FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

都心から最も近いリゾート・葉山の全室スイート宿で日常を忘れる
クローズアップ

都心から最も近いリゾート・葉山の全室スイート宿で日常を忘れる SCAPES THE SUITE(神奈川県/湘南・逗子・葉山)

東京から車や鉄道で約1時間という好アクセスながら、豊かな自然と広い海に囲まれる神奈川県・葉山。今回はそんな葉山エリアで最も広い海岸「森戸海岸」の目の前に佇む宿「SCAPES THE SUITE」をご紹介いたします。

日常から逃れられる心落ち着く空間

「SCAPES THE SUITE」が佇むのは、葉山・森戸海岸と、その先に広がる相模湾のまさに目の前。ホテルから海岸までは徒歩10秒もかかりません。

宿のコンセプトは“慌しい日常からのエスケープ”。ただ泊まるだけにとどまらない、落ち着きを感じさせながらも、きめ細かいサービスや充実の設備が特徴の宿です。

多くのホテル・レストランの空間デザインを手掛けてきた長濱初仁氏や、アートディレクター・美澤修氏が手掛ける館内は、モダンなリゾート感を感じさせながらも決して華美過ぎない洗練された空間です。

そんな宿が提案するのは、疲れた身体にあえて心地よい負荷をかけることで疲れを回復させる“アクティブレスト”と呼ばれる過ごし方。ヨガマットやダンベル、周辺の散策にうれしいランニングシューズやマウンテンバイクをすべて無料でレンタルすることができるため、過ごし方の幅も広がります。

ほどよく運動した後には、客室とは別に備わる最上階のジャグジーの利用がおすすめ。予約制なので、自分だけの時間にひたりながらゆっくりと疲れを癒すことができます。

「葉山の余白」をテーマに集められた蔵書を好きなだけ読むことができる「ブックライブラリー」もぜひ訪れてみたい場所。何気なく手に取った本から、新しいインスピレーションを得られるかもしれません。

デザインの異なる4つのスイートルーム

テラス付きの全4室のスイートルームに配されるのは、それぞれ異なるテーマカラーのインテリア。葉山の自然から抽出したデザインは、目と鼻の先に望むオーシャンビューと相まってより一層日常を忘れさせてくれます。

なかでも「サックスブルー」は、リビングとベッドルームが分かれ、テラスを合わせると約95平米もある最も広いお部屋。国内でも有数の「BANG&OLUFSEN」社製で統一された音響設備で、好きな音楽を心ゆくまで愉しむことができます。

すべてのお部屋には、快適な睡眠が叶う「SIMMONS」製のベッド・リネンや、四国愛媛県北部で作られる伝統の今治タオルなど、ワンランク上のルームアメニティを完備。細部までこだわり抜かれた設えが窺えます。

さらにバスアメニティは、英国王室御用達のライフスタイルブランド「MOLTON BROWN」のもの。世界中の様々な香り高いエッセンシャルオイルが使用され、豊かな香りに包まれたバスタイムを提供してくれます。

地元食材をふんだんに使ったお料理

海の幸だけでなく、葉山牛や地元の契約農家から直接仕入れる三浦野菜など、多くの地元食材をいただけるのも葉山の地に佇むこの宿ならではの特徴。

館内に併設されたレストランは、目の前の海や、お席によってはその先の江の島・富士山まで一望できる開放感あふれる空間。テラス席では心地よい海風を感じながらお食事が愉しめます。

夕食付きのプランでは、各季節にこの葉山の地でしか味わえない地元食材のフルコースディナーをいただけます。その日の朝に水揚げされた魚介や採れたての野菜は、その時々にしか出会えない一期一会の味覚です。

朝食は、お部屋のテラスで優雅にいただけるルームサービススタイルなのも嬉しいポイント。メイン料理は神奈川県産のやまゆりソーセージや厚切りベーコン、地養卵を使用した卵料理などから選べ、朝からエネルギーをしっかりチャージできます。

海や緑に囲まれた葉山の地を五感で愉しむことができる「SCAPES THE SUITE」。お部屋でのんびり過ごすもよし、マウンテンバイクをレンタルして小さな冒険に出るもよし。いつもとはちょっと違う旅に“エスケープ”してみませんか。

SCAPES THE SUITE

SCAPES THE SUITE

神奈川県/湘南・逗子・葉山

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2020.10.13 15:30

あわせて読みたい

「10室以下の宿」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア