FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

温泉のpHが肌に与える効果とは?
コラム

温泉のpHが肌に与える効果とは?

こんにちは、編集部のmikaです。先日掲載した「まるで天然の美容液!美肌の湯が自慢の温泉宿」の記事の中で、温泉の“pH”について少しだけご説明しました。今回はそれをもう少し深堀して、酸性・アルカリ性の強度を数値で表す“pH”の違いが、温泉の泉質にどう表れるのかをご紹介いたします。

温泉の分類の仕方には、「泉質」「浸透圧」「泉温」など様々な方法があり、その中の一つが「pH」による分類です。温泉に含まれる水素イオンの濃度(pH)が小さいほど酸性、大きいほどアルカリ性となります。

【アルカリ性】

強アルカリ性:pH10以上
アルカリ性:pH8.5以上
弱アルカリ性:pH7.5以上8.5未満
(参考)石鹸:pH7~10、重曹:pH8.5、海水:pH8~8.5

厚木飯山温泉 元湯旅館(神奈川県/厚木飯山温泉)/pH11.3

アルカリ性のお湯はトロトロ・ヌルヌルするような肌触りが特徴。クレンジング効果で、皮脂の汚れや油分を落としてくれます。特に強アルカリ性の温泉は、油分が取られすぎて肌がカサカサになってしまうことがあるので、入浴後は真湯でしっかり洗い流し、入浴後には化粧水などで保湿ケアを行いましょう。また、温泉に入るだけで肌の汚れが自然に落ちるので、体をごしごしと洗いすぎないようにしましょう。

【中性】

中性:pH6以上7.5未満
(参考) 水道水:pH6.5、牛乳:pH7、汗:pH7~8

山形座 瀧波(山形県/赤湯温泉)/pH7.3

日本の温泉の中で最も多いのが、中性~弱アルカリ性の温泉です。肌への刺激が少なく、肌が弱い人や敏感肌の人でも安心して入浴することができます。

【酸性】

弱酸性:pH3以上6未満
酸性:pH2以上3未満
強酸性:pH2未満
(参考)胃液:pH1.2、レモン:pH2.5、炭酸飲料:pH3、皮膚:pH4.5~6.5

奈良屋(群馬県/草津)/pH2.0

酸性のお湯は少しピリピリするような肌触りが特徴。殺菌効果やピーリング効果があり、肌の表面にある古い角質を柔らかくして溶かしてくれます。また、体の新陳代謝も促してくれるので、昔から慢性的な皮膚病などの治療にも使われてきました。入浴後は肌がツルツルになりますが、肌の弱い人には効きすぎる場合もあるので、入浴後に真湯でしっかり洗い流しましょう。

酸性・アルカリ性を表す“pH値”によって温泉の特徴も様々。体質や体調によって自分に合った温泉を選んでみたり、泉質の異なる温泉を入り比べてみたり、温泉の楽しみ方が増えれば、きっと旅の楽しみも増えることでしょう。

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「温泉」の人気記事