FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

囲炉裏を囲んで古き良き和の空間が愉しめる宿5選
セレクション

囲炉裏を囲んで古き良き和の空間が愉しめる宿5選

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、宿泊施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。宿泊施設・店舗の最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

現代では、ほとんど見ることがなくなった「囲炉裏」。暖かく灯った火は、暖房や調理、照明としてだけではなく、家族の団らんにも一役買っていました。そこで今回は、日本の原風景とも言える囲炉裏のある宿をご紹介します。パチパチとはぜる音を聞きながら、大切な人と非日常を体験しませんか。

1:由緒ある茅葺き家屋で囲炉裏料理が味わえる宿

かやぶきの郷 薬師温泉 旅籠(群馬県/吾妻)

東京駅から電車で約1時間半の四万温泉、沢渡温泉の玄関口・中之条駅から無料送迎バス(予約制)で約40分。浅間隠山の懐に抱かれた「かやぶきの郷 薬師温泉 旅籠」は佇んでいます。冬には宿の茅葺き屋根に雪が積もり、非日常をより感じるでしょう。

館内には時代箪笥や古民具、郷土玩具などが展示されており、ノスタルジックな雰囲気です。囲炉裏があるのはお食事処「小林家」と「濱田邸」。夕食は、宿自慢の囲炉裏会席が堪能できます。囲炉裏の火でじっくりと焼かれた岩魚などは、家では味わえない一品。

全27室あるお部屋の中で、「やすらぎ館」と「せせらぎの間」以外には囲炉裏が備わっています。火はつけられませんが、日常にはない空間を愉しんでみてはいかがでしょう。

かやぶきの郷 薬師温泉 旅籠

かやぶきの郷 薬師温泉 旅籠

群馬県/吾妻

2:名物「かっぽ酒」を味わいながら炉辺談話も愉しめる宿

日本の宿 ひだ高山 倭乃里(岐阜県/高山)

岐阜県高山市。JR高山本線高山駅から送迎車で約20分。そばには宮川が流れ、飛騨の山々に埋もれるように「日本の宿 ひだ高山 倭乃里」は佇んでいます。1万5,000坪ものほとんど手付かずの自然の中にある客室は、全部で8室のみ。

160年前の豪農の家が移築された本館には、宿のシンボルとも言える大きな囲炉裏が備わっています。もちろんこの囲炉裏はインテリアとしてではなく、現役。夕食後には、こちらで地酒を竹筒で温めた名物「かっぽ酒」が振舞われます。地元の方が語る炉辺談話とともに満喫してみて。

お部屋では、約110平米の「臥龍」に囲炉裏が備わっています。設えは、旧宮村に建てられた120年ほど前の古民家を移築したもの。茶室もあるなど、開放的な空間でゆったりとした滞在を叶えてみては。

日本の宿 ひだ高山 倭乃里

日本の宿 ひだ高山 倭乃里

岐阜県/高山

3:炉端料理に館内で湯めぐりも堪能できる宿

山里のいおり 草円(岐阜県/福地温泉)

東京からは電車で松本駅へ、そこから特急路線バスで約100分の距離にある宿「山里のいおり 草円」。アクセスのしにくさを感じさせますが、だからこそ都会にはない古き良き日本の風情が味わえると、多くのゲストを魅了しています。

飛騨で江戸時代より続いた古民家を移築再生した宿。当時から使われ続けている囲炉裏が備わっています。囲炉裏の暖かい火にあたって山里の情緒を感じながら、疲れた身体を癒しましょう。囲炉裏を囲んでの夕食では、飛騨人たちが慣れ親しんだ炉端料理が味わえます。

大浴場には露天風呂と木造のクレ葺きの内湯、3つの貸切風呂が備わり、館内で湯めぐりが愉しめます。湯浴みのあとは、囲炉裏の前で水分補給を。自宅では味わえない非日常を感じられるはずです。

山里のいおり 草円

山里のいおり 草円

岐阜県/福地温泉

4:囲炉裏を囲んで安らげる日本三大秘境の宿

渓谷の隠れ宿 祖谷美人(徳島県/祖谷温泉峡)

香川県・高松空港から電車とバスを乗り継いで約2時間。四国の山々に囲まれ、祖谷川が流れる壮大な渓谷美などから、日本三大秘境のひとつとも呼ばれる祖谷渓谷。この地に建つ「渓谷の隠れ宿 祖谷美人」は、渓谷の景色が一望できる客室があるなど、絶景の宿としても人気です。

お食事をいただく個室には、掘りごたつと囲炉裏が備わっています。目の前で焼かれた岩魚などの郷土料理を、大切な人とゆっくりいただきましょう。

「離れスイート」は、囲炉裏のある14畳の和室とベッドを備えた12畳の洋室という贅沢な造り。しかも、檜と陶器の2種類の露天風呂が。お部屋に備わる囲炉裏で夕食をいただくこともできます。おこもり滞在にもピッタリなお部屋です。

渓谷の隠れ宿 祖谷美人

渓谷の隠れ宿 祖谷美人

徳島県/祖谷温泉峡

5:一期一会を大切に鹿児島名物「黒ぢょか」を味わう宿

忘れの里 雅叙苑(鹿児島県/妙見温泉)

日本の原風景が広がる宿「忘れの里 雅叙苑」へは、鹿児島空港から車でたったの15分ほど。アクセスの良さとは裏腹に、天降川沿いに茅葺き屋根の古民家が並ぶ日本の原風景が広がっています。

大きなナラの薪を燃やす囲炉裏は、宿の敷地に入ってすぐのところに。夕食後には、“一期一会”を大事にしたいという宿の思いから始まった鹿児島名物の「黒ぢょか(平べったい陶磁器の土瓶に入れた焼酎の水割り)」が振舞われます。囲炉裏の火のそばでじんわりと温められた「黒ぢょか」は、焼酎のとげとげしさがないマイルドな口当たりに。

敷地内には、無料の貸切風呂が2つ備わっています。そのひとつ「ラムネ湯」は、湯の下からプクップクッと小さい泡が静かに現れる炭酸泉。湯に浸かった後は、囲炉裏の前で一休み。心も身体もリラックスしましょう。

忘れの里 雅叙苑

忘れの里 雅叙苑

鹿児島県/妙見温泉

囲炉裏の暖かく、やさしい火にあたるひとときは、古き良き日本の情緒を感じ都会の喧騒を忘れさせてくれます。ぜひ、この冬は大切な人と「囲炉裏」の魅力に触れてみてはいかがでしょう。

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2020.12.01 16:30

あわせて読みたい

「関東の厳選宿」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア