FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

新千歳空港からほど近い広大な森のリゾートで童心に戻って戯れる
クローズアップ

新千歳空港からほど近い広大な森のリゾートで童心に戻って戯れる ホテル ニドム(北海道/苫小牧)

 

北海道の玄関口・新千歳空港から、車でわずか20分ほどの場所に在る「ホテル ニドム」。青木功氏や中嶋常幸氏などの日本が誇る名選手が集う大会が開かれる名門ゴルフコース「ニドム クラシックコース」が隣接するリゾートの敷地は、なんと500万平方メートルという広さ!

アクセス抜群の立地にも関わらず、リゾートに一歩足を踏み入れたときから、あなたは幼い頃に夢見た別世界へと誘われるでしょう。

ゲストがまず訪れるのは、リゾートの中心に位置するセンターハウス「フレカムイ」。アイヌ語で「湖のほとりに住む神」を指すそうです。クラシカルかつ開放的な建物の中には、複数のレストランやバンケットルームに加え、温水プールや天然温泉施設も備えており、充実した設備で滞在客を手厚く迎え入れてくれます。

チェックインを済ませたら、あなたの居城となるコテージへ。スタッフが専用車で案内してくれますので、広大な敷地でも道に迷うこともありませんね。

北欧の森に迷い込んだような針葉樹の木立の中にある2階建てコテージ「リスの森」は全部で14棟。全てが「トムトム湖」という愛らしい名の湖を向いて佇んでいます。

高緯度に育つため緻密で美しい木目が特徴のポーラーパインを用いたシックなログハウスは、いつしか絵本で見た北欧の森の家そのもの。その落ち着いた温かみのある風格に、一目惚れするゲストも少なくないのだとか。

1階は2つのツインベッドルームと簡潔で機能的なバスルームがあり、ベッドルームからそのままテラスに出ることもできます。フィンランドの人気ファブリックブランド・マリメッコのベッドリネンで眠れば、優しい夢が見られそうですね。

2階はゆったりとしたパントリーやリビングがあり、家族や仲間との団欒にぴったりの空間。バルコニーで、木々のささやきや野鳥のさえずりに耳を傾けていると、時間が経つのも忘れてしまいそうです。

また、湖を間近に望むリスの森「-レイクサイドキングベッドコテージ-」は11棟。2つのベッドルームのうち1つがシーリー社製のキングサイズのベッドを使用しており、旅先でもぐっすりと安眠できそうですね。コテージから漏れる灯りや木々たちが穏やかな水面に映る様は、まるで巨匠が手がけた極上の絵画のようです。

たまのバケーションを賑やかに過ごしたい方には、最大12名が滞在できる「鷹の巣」と名付けられたコテージがお薦めです。鷹が翼を広げた姿をデザインしたという斬新な外観は、深い森の緑と見事に調和しています。

6つのベッドルームでプライベートをしっかり確保しつつ、中央にある大きなホールに集まってワイワイと和やかな時を過ごす。近年話題のバケーションレンタルのように施設を貸し切れる感覚が味わえるのも、人気の理由のようです。

ポーラーパインのナチュラルな風合いを活かした温かみのある室内には、フィンランド製の木製家具やシンプルなデザインの照明類などがセンス良く配置されており、長期滞在しても飽きることがありません。

バスタイムは、日本で初めて導入されたタイ生まれのナチュラルスキンケアブランド「THANN」のエデンブリーズコレクションの贅沢なアロマの香りに癒されてくださいね。

広い施設内の小道やフラワーガーデンをそぞろ歩くだけでも、十分に非日常感を味わえますが、レンタサイクルやテニス、温水プールで体を動かせば日頃のストレスを思い切り発散できそう。もちろん、一流ゴルファーよろしく名門コースでナイスショットを連発するのもいい思い出になるでしょう。

さらに、アイヌの言葉で「あたためる」という名の天然温泉&SAUNA「セセッカ」(4月下旬~10月下旬の営業予定)で汗を流せば、いつしか心から笑顔になっているご自分に出会えるはずです。

 

子供のように純真に遊んだら、美味しいもので心身へ栄養補給を。北海道は言わずと知れた美食の宝庫です。メインダイニング「ニンクル」は、指定生産者から届いた滋味豊かな無農薬野菜を用いた現代風フレンチがいただけます。地元・苫小牧産の北寄貝をはじめとする海の幸はもちろん、北海道産のバターやはちみつなど、地元の安心安全な食材にこだわった繊細かつ奥深い味に感嘆することでしょう。

素材の味をダイレクトに味わいたいなら、「炉端 きんきん亭」へどうぞ。地元ブランド牛・かみふらの和牛や知床のきんき、オホーツク海の特大タラバ、季節ごとに産地を分けて取り寄せているうに…などなど、選ぶのに迷ってしまう美食家垂涎の美味を堪能できます。

北海道産の地酒や連続テレビ小説でも話題となったウィスキー、ビール、ワインといった、ご当地の美酒をお供にすれば、ますます食が進んでしまいそう。普段なら罪悪感すら覚えそうなグルメ三昧も、旅ならではの醍醐味。心ゆくまで地元の美味に酔いしれてください。

湖畔で心静かに想像の翼を広げるも、アクティブに体を動かしてリフレッシュするも、森のリゾートの過ごし方はあなた次第です。童話の世界に飛び込んだような神秘的で親密な森を後にする頃には、豊かな自然によって心身が癒され、あなた本来の魅力を取り戻していることでしょう。

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「北海道の厳選宿」の人気記事