クローズアップ

東京タワーにスカイツリー!東京のランドマークを一望 ザ・リッツ・カールトン東京(東京都/東京ミッドタウン・六本木駅直結)

はじめまして。台湾在住のブロガーCielと申します。2010年にスタートしたブログ「月に一度の世界スパ&ホテル巡り」では、趣味で巡っている世界のラグジュアリーなホテルやスパを中心とした旅行記を書いています。観光には一切興味がなく、ただただ素敵なホテルで過ごす時間を楽しみに旅をしている私にとって、ホテル選びはとても重要です。
今回ご縁があり、一休.comで、国内のラグジュアリーホテルをご紹介させていただくことになりました。これまで通りいち利用者としての目線で、率直な感想を綴ってまいりたいと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

***********************************************************************

今回は、専用キーでアクセスが可能な特別フロア「ザ・リッツ・カールトン クラブレベル」(52階~53階)に位置する80㎡のクラブ ミレニア スイートをご紹介します。こちらのお部屋タイプは、ザ・リッツ・カールトン東京で唯一、自然光の入る窓があるバスルームが備わっています。さらに、1日5回のフードプレゼンテーション、靴磨き・プレス無料サービスなどを始めとする、レジデンスをコンセプトにしたクラブラウンジと付帯サービスが利用できます。

全客室が南東に位置した角部屋。2方向に大きな窓があり、東京タワーを始め、その後ろに広がる東京湾やお台場、東京スカイツリー、皇居周辺という東京屈指の眺望を堪能できます。

ドアを開ける瞬間は、いつものことながらドキドキなのです。特に玄関からお部屋までのアプローチが長ければ長いほど、期待感が膨らみます。御多分に漏れず、このクラブ ミレニア スイートも・・・!広々とした客室玄関から、バスルーム、ベッドルーム、リビングルームと、縦に並んでいて、夢の世界の扉を開けたように心が弾みます。

バスルームに入る目の前に鏡があり、お出かけの際、その場で身だしなみチェックが可能。ホテルのバスルームなどの明るい場所にある鏡でお化粧をすると、普段のメイクより濃くなってしまうこともあり、自然な灯りの下で再確認できるのはありがたいです。

洗面台はバスタブを挟んで左右に二つ。

クラブ ミレニア スイートには、唯一バスルームに窓が付いています。

東京スカイツリーを始め、素晴らしい景色を眺めながら入浴ができるので、思わず長風呂してしまいました。

景色を存分に堪能したら、テレビを見ながらゆったり半身浴。寝そべりながらお風呂に入っても頭にフィットするバスピローがあるので、首元も快適です。また、バスソルトは2種類用意されているので、夜と朝、違った香りを楽しめました。

バスタブのすぐ隣にはシャワールームがあります。スタンダードルームではバスタブの隣はお手洗いでしたので、こちらの方が使い勝手が良かったです。シャワールームには、レインシャワー、ハンドシャワーの他、鏡が備わっているのも嬉しいです。

ザ・リッツ・カールトンのロゴ入りアメニティグッズは、ターンダウン後、使用済みのものは、新しく補充されていました。

シャンプーなどのバスアメニティは英国王室御用達のアスプレイ。スタンダードルームの2倍以上の量である75mlが提供されます。

バスルームの横にはベッドルームが。リネンはイタリアの高級ブランド・フレッテ社製を使用し、お風呂上りに裸で飛び込みたいほど、スベスベで気持ちよいです。

ベッドルームにはミニバーが備わり、コンプリメンタリーのミネラルウォーター、ネスプレッソ珈琲、ティーバッグが用意されています。ポット、ネスプレッソマシーンには予めお水が入っているので、すぐにいただくことができました。

ティーバッグは、ルピシア。ネスプレッソのカプセルは、デカフェ含め4種類×2個の8個ありました。

テレビを挟み、クローゼットが2つ。エジプト綿100%のパジャマや高級感ある厚みの紙袋、ザ・リッツ・カールトンオリジナルのタオル地バスローブなどが用意されています。セキュリティボックスは、ノートパソコン収納ができる大きなサイズでした。

ベッドルームの隣はリビングルームです。

このリビングルームからの眺めが最高・・・入った瞬間、目の前に飛び込んでくる東京タワーは、肉眼ですともっと近くに感じて、感動モノ!でした。普段東京タワーを特別に思ったことはあまりなかったのですが、この眺望には唸ってしまいました。

東京タワーと共に、お台場、皇居、東京スカイツリーと東京の名所を一望でき、なんとも贅沢な景色です。

リビングルームは、和の要素も取り入れられていて、落ち着いた雰囲気。

デスクの引き出しには、レターセット&ポストカード。クラブ ミレニア スイートでは、このポストカードと同じ夜景を眺めることができます。

インテリアはブラウン系を基調としてシックな雰囲気なので、ほっと安らぎます。

ウェッジウッドの紅茶カップが用意されていました。素敵なカップで紅茶をいただくと、より美味しく感じますね。

ウエルカムギフトは可愛い桃のスイーツ!?

それぞれの蓋を開けてみると、中にはアーモンド、ピーカンナッツ、ヘーゼルナッツのチョコレートが入っていました。桃の形をした容器もホワイトチョコレートでもちろん美味しく食べられます。

景色を眺めながら至福のひと時です。

窓際に横たわっていると、宙に浮いているような気分に・・・!2013年に滞在したデラックスツインも都内最大の広さ(52㎡)で、十分快適だと思いましたが、2方向に窓があると、より開放感があります。何より、入った瞬間、目に飛び込んでくる景色のサプライズ感がたまりません。

六本木から見渡す素晴らしい景色を独り占めできるなんて…リッチな気持ちにさせてくれ、心が潤いました。記念日はもちろん、自分へのご褒美や仕事で達成感を得た時に、特におすすめの滞在先です。

静かで落ち着いた空間の中で、宝石のように輝く夜景をしっとりと味わう…いつもの東京とは一味違う、ゴージャスな東京の夜を過ごせるでしょう。

この記事が気に入ったらシェア!