FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

大迫力の洞爺湖花火を堪能できるリゾートホテル3選
セレクション

大迫力の洞爺湖花火を堪能できるリゾートホテル3選

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、宿泊施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。宿泊施設・店舗の最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

北海道の雄大な自然に囲まれた洞爺湖。日本百景にも選ばれ、2008年には主要国首脳会議が開催されたことで一躍有名になりました。そんな洞爺湖で毎年行われているのが、洞爺湖ロングラン花火大会です。ロングランの名にふさわしく、4月末~10月末の約半年間、毎日湖に浮かべた船上から花火が打ち上げられます。
そんな大迫力の花火が楽しめる、洞爺湖周辺のお宿をご紹介します。

絶景を独占!最上階の天空貸切風呂で贅沢な花火鑑賞を

ザ レイクビューTOYA 乃の風リゾート(北海道/洞爺湖温泉)

湖畔に面した素晴らしいロケーションが魅力の「ザ レイクビューTOYA 乃の風リゾート」。正面には洞爺湖とその先に秀峰・羊蹄山がそびえ、時間とともに移りゆく洞爺の景色は、日常を忘れさせてくれる美しさです。

全室より洞爺湖を見渡すことができ、お天気のよい日は澄み渡る青い洞爺湖、曇りの日は霧がかかった幻想的な洞爺湖を楽しむことができます。夜には満点の星空が広がり、春から秋にかけての時期はお部屋から花火を楽しむことも可能です。花火が打ち上がる約20分はぜひお部屋の明かりを消して、窓のすぐ近くでご覧ください。

よりダイナミックに花火を楽しみたい方には、屋上の天空露天風呂もおすすめスポット。屋外なので体に振動が伝わり大迫力!であるのと同時に、湖面に反射する鮮やかな色どりに思わずうっとり。有料ですが、最上階には絶景を独占できる貸切風呂もご用意。誰にも邪魔されず、目の前の花火を満喫することができますよ。花火を打ち上げる船が当ホテル前を通過するのは20:50頃。温泉に浸かりながら花火を眺める贅沢をあなたもぜひ体験してみては。

湖と一体化する露天風呂や開放的なテラスから大迫力の花火を望む

洞爺サンパレス リゾート&スパ(北海道/洞爺湖温泉)

洞爺湖を一望する湖畔に立つ、全室レイクビューのリゾートホテル「洞爺サンパレス リゾート&スパ」。清々しい自然の空気を味わいながら浸かることができる露天風呂は、まるで湖と温泉が繋がっているような開放感を味わうことができます。

お部屋でのプライベート空間でゆったり花火を眺めるもよし、ガラス張りのラウンジスペースで開放的にくつろぐもよし、ナイトバーでお酒を片手に楽しむもよし。どこも湖側を向いているので、気分に合わせて花火の観賞場所を決めるのもお楽しみ。
露天風呂から花火を眺めたら、湖との境目がなくなりまるで暖かい湖に浸っている気分になるかもしれません。

2014年に新しく登場した湯上りテラスでの花火鑑賞もおすすめ。温泉でしっかり体を温めたら、星空を眺めたり滝の音に耳を傾けながらおしゃべりしたり、花火開始までの癒しのひとときを過ごしましょう 。とは言え夏でも北海道は涼しいので、湯冷めにはご注意くださいね。

道内屈指の高級リゾートで、山の上から花火を見下ろす

ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ(北海道/洞爺)

洞爺湖や内浦湾を見下ろす山の頂に建つ、豪華客船を思わせるフォルムが印象的な「ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ」。かつてサミットの舞台にも選ばれた、北海道を代表する高級リゾートホテルです。 メインロビーの壁一面がガラス張りの窓となっており、北海道の雄大な自然が広がりを眼下に眺めることができます。

お部屋からの眺めは窓の向きによって異なり、内浦湾を望むオーシャンビュー、または洞爺湖を見渡せるレイクビュー。お部屋から花火を見たい方は、レイクビューをチョイス!ホテルは洞爺湖畔から少し離れた山の上にあるので、花火を見下ろす景観となっています。

花火をより近くで見たい方、オーシャンビュー側のお部屋に宿泊の方は、花火鑑賞船ツアー(予約制)に参加してみてはいかがでしょうか?レストランで格別ディナーを楽しんだ後、船上で間近に打ち上がる大迫力の花火を体感すれば、きっと特別な夏の思い出になることでしょう。

洞爺湖ロングラン花火大会のスケジュールは下記の通りです。
開催期間:2019年4月28日~10月31日
打上時刻:20:45~21:05
打上 数:約450発(1日あたり)

※詳しくは公式HPをご確認ください。
https://www.laketoya.com/event/fireworks/

水面に映る花火と夜空の花火は、どちらも甲乙つけがたい美しさ。洞爺湖ロングラン花火大会は、周りが山に囲まれているので、音が反響して大迫力です。春から秋まで季節によって違った趣があるので、季節を変えて楽しむのもよいかもしれませんね。

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2019.07.03 18:37

あわせて読みたい

「カップル向け」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア