セレクション

知る人ぞ知る個性豊かな秘湯の温泉宿 6選

「秘湯」とは、交通の便が決して良いとは言えないような山奥や大自然の中にひっそりと存在する温泉のこと。手付かずの自然に囲まれた秘湯の宿は、日本の原風景に出会える場所として、温泉通をはじめ国内外からも注目を集めています。そんな、不便さの中に快適さを備えた、個性豊かな秘湯の宿をご紹介いたします。

文化財の宿で稀少な自然湧出の温泉を感じる

法師温泉長寿館(群馬県/法師温泉)

上信越高原国立公園内にある秘湯の一軒宿「法師温泉長寿館」。創業140年の歴史を持つこの宿は、明治期のモダンを感じる「本館」と、昭和初期に建てられた純和風の「別館」が国の登録有形文化財に指定されています。長い歴史の中で多くの文人墨客に愛されてきた客室が、当時の面影を残したまま現在に受け継がれています。

3つある大浴場で特筆すべきは、宿の名物「法師乃湯」。鹿鳴館様式の建物もまた登録有形文化財に指定されており、100年以上前に建築された当時のまま。入浴方法も当時と変わらず、男女別の脱衣所から入り、湯船は混浴です。浴槽の底から自然湧出する温泉の成分をそのまま肌に感じられるのも魅力の一つ。4つの湯船は温度が違うので、好きな温度の湯船に入ったり、徐々に熱い湯船に入ったり、稀少な温泉を存分に楽しんで。

法師温泉長寿館

群馬県/法師温泉

これぞ温泉!硫黄が香る乳白色の名湯

白骨温泉 小梨の湯 笹屋(長野県/白骨温泉)

「白骨温泉 小梨の湯 笹屋」は、中部山岳国立公園の中、3,000坪の白樺林に囲まれた秘湯の一軒宿。白骨の温泉街からは少し外れた場所にあり、心地よい静寂に包まれています。客室は、数寄屋造りの客室が4室と、古民家を移築・再生した客室が6室の全10室。目の届く範囲で丁寧にお客様をもてなしたいという宿の想いが込められています。

古来より「三日入れば三年風邪をひかない」言われるほど効能高い白骨温泉は、美しい乳白色の硫黄泉。なかでもこの宿の源泉は特に香りが強いのが特徴で、内湯に入ると硫黄の香りを感じられるほど。内湯はガラス戸が開閉できるので、暖かい時期は半露天風呂に、秋冬には開放感はそのままガラス越しに紅葉や雪景色を眺めながら白骨の名湯を楽しめます。

白骨温泉 小梨の湯 笹屋

長野県/白骨温泉

全国でも珍しい効能高い“目の温泉”

目の温泉 奥湯沢 貝掛温泉(新潟県/越後湯沢 貝掛)

標高800m、上信越高原国立公園の山中にある一軒宿が「目の温泉 奥湯沢 貝掛温泉」。上杉謙信の隠し湯として、また全国でも稀少な“目の温泉”として伝わる神秘の源泉を、この地で守り続けています。外観は風情ある庄内造り。木材をふんだんに使用したロビーは、懐かしさと温もりを感じさせてくれます。

昭和初期までは「貝掛の目薬」が生産・販売されていたほど効能高い貝掛温泉。100%源泉掛け流しの温泉は、源泉温度37度弱。内湯と露天風呂のそれぞれに、源泉そのままの「ぬる湯」と、42度に加温した湯の2種類が用意されています。眼を洗う場合は、露天風呂の湯口から湯をすくい、眼を浸したら1~2分まぶたの開け閉めを繰り返すのがおすすめ。眼で感じる温泉を体験してみませんか。

目の温泉 奥湯沢 貝掛温泉

新潟県/越後湯沢 貝掛

独特の入浴スタイルを受け継ぐ山陰最古の温泉

岩井温泉 岩井屋(鳥取県/岩井温泉)

1,200年もの歴史を持ち、山陰最古の湯と言われる岩井温泉。格式高い木造の旅館が建ち並ぶ温泉街の一角に「岩井温泉 岩井屋」は位置します。江戸時代から歴史を刻むこの宿は、湯治場情緒あふれる民芸調の佇まい。ほのかにお香の匂いが漂う館内には季節のお花や民芸調度品が置かれ、土地に触れる楽しみも。

湯治場として栄えた歴史のあるこの地には、温泉の効能を高めるために、長時間湯に浸かり、柄杓で頭に湯をかぶる「湯かむり」という珍しい入浴方法が伝えられています。そんな効能高い温泉を4種のお風呂で。なかでも宿の名物「長寿の湯」は、直立しても胸まで浸かる深い浴槽が特徴。浴槽の底に敷いた松板の下から湧く温泉を直に感じることができます。独特の立ち湯スタイルで、古き良き温泉情緒に癒されてみては。

岩井温泉 岩井屋

鳥取県/岩井温泉

ケーブルカーで谷底の露天風呂に向かう秘境の宿

和の宿 ホテル祖谷温泉(徳島県/祖谷渓)

日本三大秘境の一つに数えられる祖谷にある一軒宿「和の宿 ホテル祖谷温泉」。客室や展望レストランからは、深く切り込んだV字型の渓谷に、エメラルドグリーンの川が流れる祖谷渓を見下ろします。四季折々に変化する渓谷美は、まさに絶景。この景色を見るだけでも、わざわざこの宿を訪れた価値があるとも言えるでしょう。

他ではなかなか体験できない、この宿ならではの魅力がもう一つ。約170m下った谷底にある露天風呂へは、玄関脇から全長約250m・傾斜42度もある断崖をケーブルカーでゆっくりと下ること約5分。激しい川音が響く手付かずの自然に囲まれ、湯の花が浮かぶ白濁の湯に浸かれば、自分も自然の一部になったかのような感覚に。わざわざ来てよかったと思うこと請け合いです。

和の宿 ホテル祖谷温泉

徳島県/祖谷渓

大自然の中で温泉三昧の癒し旅

山あいの宿 喜安屋(大分県/筋湯温泉)

大分県九重町、標高1,000mの高地にある筋湯温泉街から少し離れた場所に立つ「山あいの宿 喜安屋」。うっそうと茂る雑木林の中にひっそりと佇む木造平屋の建物は、黄土色の土壁と黒塗りの板平が古民家を彷彿とさせ、里山の風情を感じさせてくれます。客室は全10室、露天風呂を完備した離れ仕様。客室の暖房には、湯量豊富な温泉を活用しています。

桧や岩風呂など、部屋ごとに趣の異なる露天風呂の他、内湯と露天風呂、別棟には貸し切り風呂も2つ用意されており、広々とした空間で湯浴みができるのも魅力。全ての湯殿で源泉掛け流しの温泉を楽しめるので、お風呂好きにはたまりません。大自然を間近に感じ、温泉三昧のゆったりとした時間を過ごすのにぴったりのお宿です。

山あいの宿 喜安屋

大分県/筋湯温泉

ひっそりとした環境で、ただゆったりと大自然と温泉に癒される。自分だけの特別な場所を見付けに、秘湯の宿へ出掛けてみませんか?

この記事が気に入ったらシェア!