FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

宿で楽しむ風物詩 熱海の花火が見える宿6選
セレクション

宿で楽しむ風物詩 熱海の花火が見える宿6選

夏の風物詩、花火。会場に出向いて少しでも近くで臨場感のある花火を見てみたいと思う反面、会場の熱気と人混み、帰りの交通機関の混雑は避けて通れない問題ですね。快適な宿に居ながらゆっくりと花火を眺め、混雑の心配も無用。花火大会の問題を解決してくれる、花火が見える宿を一休コンシェルジュが厳選しました。
今回は、夏だけでなく年間を通して開催される海上花火大会が有名な熱海エリアをご紹介いたします。

海と花火をコンセプトとした青の空間で迫力ある花火鑑賞

星野リゾート リゾナーレ熱海(静岡県/熱海)

熱海の山の上に佇むスタイリッシュなリゾート「星野リゾート リゾナーレ熱海」。豊かな“海”と年間を通じて打ち上がる“花火”をコンセプトとし、館内は青と白を基調とした爽やかなインテリアでまとめられています。

全室オーシャンビューの客室は、昼間は大きな窓からたっぷりと陽の光が注ぎ、まるで海にいるような気分を味わえます。客室からの見晴らしは、眼下に広がる熱海の街の景色や相模湾に上る日の出、そして花火まで。時間の移ろいとともに表情を変えていく熱海の景色をひとりじめできる、山の上の特等席と言っても過言ではないでしょう。ここでは絶景とともに贅沢な時間を過ごせます。

また、客室だけでなく、レストランや最上階のカフェ、大浴場からも花火を鑑賞することができます。大きく窓の開いた半露天風呂では花火の音や振動までもが体に伝わり、さらに迫力を感じられます。

 

ラグジュアリーな客室で自分たちだけの花火に酔いしれる

リラックス リゾート ホテル(静岡県/熱海)

熱海駅から車で5分。高台に位置する「リラックス リゾート ホテル」は、相模湾の先に初島、伊豆大島までも望む、全13室のスモールラグジュアリーホテルです。

本館は、バリ直輸入の天蓋ベッドを備えたリゾートスタイルルームと、建築家ル・コルビジェデザインのソファを配したモダンスタイルルームの2種類。別館のヴィラは、天然温泉かけ流しの露天風呂付客室です。本館・別館全ての客室から眼下に熱海の街並みと相模湾を望み、花火大会の日には全室から視界を遮るもののない環境で花火を楽しめます。客室のテラスから、露天風呂から、自分たちだけの花火に酔いしれましょう。

 

横山大観ゆかりの宿で夏の風情を愛でる

大観荘(静岡県/熱海)

JR熱海駅から送迎バスで約3分。急な坂道を上り切ると、山王山の高台に立つ「大観荘」に到着します。日本画の巨匠・横山大観がよく訪れていたことからその名前をいただき、現在の宿名になったと言われています。客室は全44室。横山大観も宿泊した「大観の間」をはじめ、それぞれ趣のある準京風の数寄屋造りで、相模湾や庭園の展望が自慢です。

花火大会当日には観覧席が設置されるので、海に面していない客室に宿泊の場合でも大丈夫。通常は館内での鑑賞になりますが、夏季には屋上の桟敷席が観覧席となり、ちょうど目の高さに花火が上がります。海風とともに花火の音と振動を体に感じられるのは、夏の花火の醍醐味です。海側の花火が見える客室に宿泊の場合でも、桟敷席で夏の風情を感じる花火鑑賞はどちらを取るか迷ってしまいそうですね。

 

純和風旅館でゆったりと花火を眺める贅沢時間

料亭旅館 熱海 小嵐亭(旧 迎賓館 熱海小嵐亭)(静岡県/熱海)

「料亭旅館 熱海 小嵐亭」は、明治中期に皇太子の教育主任東宮太夫・曽我祐準子爵の別荘として建てられた“小嵐亭”を前身とする由緒ある旅館です。当時の面影を感じる趣深い日本庭園や、伊豆の旬の食材を使った江戸風懐石料理はこの宿ならでは。全25室の客室は、数寄屋造りが落ち着いた雰囲気の純和風のしつらえで統一されています。厳選した銘木をふんだんに使用しており、客室に入るとたちまち芳醇な木の香りに癒されます。

本館の一部客室ではお部屋に居ながら花火を鑑賞することができます。花火が見えない客室に宿泊の場合でも、本館8階のサロンに用意された花火鑑賞席で楽しむことができるのでご安心を。ゆったりとしたソファで寛ぎながら目の前で繰り広げられる夜の芸術を眺めることほど、贅沢な時間はないでしょう。

 

静かなる伊豆山の頂でしっとり愉しむ大人の花火鑑賞

ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド(静岡県/熱海)

伊豆山の標高361m、木々に囲まれた細い山道を通り抜け、木々のトンネルの先に「ホテルグランバッハ熱海クレッシェンド」の看板が見えてきます。館内に入ると、ロビーの天井まで続く窓の外には相模湾と熱海の街並みの絶景が広がり、思わず声を上げてしまうほどの美しさです。

特に眺望が魅力なレストランや、ライブラリーバー、そして大浴場からは熱海の花火を眺めることができます。目の前で感じる臨場感や賑やかな雰囲気はありませんが、静かな場所でしっとり愉しむ花火大会はいかがでしょうか。食事や入浴をしながら、お好きなシーンで大人の花火鑑賞が叶います。

 

標高300mから花火を見下ろす優越感に浸る

熱海倶楽部迎賓館(静岡県/熱海)

標高300mの小高い丘に位置する「熱海倶楽部迎賓館」。熱海駅から車でわずか10分ながら、眼下に広がる相模湾と敷地内の緑のコントラストはまさに絶景。熱海ゴルフ倶楽部の敷地内で掘削した源泉掛け流しの大浴場では、 美肌効果に優れたにごり湯と景色が自慢です。全室70平米以上、源泉掛け流しの半露天風呂を完備した客室からもまた、大きな窓から遮るもののない一面の景色を望みます。

この宿で花火を鑑賞するなら「レストラン百山茶寮」もしくはラウンジへ。街の夜景とともに花火を上から眺める、いつもとは一味違った夜の芸術鑑賞になるでしょう。標高300mから花火を見下ろす優越感に浸りませんか?

 

2020年(令和2年)の熱海海上花火大会の開催スケジュールは下記の通りです。
【夏】8/5(水)・8/18(火)・8/21(金)・8/23(日)・8/27(木)
【秋】9/22(火・祝)・10/10(土)・10/24(土)
【冬】12/6(日)・12/13(日)・2021年1/23(土)

大切な人との旅行や女子旅、家族旅行など、様々なシーンで思い出深い滞在ができる、花火が見える宿。快適な花火鑑賞と、ホテル・旅館での熱海ステイを満喫しましょう!

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2020.06.02 15:44

GoToTravelキャンペーン

あわせて読みたい

「カップル向け」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア