セレクション

インダストリアルデザインを取り入れた個性派ホテル

インテリアで定番のナチュラルテイスト。その真逆に位置するのがインダストリアルテイストです。素材には、黒いスチールやアイアンなどの金属と、こげ茶などの暗めの木材など中心に使用。業務用やヴィンテージなど、ハードなデザインを取り入れた男性的な雰囲気が特徴です。インテリアの新しいトレンドとして注目されている「インダストリアルデザイン」のホテルをご紹介いたします。

日常から離れた大自然の中の特別な宿泊体験

MAOIQ (北海道/空知)

新千歳空港から車で約35分。一棟貸しのバケーションハウス「MAOIQ」が位置するのは、北海道の長沼町。東に馬追丘陵が走り、北には夕張川、南西部には千歳川の流れる自然豊かな地域です。別荘の立ち並ぶ閑静なエリアに現れるインダストリアルな外観が、一際目を引きます。

1階リビングにある薪ストーブは、インテリアとしてはもちろん、冬の寒さ厳しい北海道でも心地良く過ごすことができるようにと、実用性とインテリア性の両方を兼ね備えたこだわりの一品。2階のリビングダイニングには、玄関から繋がる大きな窓からたっぷりと光が差し込みます。ホテルのような快適さと自宅のような寛ぎを併せ持ったこの場所では、なんでもない時間さえも特別なものに感じられることでしょう。

MAOIQ

北海道/空知

木材×工業素材のアートな空間に泊まる

ONE@Tokyo(東京都/押上駅から徒歩3分)

日本が世界に誇る建築家・隈研吾氏がデザインを監修した「ONE@Tokyo」。伝統的な木組みと現代の工業素材を融合した斬新なファサードや、「ホテル」という表示のない美術展示のような外観は、まるで秘密基地を思わせる独特の存在感を放ちます。1階のメインラウンジは、15mの古材でできたカウンター”ONE table”が印象的。カウンターの下のキャビネットの組み合わせを変えることにより、レセプション、レストラン、バーと、異なる機能を兼ね備えています。

木材をふんだんに使用し、機能性を追求した客室は全142室。芸術家のアトリエをイメージした「アトリエ・スイート」、読書家のためのプライベートな書斎をイメージした「ライブラリー・スイート」など、個性的な隠れ家を拠点に東京ステイを楽しんでみては。

ONE@Tokyo

東京都/押上駅から徒歩3分

インテリアを中心に寛ぐデザインホテル

ホテル・ザ・ノット ヨコハマ(神奈川県/横浜駅から徒歩5分)

“旅と街 街と人を「結ぶ」ホテル”をコンセプトに、「横浜国際ホテル」が2017年12月に「ホテル・ザ・ノット ヨコハマ」としてリニューアルオープン。ブランディングからインテリアデザインまでのトータルディレクションを、新鋭デザイナー「LANDRAW Inc.」の橋本健司氏が、インテリアデザインを「ACME Furniture」が手掛けました。

ネイビー、グレー、ブラウンを基調とした配色がインダストリアルな雰囲気を思わせる客室は、港町・横浜という立地から客船のキャビンをイメージ。額縁の写真には、横浜の街のワンシーンが収められています。「ACME Furniture」のオリジナル家具の他、特注で製作された深みのある木の色味が印象的なベッドやデスク、ランプなどは実際に購入も可能。体験だけではなく形ある思い出 も持ち帰れば、大切な宝物になることでしょう。

ホテル・ザ・ノット ヨコハマ

神奈川県/横浜駅から徒歩5分

自分らしい暮らしを叶える一棟貸しの宿

SHARES ラグーナ蒲郡(愛知県/蒲郡)

愛知県蒲郡の海沿いに立ち並ぶ個性豊かなコテージ。「SHARES ラグーナ蒲郡」は、実際に泊まってライフスタイルを体験できる、“泊まれる住宅展示場”。1棟1棟が異なるコンセプトを持ち、インテリアの細部にまでこだわって造られています。“家族のベースキャンプ”をイメージした「CAMP」は、平屋とスキップフロアのメリットを融合し、インダストリアルなデザインを意識した内装に。

「COVACO」は、“海を楽しむアメリカンハウス”がコンセプト。外とのつながりを感じさせてくれる土間リビングは、靴を履いたまま寛げるのも魅力です。ダイニングキッチンは、食事をするだけでなく、大きなアイランドキッチンを中心に家族や仲間が集まって過ごせる憩いの場としても。おしゃれで機能的な空間で、自分らしい暮らしを叶えてみませんか。

SHARES ラグーナ蒲郡

愛知県/蒲郡

モクシー流、ポストモダンなインダストリアルデザイン

モクシー大阪本町(大阪府/堺筋本町駅より徒歩6分)

英語の「Moxie(元気)」を元に名付けられた「Moxy」は、その名の通り活気あふれるデザイナーズホテル。大阪の中心地に程近い本町に位置する「モクシー大阪本町」は、スタイリッシュな外観にショッキングピンクのサインが一際目を引きます。館内は、雰囲気のあるレンガの壁や、加工されたコンクリートを配した床など、モクシーのDNAであるインダストリアルデザインが至る所に取り入れられています。

デザイン性はもちろん、機能性にもこだわったこのホテル。限られた空間の中で快適な滞在ができるよう、スペースをうまく活用した収納式のテーブルや椅子、バゲージラックなど、そのアイディアに驚かされることでしょう。ベッドサイドに置かれたダイヤル式の電話や、音符の形をした電子楽器「オタマトーン」は、遊び心を演出し、客室でのひとときを楽しませてくれます。

モクシー大阪本町(マリオットグループ)

大阪府/堺筋本町駅より徒歩6分

美しさの中に機能性も兼ね備えたインダストリアルデザイン。デザインの新しいトレンドを取り入れたホテルは、多様化する旅のニーズを叶える新しい宿泊スタイルを生み出していると言えるでしょう。自分らしく旅を楽しむ方法の一つとして、インダストリアルデザインのホテルを体験してみませんか?

この記事が気に入ったらシェア!