った野菜に、湯葉や生麩などの和の要素を取り入れたメニューは、優しい味付けが特徴です。

お部屋に備わる半露天風呂には、源泉かけ流しの温泉がなみなみと注がれます。好きな時に好きなだけ伊豆の名湯に浸かれるのが嬉しいですね。その他にもオーナー自らがセレクトした、肌触りの良い浴衣やベネチアンタンブラーなど、至るところにこだわりが満載。1組だけに寄り添うおもてなしの数々は、忘れられない思い出になることでしょう。

Repiano(レピアーノ)

静岡県/伊豆高原

自然を全身で感じる島宿を独り占めする贅沢

小屋場 只只(山口県/大津島 馬島)

瀬戸内海に浮かぶ大津島。山口県・徳山港よりフェリーに揺られて到着する「小屋場 只只」は、遮るものが何もない大海原を独り占めできる島宿です。平屋のゲストルームは120平米と広々とした造り。ナチュラルな素材で統一された室内は、洒落た空間です。

お部屋のリクライニングチェアーに腰掛け、刻一刻と変わりゆく風景をただ無心で眺める。そんな贅沢な時間は、普段なかなか取れるものではありません。ゆっくりと流れる空気に身を任せ自然の息吹を感じるのが、このお宿での過ごし方です。

一組だけのために作られるシンプルな食事は、この立地だからこそ成しえる業。新鮮な海の幸はもちろん敷地内で収穫されたハーブなど、素材そのものの味を生かしたメニューの数々は、美味と評判です。それらの料理は、釜戸で炊き上げたご飯との相性もばっちり。五感で島宿を楽しみましょう。

小屋場 只只

山口県/大津島 馬島

身体への優しさが溢れるこだわりの数々

艸月(大分県/由布院)

湯布院のシンボルでもある由布岳を間近に望む「艸月」。大地にやさしい艸(草)の素材を屋根に用いた建物やオーガニック素材のお布団、タオルなど、環境への配慮を至るところに感じます。自然を身近に感じながら、心おきなくのんびりしましょう。

湯船に注がれるのはもちろん名湯、湯布院温泉の源泉かけ流し。レトロなタイル張りが可愛らしい内風呂の特徴は、珍しく換気扇がないことです。昔ながらの無双窓と呼ばれる通気口を通じて聞こえる、虫の鳴き声や雨の音をBGMに湯浴みを楽しんで。

就寝前の身体に負担がかからないよう、腹八分目の量に調整された夕飯もすべて無農薬・無化学肥料の野菜を使用。季節ごとに旬な食材を使用しているので、来るたびに違った味をいただけるのも嬉しいところです。天然素材にこだわったお宿でのひとときに、優しい気持ちにさせられそうですね。

艸月

大分県/由布院

専属のシェフによる自分達だけのお食事

LE CANA MOTOBU (沖縄県/本部町)

観光スポット“沖縄美ら海水族館”からほど近い、沖縄海岸国定公園の中に位置する「LE CANA MOTOBU」は、一棟貸し切りのオーベルジュ。1,289平米もの広大な敷地すべてをプライベート空間として利用できる贅沢が叶います。眼下に広がるやんばるの森に圧巻させられることでしょう。

お部屋は全部で3室。メイン棟にある“CHULA(チュラ)”はモダンなファニチャーで統一、“MUI(ムイ)”は和のテイストが心落ち着く雰囲気です。2階建てのヴィラ棟にはミニキッチンも完備され、まるで別荘のよう。

お待ちかねの夕食は、専属のシェフが手掛ける本格創作フレンチです。その日の旬な食材を好みの調理法で仕上げる、オーダーメイドなフルコースをいただきましょう。朝食は和・洋からセレクト。お部屋それぞれのダイニングやテラス、ガーデンなど、好みの場所に食事のセッティングが可能です。1日1組限定だからこそできるサービスですね。

LE CANA MOTOBU

沖縄県/本部町

まるで住まうかのような自由さはもちろん、“私たちだけ”の至れり尽くせりのおもてなしが嬉しいお宿の数々。大切な人と誰にも邪魔をされない贅沢を満喫しましょう。

この記事が気に入ったらシェア!

人気の記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア