FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

2020年7月誕生!ブランド初、温泉が備わる「ザ・リッツ・カールトン日光」
クローズアップ

2020年7月誕生!ブランド初、温泉が備わる「ザ・リッツ・カールトン日光」 ザ・リッツ・カールトン日光(栃木県/日光市)

四季折々の美しい自然と、数多くの由緒ある史跡が残る関東有数の観光地・日光。日本百景に選ばれた中禅寺湖に面し、霊峰・男体山を望むロケーションに、日本国内5つ目となる「ザ・リッツ・カールトン日光」が2020年7月にオープンしました。今回はその最新情報をご紹介いたします。

奥日光の自然と調和するように佇むラグジュアリーリゾート

世界屈指のラグジュアリーホテル「ザ・リッツ・カールトン」が大阪、東京、沖縄、京都の次に選んだ5つ目の地、栃木県・日光。世界遺産「日光の社寺」をはじめ、日本三名瀑「華厳の滝」、日本百景「中禅寺湖」などのパワースポットや豊かな自然が多くの人を魅了しているエリアです。

日光国立公園内の中禅寺湖の湖畔に、自然と調和しながら佇む「ザ・リッツ・カールトン日光」。約1万9,000平米の敷地にはメイン棟、レイク棟、マウンテン棟で構成された3棟が建ち、客室は94室のみ。リゾート感たっぷりのラグジュアリーな空間となっています。

奥日光の自然と調和する心癒される設え

館内のデザインコンセプトは、「西洋と日本の建築デザイン、そして奥日光の自然が調和する邸宅」。過美・過大にするのではなく、“日光という地がもつ自然の美しさにゆったりと浸ることのできる空間こそが贅沢”という考えを反映した設えとなっています。

全94室の客室は、いずれも57平米以上という広々とした空間。和の要素を取り入れたシックな雰囲気です。お部屋からの景色は「中禅寺湖ビュー」と「男体山ビュー」で異なり、「中禅寺湖ビュー・スイート」では、景観や光を取り込む天井いっぱいの大きな窓から、奥日光の美しいパノラマを一望できます。

各お部屋には、プライベートバルコニーや縁側に見立てたラウンジエリアが備わっており、四季折々で異なる表情を見せる日光国立公園の美しい自然を、全身で感じられるようになっています。バスルームからも自然を望むことができるので、絶景の中で素敵な湯浴みが叶いますよ。

「中禅寺湖ビュー・スイート」は全部で9室。約115平米という贅沢空間です。ベッドルームとリビングルームの間を扉で閉めることもできるので、様々なシーンで広いお部屋を利用できます。

地元栃木の恵みを美味しくいただく美食時間

「ザ・リッツ・カールトン」といえば、忘れてはいけないのが“美食”。「日本料理 by ザ・リッツ・カールトン日光」では、地元産の新鮮な食材を使った会席料理や江戸前寿司、鉄板焼きもいただけます。こちらでは、「ザ・リッツ・カールトン日光」のために育てられた栃木県産黒毛和牛をステーキで堪能できるそう。なんて贅沢な一品なのでしょう。

湖畔に佇むボートハウスを彷彿とさせるウェスタンレストラン「レークハウス」。ザ・リッツ・カールトン東京内の「タワーズ」の料理長だった早坂心吾氏を総料理長に迎え、栃木の大自然が育んだ新鮮な野菜を使ったお料理が味わえます。

朝食はビュッフェ形式ではなく、ジュエリーボックスに見立てたホテル特製の木箱に、ゲストそれぞれ専用に調理したものが入ります。洋朝食または和朝食から選べるのも嬉しいですね。

「ザ・リッツ・カールトン」ブランドの“初”と“ならでは”

「ザ・リッツ・カールトン日光」では、なんと日光湯元の温泉が楽しめる大浴場が備わっています。「ザ・リッツ・カールトン」ブランドでは初となる温泉大浴場。美肌効果に優れるなど、様々な効能を持つ硫黄泉の湯をゆったりと味わってみてはいかがでしょう。

「ザ・リッツ・カールトン」のアクティビティは、滞在地を五感で体験することができるとして、多くのゲストを魅了しているおもてなしのひとつです。こちらでは、奥日光の雄大な自然の中で体験するアクティビティを多数用意しているそう。中禅寺湖の水上散歩など、ここだけの思い出が作れそうです。

都会の喧騒から離れ、非日常を体験するのにピッタリの場所が日光に誕生しました。
ゲストが安心して快適に滞在できるように、様々な対応がなされています。そこも「ザ・リッツ・カールトン」クオリティ。心と身体を癒しに訪れてみてはいかがでしょう。

ザ・リッツ・カールトン日光

ザ・リッツ・カールトン日光

栃木県/日光市

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2020.07.16 16:51

あわせて読みたい

「関東の厳選宿」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア