FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

海を望むクラブフロアでワンランク上の滞在を
クローズアップ

海を望むクラブフロアでワンランク上の滞在を ザ・ブセナテラス(沖縄県/名護)

こんにちは! 編集部のmisakiです。
先日、出張で沖縄へ行ってきました。
青い海と青い空、暖かい場所が大好きな私は、プライベートで毎年沖縄へ行っているのですが、仕事で行くのは今回が初めて。
“ラグジュアリーを知る”という勉強も兼ねて泊まらせていただいた「クラブフロア」は、ワンランク上の贅沢体験ができる素敵な空間でした。

美しい海が目の前に広がる、絶好のロケーション

今回お世話になったのは、沖縄本島北部 部瀬名岬の中央に位置する「ザ・ブセナテラス」。「自然との調和/自然への回帰」をコンセプトにした、南国のビーチリゾートです。

メインエントランスを抜けたロビーの目の前には、青く輝く海と亜熱帯の緑が広がります。
光と風を取り入れたオープンエアの設計で、館内であることを忘れてしまうくらい自然との一体感を感じられる空間です。

私がホテルに到着したのは夕方だったのですが、運よくサンセットライブに出会うことができました。屋外のプールサイド、みんなデッキチェアに腰かけたりして思い思いにサックスの音色に耳を傾ける。生演奏ならではの優雅でゆったりと流れる空気感が、一気にリゾート気分へ誘ってくれます。

胸が高鳴る、クラブラウンジでのチェックイン

今回はクラブフロアに宿泊だったため、ロビーからクラブラウンジへ移動してチェックイン。日が暮れるのはあっという間で、気づくと外は暗くなっていました。

「チェックインの間に何か飲まれますか?」と声をかけていただいたので、遠慮せず早速シャンパンを!

18:00~20:00のカクテルタイムにはカウンターにさまざまな軽食が並び、一緒にソフトドリンクやアペリティフがフリーでいただけます。

7:00~10:00には、朝の爽やかな日差しとともに朝食を。
14:00~16:00には、ホテルメイドのスイーツが並び、リラックスしながらのティータイムなど。
1日を通して、快適なリゾートステイを楽しめますよ。

クラブフロア専属のゲストリレーションズ・オフィサーの方が常に気にかけてくださるので、私もついのんびりしてしまいました。
気づけば荷物はお部屋に運ばれ…本当に至れり尽くせり!

クラブラウンジならではの、自由で贅沢なひとときを堪能できました。

お部屋からも絶景を独り占め

続いて、アテンドしていただき客室へ。「クラブフロア デラックスエレガント」は、ノースタワーの4・5階に位置する全室オーシャンビューのお部屋。

お天気のいい日中には、窓の外に青く澄んだ海と白い砂浜の絶景を望みます。朝テラスで歯磨きをしていたら、何組か海辺をウォーキングされている姿が見えてとても気持ちよさそうでした。

お部屋には大小2つのビーチサンダルもあるので、サンダルを持っていなくても気軽に外にお出かけできますよ。

バスルームは浴槽とシャワーブースが分かれているので、シャワーの水はねも心配なし。

アメニティもたっぷり! 入浴剤も2種類あって、どちらを選ぶか迷ってしまいます。お風呂が大好きな私は、朝晩の入浴で2つを楽しみました。

普段の旅行では家で使用しているシャンプーやコンディショナーを持参するのですが、今回はお部屋にあったこちらを。
タラソテラピーの世界的な有名ブランド「THALGO(タルゴ)」のシャンプーは、とってもナチュラルな香り。使い心地も優しく、お土産に購入される方も少なくないそう。

ゆったりできるポイントが詰まったお部屋

続けてお部屋もチェック! テレビがないなぁと思っていたら、扉の中に隠れていました。テレビが見えないだけで不思議と非日常感は増すもので、時間を気にせずリゾートタイムを過ごせます。

左の冷蔵庫の中には、沖縄ならではのオリオンビールやさんぴん茶。

扉側にもワインなどが冷えているので、お部屋でのんびり一杯なんて楽しみ方も。

引き出しにもたくさんのリキュールがそろっていました。定番の炭酸割りから、沖縄っぽさを出すならシークワーサージュースで割るのも美味しいかも…と妄想が膨らみます。

もちろん、お水やコーヒーなどの用意もありますよ。

他にも引き出しにはルームウェアが。

定番のガウンタイプや、パーカータイプの厚手の羽織もの。

上下セパレートのタイプまで。
個人的には浴衣やガウンなどの羽織るタイプは足元が冷えて苦手なので、こちらのセパレートタイプの用意があるのはありがたかったです。
ナイトウェアって旅行で持参するには荷物になるので…さまざまな種類の用意があると嬉しいですよね!
おかげでゆっくり休むことができました。

海を望みながらいただく優雅な朝食

朝食は、クラブラウンジと和食レストラン「真南風」と迷ったすえ、海に向かって飛び出たテラスが開放的なカフェテラス「ラ・ティーダ」でいただくことに。

多彩な料理がブッフェスタイルで並ぶ中、私が気になったのはシェフが目の前で作ってくれる卵料理! オープンキッチンなので、焼き立ての香ばしい香りに食欲をそそられます。

たまねぎにポテト、ポークランチョンミートが入ったオムレツはふわふわで、とても美味しかったです。隣ではフレンチトーストが焼かれていて、こちらはシークワーサーバターと一緒にいただきました。

他にも紅芋デニッシュや、マンゴーのロールパン。

季節のカットフルーツやフレッシュジュースなど、沖縄ならではの食材をいかした料理がたくさん。
大食いを自負している私ですが、さすがにすべては制覇できませんでした…残念。

海を眺めながらゆっくりいただく朝食は、身体の内側と外側から元気をもらえますね! パワーチャージをしっかりして、ホテルを後にしました。

何度も訪れたことがあった沖縄でしたが、泊まるホテルやお部屋によって、今までとはまた違った沖縄の一面を知れた気がします。

一人でちょっぴり贅沢に。家族や友人、恋人と過ごすワンランク上の休暇に。さまざまなシーンでクラブフロアが活躍しそうです。

ザ・ブセナテラス

ザ・ブセナテラス

沖縄県/名護

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「絶景」の人気記事