FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

【全国版】大自然の絶景を堪能!景勝地と併せて行きたい宿特集
セレクション

【全国版】大自然の絶景を堪能!景勝地と併せて行きたい宿特集

松島、天橋立、宮島からなる「日本三景」をはじめ、全国各地に数多く存在する景勝地。美しい自然の景色を堪能し、非日常を味わう癒しの旅はいかがでしょうか?
今回は、全国にあるおすすめの景勝地と併せて宿泊したい宿をご紹介します。

【おすすめ景勝地】併せて宿泊したい宿

1.【十和田湖】十和田ホテル(秋田県/十和田湖)
2.【奥入瀬渓流】星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル(青森県/奥入瀬渓流温泉)
3.【松島】松庵(宮城県/松島)
4.【五色沼湖沼群】裏磐梯高原ホテル(福島県/裏磐梯)
5.【上高地】上高地ルミエスタホテル(長野県/上高地)
6.【黒部峡谷】宇奈月温泉 延楽(富山県/宇奈月温泉)
7.【嵐山】翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都(京都府/嵐山)
8.【天橋立】玄妙庵(京都府/京都・天橋立)
9.【宮島】みやじまの宿 岩惣(広島県/宮島)
10.【高千穂峡】高千穂 離れの宿 神隠れ(宮崎県/高千穂)

【十和田湖(青森県/十和田市)】

青森県と秋田県にまたがる湖「十和田湖」は、十和田八幡平国立公園を代表する景勝地のひとつ。約20万年前の火山活動によって形成されたカルデラ湖です。水深は日本では3番目に深い327メートル。大地をえぐった噴火のエネルギーのすさまじさと、形成にかかった年月の長さを感じることができます。

<併せて宿泊したい宿はここ!>

十和田ホテル(秋田県/十和田湖)

十和田湖西岸の高台に位置する「十和田ホテル」。客室は、秋田杉の本格的な日本建築が美しい国の有形文化財にも登録されている本館(和室)と、上品でクラシカルな設えの別館(洋室)に分かれています。窓の外には十和田湖が広がり、ゆっくり過ごせる落ち着いた空間。絶景が自慢の大浴場と展望露天風呂では、十和田湖や遠くの山々を眺めながら贅沢な湯浴みを楽しめます。

十和田ホテル

十和田ホテル

秋田県/十和田湖

【奥入瀬渓流(青森県/十和田市)】

十和田八幡平国立公園を代表する「奥入瀬渓流」。十和田湖の子ノ口(ねのくち)から焼山までの約14キロメートルの流れには、滝や清流、岩など見どころがたくさんあり、涼しさを感じる避暑地としても人気の高い観光スポットです。車道と遊歩道が整備されており、散策しやすいのも魅力のひとつ。新緑、紅葉、白銀と四季の渓流美を見ることができます。

<併せて宿泊したい宿はここ!>

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル(青森県/奥入瀬渓流温泉)

「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」は、奥入瀬渓流沿いに立つリゾートホテル。館内に入ると、巨大暖炉「森の神話」が圧倒的な存在感で出迎えてくれます。和洋さまざまなタイプの客室があり、渓流に面した「渓流和室」は、自然美を最大限に楽しめるようシンプルなデザインに。ゆったり寛げる「渓流ごろんとチェア」など、こだわりの家具・設備を整えています。自然と対峙する和やかなひとときを過ごしましょう。

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル

青森県/奥入瀬渓流温泉

【松島(宮城県/宮城郡松島町)】

日本三景のひとつ「松島」は、松島湾内外に浮かぶ260余りある島々の総称。昔から多くの人を魅了し続け、俳人・松尾芭蕉もあまりの絶景に絶句したと言われています。松島のシンボル「五大堂」をはじめ、仙台藩初代藩主・伊達政宗ゆかりの歴史的建造物も多く点在。じっくり観光したい方には、さまざまなコースがある観光船の利用がおすすめです。

<併せて宿泊したい宿はここ!>

松庵(宮城県/松島)

街の喧騒から離れた「松庵」は、約3,000坪の敷地内にわずか11室の小さな一軒宿。海に突き出た松島の岬に佇みます。お部屋に入るとまず目に飛び込んでくるのは、手の届きそうな距離にある松島の景色。松風を感じながら絶景に浸る、静寂のプライベートタイムを満喫できます。館内には「さろん くら」や「松島文庫」などおすすめスポットがたくさん。思い思いの過ごし方で、自由自在に滞在を楽しんで。

松庵

松庵

宮城県/松島

【五色沼湖沼群(福島県/北塩原村)】

福島県磐梯山の北側、裏磐梯にある「五色沼湖沼群」は、毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、弁天沼、瑠璃沼、青沼など大小30余りの湖沼群の総称。緑・赤・青など、水面が季節や天候などによってさまざまな色に変化することから“神秘の湖沼”とも言われています。五色沼を片道1時間程度で気軽に散策できるコース「五色沼自然探勝路」をぜひ歩いてみて。

<併せて宿泊したい宿はここ!>

裏磐梯高原ホテル(福島県/裏磐梯)

「裏磐梯高原ホテル」は、昭和33年創業の老舗リゾートホテル。裏庭には五色沼のひとつ「弥六沼」があります。客室は磐梯山を一望できるマウンテンビューと、エントランス側のガーデンビューに分かれており、いずれも自然と調和するナチュラルな設え。「展望露天風呂 四季の湯」では、目の前に広がる弥六沼との一体感を味わえます。開放感たっぷりの空間で湯に浸かり、散策で疲れた体を癒してはいかがでしょうか。

裏磐梯高原ホテル

裏磐梯高原ホテル

福島県/裏磐梯

【上高地(長野県/松本市)】

国の文化財に指定されている「上高地」は、飛騨山脈の南に位置する標高1,500メートルの山岳リゾートです。清冽な梓川に架かる上高地のシンボル「河童橋」は、絶好のビュースポット。橋の上からは雄々しくそびえる穂高連峰や岳沢などの山々を眺めることができます。

<併せて宿泊したい宿はここ!>

上高地ルミエスタホテル(長野県/上高地)

河童橋の喧騒から少し離れた、梓川の河畔に立つ「上高地ルミエスタホテル」。信州や世界各地のワインとともにいただく本格フレンチや、ホテル内すべてのお風呂に引かれた天然温泉が楽しめるリゾートホテルです。映画のスクリーンのようなパノラマビューが広がる「プレミアムシアターツインルーム」は、上高地で最も開放的な客室。双眼鏡もあるので天体観測をすることも。雄大な上高地の自然と煌めく星空を存分に満喫しましょう。

上高地ルミエスタホテル

上高地ルミエスタホテル

長野県/上高地

※元記事を読む「大自然の絶景を堪能!景勝地と併せて行きたい宿 東日本編

【黒部峡谷(富山県/黒部市)】

「黒部峡谷」は、立山連峰と後立山連峰の間に深く刻まれた、日本一の深さを誇るV字形の大峡谷です。峡谷を駆け抜けるトロッコ電車の車中から眺める四季折々の峡谷は、まさに絶景。始発の宇奈月駅から終点の欅平駅まで沿線には見どころがたくさんあり、大自然の美しさをたっぷりと感じることができます。

<併せて宿泊したい宿はここ!>

宇奈月温泉 延楽(富山県/宇奈月温泉)

日本有数の透明度を誇る、宇奈月温泉にある老舗旅館「宇奈月温泉 延楽」。全61室が黒部川の清流と美しい山並みを望む峡谷沿いに佇んでおり、心地良い瀬音をBGMに、景観を楽しみながらのんびりと過ごすことができます。総檜露天風呂「華の湯」から望む黒部峡谷の幻想的な景色はまるで絵画のよう。四季折々に違った姿を見せてくれるので、季節を変えて訪れたくなります。赤や黄色に色づく艶やかな紅葉の時期は特におすすめです。

宇奈月温泉 延楽

宇奈月温泉 延楽

富山県/宇奈月温泉

【嵐山(京都府/京都市)】

京都の右京区と西京区にまたがる「嵐山」。国の史跡および名勝に指定され、桜や紅葉の名所としても有名な景勝地です。京都のなかでも人気が高い風光明媚な嵐山エリアには、「渡月橋」や「竹林の小径」、世界遺産「天龍寺」など多くの観光スポットが点在しています。

<併せて宿泊したい宿はここ!>

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都(京都府/嵐山)

渡月橋から徒歩5分の場所に位置する「翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都」。敷地内に足を踏み入れると、外の喧騒を感じさせない静寂に包まれた優雅な世界が広がります。客室は、日本の伝統美を随所にあしらったモダンなデザイン。全39室のうち17室には、専用の温泉露天風呂が備わります。客室露天風呂から眺める嵐山の景色もまた格別です。ここでしか味わえないラグジュアリーなひとときを満喫してはいかが?

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都

翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都

京都府/嵐山

【天橋立(京都府/宮津市)】

京都府北部、日本海の宮津湾にある日本三景のひとつ「天橋立」。全長約3.6キロメートルの砂浜と、約5,000本もの生い茂る松がつくりだした造形で、その姿は“天に架かる橋”や“天に昇る龍”に例えられています。展望所からの眺めはもちろん、天橋立の中を散策したり、観光船に乗って天橋立の雄大さを間近で感じる楽しみ方も人気です。

<併せて宿泊したい宿はここ!>

玄妙庵(京都府/京都・天橋立)

玄妙山中にひっそりと佇む「玄妙庵」は、皇族方や芸術家たちも宿泊された格式ある宿。客室やロビー、大浴場など館内のいたるところから天橋立を一望できます。客室は天橋立眺望が14室、宮津湾眺望が3室の全17室。すべてがオーシャンビューとなっており、窓の外には大パノラマが広がります。露天風呂が付いた客室なら、プライベートな空間で絶景を眺めながら湯浴みをすることも。天橋立の全景を余すことなく堪能しましょう。

玄妙庵

玄妙庵

京都府/京都・天橋立

【宮島(広島県/廿日市)】

日本三景のひとつに数えられる、瀬戸内海西部、広島湾の北西部に位置する「宮島」。島全体が神の島として崇められ、弥山原始林など豊かな自然が残されています。海上には世界遺産「厳島神社」が鎮座し、宮島のシンボルともいえる「大鳥居」は、潮が満ちると海に浮かんでいるように見え、青と朱のコントラストを楽しめます。

<併せて宿泊したい宿はここ!>

みやじまの宿 岩惣(広島県/宮島)

江戸末期より約160年、宮島の歴史と歩む「みやじまの宿 岩惣」は、皇室や文人などに愛されてきた老舗旅館です。玄関母屋は明治25年から、ロビーは昭和56年の改築時からの造りをそのままに当時の雰囲気が残され、タイムスリップしたかのような気分を味わえます。昭和初期の木造建築「本館」、もみじ谷を望む「新館」、平屋建ての「はなれ」と、どの客室も情緒あふれる和の設えで、島内では珍しい天然温泉を楽しめるのも魅力のひとつ。

みやじまの宿 岩惣

みやじまの宿 岩惣

広島県/宮島

【高千穂峡(宮崎県/高千穂町)】

「高千穂峡」は、五ヶ瀬川へ流れ出した阿蘇の火砕流が急激に冷え、長い歳月をかけ浸食されてできたV字峡谷。7キロメートルにわたって柱状節理の断崖絶壁が続く景観は見事で、国の名勝、天然記念物に指定されています。峡谷内には、日本の滝百選に指定されている「真名井の滝」があり、手漕ぎのボートから眺める滝が流れ落ちる姿は圧巻です。

<併せて宿泊したい宿はここ!>

高千穂 離れの宿 神隠れ(宮崎県/高千穂)

老舗旅館「かみの家」が生まれ変わった、大人限定の宿「高千穂 離れの宿 神隠れ」。先代からおもてなしの心を受け継ぎ、今も変わらず訪れるゲストを温かく迎えてくれます。客室は4棟全8室の離れ形式。「赤朽葉」や「紫苑」など日本の古代色を取り入れ、それぞれ趣の異なる和モダン空間となっています。お風呂は温泉ではありませんが、高千穂峡の「玉垂れの滝」から汲み上げた御神水を使用。神聖な湯で疲れをたっぷり癒しましょう。

高千穂 離れの宿 神隠れ

高千穂 離れの宿 神隠れ

宮崎県/高千穂

※元記事を読む「大自然の絶景を堪能!景勝地と併せて行きたい宿 西日本編

大自然の絶景を眺めて心癒されるひととき。
日常の喧騒を忘れ、景勝地に足を運んでみませんか?

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2020.09.14 16:30

あわせて読みたい

「絶景」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア