FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

これで安心!旅館でのマナー【温泉編】
コラム

これで安心!旅館でのマナー【温泉編】

こんにちは、編集部のItoです!
新しい年度が始まり、そろそろ疲れも出はじめているのでは?
そんな時はぜひ温泉へ…効能豊かな湯に浸かれば、身も心も解れること間違いなし!
今回は気持ちよく温泉を満喫するのに欠かせない浴場でのマナーについてお話ししたいと思います。

Q温泉に入浴する際に準備するものは?

基本的にシャンプーやリンス、ボディソープなどの備品は浴場内に用意されていることが多いです。しかしこだわりがある方は自分専用のものを持参しましょう。
客室にフェイスタオルやバスタオルが置かれている場合は、浴場まで持っていくのを忘れずに。
※宿によってタオル類は脱衣所にセットしてある場合もあるので、確認しましょう。

Q入浴の際、髪の毛はどうすればいい?

浴槽の中に髪の毛が散らばっていると不衛生な印象を与え、他の人を不快にさせてしまいます。
髪の毛が長い人は、浴槽に入る前に必ずアップでまとめましょう。

Q温泉へ浸かる順序は?

①入浴前は必ずかけ湯をする

温泉に行くと、真っ先に湯船に浸かりたくなりますよね。
その気持ちはひとまず抑え、必ず「かけ湯」をしてから湯船に入りましょう。かけ湯をする理由としては、
・お湯の温度に身体を慣れさせる。
・お湯で身体の汚れを洗い流し、清潔な状態で湯船に浸かる。
が挙げられます。

②湯尻から入浴し、湯口へ近づく

お湯が沸き出ている源泉付近を「湯口」、湯口から一番遠い淵のあたりを「湯尻」といいます。湯尻の方が比較的ぬるめなので身体をお湯の温度に慣らすためにも、入浴の際は湯尻から入るようにしましょう。

Q脱衣所に出る時のマナーは?

脱衣所の床が濡れていると、滑って転倒する危険性が高まります。事故を防ぐためにも脱衣所に出る前に、フェイスタオルで身体を軽く拭きましょう。
髪の毛の長い女性は、小さなタオルだけで水分を全て拭き取るのは難しいため、脱衣所に出る前に一度髪の毛を束ねて絞っておくと安心ですよ。

Q浴場でのNG行為は?

①周囲の人に水やお湯をかける

意外と気づきづらいのがシャワーのお湯を後ろに飛ばしてしまうこと。特に洗い場と湯船が近い場合や、シャワーの間隔が狭い場合などは要注意です。

②タオルをお湯につける

タオルの繊維に含まれる細菌がお湯の中に入ってしまう可能性があるので、タオルを浴槽内につける行為は禁止です。
しかし濡れたタオルを頭の上に乗せて入浴することは、リラックス効果があるので、おすすめ。

③場所取りをする

様々な種類の浴槽やサウナなどが備わる浴場もありますが、大抵が少人数で楽しむ用途です。
自分が使いたい場所があるからといって、その場所を長時間に渡って独占したり、タオルなどの持ち物を使って場所取り行為をするのはNG。
長くても約5分~10分程で順番を変わるよう意識しましょう。

④大声でお喋りをする

お友達同士やグループで温泉に来ていると、つい大声で長話をしたくなりますよね。
浴場内は思ったよりも声が響くので、要注意です!

⑤誰にも断らずに写真撮影をする

SNSに写真をアップロードするのが流行っているかと思いますが、当然ながら温泉での写真撮影は厳禁です。
もし写真の撮影をしたい場合は、あらかじめ宿の関係者に許可を取った上で行いましょう。

大浴場はプライベートな場所ではありません。周囲に他の人がいることを念頭に置き、良識ある行動を心掛けましょう。

※詳しい温泉の楽しみ方は、「ご存知ですか?温泉の正しい入浴方法」をご覧ください。

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「温泉」の人気記事