クローズアップ

宮古ブルーに包まれておこもりとアクティビティを堪能する イムギャーパレス IMGYA PALACE(沖縄県/宮古島)

沖縄本島から約290㎞南西にある宮古島は、宮古ブルーと呼ばれる特有の海の色が美しい楽園です。東京や大阪から直行便も就航。アクセスも抜群で、近年は特に旅行者から注目を集めています。
そんな紺碧の海が煌めく楽園に、7月1日にオープンしたばかりの「イムギャーパレス」は、パレスという名にふさわしいラグジュアリー感が魅力の施設です。

極上のプライベート空間でセレブリティな気分を味わう

「イムギャーパレス」は、宮古島ではまだ数少ない全客室にプライベートプールを備えた豪華な施設です。白と赤い瓦屋根が古き良き沖縄の伝統的な建築様式を彷彿とさせ、それだけでリゾートに来たと実感できワクワクすることでしょう。

どこか懐かしさをたたえた外見と打って変わって、高い天井にシャンデリアが輝く室内は優雅そのもの。木目などを生かしたナチュラルなインテリアが温もり感や柔らかさを与え、居心地の良い空間になっています。

広々として明るいバスルームは総大理石で造られている宿自慢の設備。明るくもリッチな雰囲気の中、ゆったりとバスタブに浸かれば、セレブリティになったかのよう。

アメニティは、1828年にフランスで生まれ多くの海外著名人も愛用している老舗コスメブランド「ゲラン」を採用しており、高貴な香りやとろけるようなテクスチャーが気分をより高めてくれそうです。

プールサイドに出れば、海とあなただけの時間が待っています。スタイリッシュなデッキチェアが並べられており、プールの青とその先に続く紺碧の海、イムギャービーチまでを見渡せます。誰にも邪魔されることなく美しい青のグラデーションを眺めるだけの時間は、慌ただしい日々を送るあなた、そしてあなたの大切な誰かにとって最高級の癒しになるでしょう。

聖なる地イムギャーで、海と戯れ心深くまで満たされる

ちなみに、イムギャーという少し耳慣れない響きは、土地の言葉で「海の湧き水」という意味。海底から真水が湧き出る特別な場所として、古くから地元の方々から愛されてきた場所に「イムギャーパレス」は威風堂々と建っています。特別な自然環境からクマノミをはじめとする海の生き物たちの宝庫で、ダイバー憧れの場所としても知られています。

「イムギャーパレス」は、極上のプライベート空間で過ごす何もしない贅沢と同じくらい、ここにしかない海との出会いを大切にしています。たとえば、透明な素材でできたクリアカヤックでイムギャービーチから海へ漕ぎ出すのも施設推奨のアクティビティの1つ。そこにしかない極上の青に抱かれて、海と1つになるような不思議な感覚を味わってみては。

また、穏やかな入り江のためシュノーケリングにもうってつけだそう。カラフルで愛らしい海の生き物たちを間近に眺めるのは、大人も子供も心躍る体験になるはず。ウェットスーツやシュノーケルセット、カヤック、パドルボードなどはビーチクラブで無料でレンタルできるので宮古の海と仲良くなる絶好の機会となりそうです。

童心に帰って海と戯れたあとは、心地よい空腹を美味しいもので満たしましょう。「イムギャーパレス」では宮古島が誇る宮古牛や太陽の恵みを受けた朝採りのフレッシュな野菜、美しい海が育んだ魚介類、そして沖縄名産のアグー豚などをふんだんに用いたお食事がいただけます。

素材の良さを生かしつつ、見た目にも鮮やかに仕立てられた料理を口に運んだ途端、宮古島の豊かな自然を感じるに違いありません。素材本来が持つ、力強くて味わい深い料理の数々は、きっといつまでも心を満たす味となることでしょう。

真心と贅が尽くされたラグジュアリーな空間で過ごし、癒される…それ以上の体験ができる「イムギャーパレス」。今までに味わったことのないような、いつまでも記憶に残るリゾートステイを叶えてくれる夢の宮殿なのかもしれません。

この記事が気に入ったらシェア!