FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

一休社員300人に聞いた!2019年実際に泊まって良かった宿ランキング
セレクション

一休社員300人に聞いた!2019年実際に泊まって良かった宿ランキング

一休.comに勤める社員約300名を対象に、2019年にプライベートで宿泊した宿を大調査!
一休社員が“こころに贅沢”するために訪れたのは、一体どこなのか。
都内からも近い定番エリアから、実はアクセスが便利なあのエリアまで……コメントと合わせてご紹介します。ぜひ宿選びの参考に!(※2018年度版のアンケート結果はこちら

御宿 かわせみ(福島県/翡翠の里)

福島県を流れる摺上川と小川に挟まれた、3,000坪の自然林庭園内に佇む「御宿 かわせみ」。月毎に変わるスペシャリテ「吟味特撰」など、他では味わえない「かわせみ流日本料理」が多くの宿泊客を魅了しています。お部屋は全12室。設えはすべて異なり、6室ある1階のお部屋には古代檜風呂と露天風呂が備わります。お部屋でくつろぎながら、温泉も美食も堪能してはいかがでしょう。

【実際に宿泊した社員の声】
・料理が絶品。素材の味を活かしつつも、オリジナリティーに溢れた楽しい料理でした。
・月毎に特別料理があるそうなので、また行きたくなった。
・写真で見てお部屋の雰囲気がとても良かった。実際、素敵なお部屋だったし、部屋食だったのでリラックスして食事ができた。

「御宿 かわせみ」の詳しい紹介記事はこちら
> 情緒溢れる料理自慢の宿で日本の四季を享受する

御宿 かわせみ

御宿 かわせみ

福島県/翡翠の里

(同率)

加賀屋別邸 松乃碧(石川県/和倉)

110年以上の歴史を誇る「加賀屋」の別邸として誕生した「加賀屋別邸 松乃碧」。客室内や館内の飲食はもちろんのこと、加賀屋グループ内の様々な温泉の湯めぐりも宿泊料に含まれているオールインクルーシブの宿です。七尾湾を見渡せるオーシャンビューの空間と、地元石川県の伝統工芸品が各所に飾られた美術館さながらの雰囲気が、非日常のひとときを味わわせてくれます。

【実際に宿泊した社員の声】
・歴史がある「加賀屋」に行きたかった。さすがのクオリティーで満足できた。
・オールインクルーシブのお宿ということで、飲食費を気にせず利用できたのがとても気楽に過ごせて良かった。
・本館の温泉も利用することができたので、雰囲気を比べることができたのも良かったです。

「加賀屋別邸 松乃碧」の詳しい紹介記事はこちら
> 日本一のもてなしを受継ぐ絶景宿で極上の“大人”時間を

加賀屋別邸 松乃碧

加賀屋別邸 松乃碧

石川県/和倉

(同率)

金沢犀川温泉 川端の湯宿 滝亭(石川県/金沢犀川温泉)

清流・犀川のほとりに佇む「金沢犀川温泉 川端の湯宿 滝亭」。宿の敷地内の庭園と2本の滝が訪れた宿泊客の心を掴みます。「足湯付き滝見台」では、足湯を愉しみながら滝やお庭が眺められます。弱アルカリの温泉は「つるつる湯」とも呼ばれ、お肌がつるつるになると言われる人気が高い美人の湯。景色と温泉で癒されながら、宿自慢のお料理を堪能しましょう。

【実際に宿泊した社員の声】
・雰囲気や接客が好きでした。一緒に行った母も大変喜んでいました。
・料理は美味しいし、湯船から見える犀川の景観も素晴らしいし、言うことなしです。
・館内はもちろんお部屋の設えが素敵でした。帰りたくなかったです。

「金沢犀川温泉 川端の湯宿 滝亭」の詳しい紹介記事はこちら
> 金沢の奥座敷で懐かしく温かな気持ちに返る

金沢犀川温泉 川端の湯宿 滝亭

金沢犀川温泉 川端の湯宿 滝亭

石川県/金沢犀川温泉

(同率)

あさば(静岡県/修善寺)

伊豆・修善寺で約530年もの間、様々な歴史を紡いできた名宿「あさば」。2019年には、露天風呂付きの離れ「はなれ天鼓」を完成させるなど、常に進化をし続ける日本を代表するお宿です。お宿の名物「穴子黒米ずし」は、伝統の調理法で柔らかくした穴子と修善寺産のもちっとした黒米の食感が、多くの常連客を魅了しています。特別な場所で特別な時間を、堪能してみてはいかがでしょう。

【実際に宿泊した社員の声】
・人生で一度は訪れたいと思っていた宿。期待以上に素晴らしかった。
・口コミどおり、施設・料理・接客すべて良かったです。
・凛とした空気が感じられ、これが非日常の世界なんだと思いました。

「あさば」の詳しい紹介記事はこちら
> 憧れを集め続ける、修善寺きっての名旅館

あさば

あさば

静岡県/修善寺

(同率)

あらや滔々庵(石川県/加賀)

芸術家で美食家だった、かの北大路魯山人が愛したと言われる山代温泉に佇む「あらや滔々庵」。全17室の客室は正統派の和室や数寄屋風ツイン、半露天風呂付き和洋室などがあり設えも様々です。宿名の「滔々」という言葉は、温泉が勢いよく湧き出すあり様を表していて、お宿の湯量は山代温泉一を誇るそうです。宿自慢の加賀の美食を九谷焼や山中塗などの美しい器とともに味わって。

【実際に宿泊した社員の声】
・館内の美術品と雰囲気がとても素敵でした。
・お部屋タイプも複数あり調度品や設えが違うため、別の部屋や季節を変えて泊まりたいと感じた。
・お食事が美味しかった。次は冬に予約して加賀橋立漁港で獲れるというカニを食べたい。

「あらや滔々庵」の詳しい紹介記事はこちら
> 魯山人も愛した加賀の名湯と美食の山居

あらや滔々庵

あらや滔々庵

石川県/加賀

(同率)

オーベルジュ ドゥ オオイシ(香川県/高松)

たった5部屋だけの小さなオーベルジュ「オーベルジュ ドゥ オオイシ」は、屋島の緑と瀬戸内の青い海に抱かれた白亜の美しいお宿です。シェフはこの地で生まれ育った、地元の食材を知り尽くした方。瀬戸内の食材を使ったここだけでしか味わえないフレンチを求めて多くの常連客が訪れます。朝食は晴れていればテラスへ。オーシャンビューを堪能しながらいただけば、素敵な1日が始まるはずです。

【実際に宿泊した社員の声】
・テレビがない宿なので、海の音を聞きながら自然の中でゆったり過ごすことが出来てリフレッシュになった。
・オーベルジュなだけあって、食事がとても素敵でした。
・接客は程よい距離感でいい意味でほっておいてくれるので、本当にのんびりできる素敵なお宿だと思います。

「オーベルジュ ドゥ オオイシ」の詳しい紹介記事はこちら
> 瀬戸内海の絶景オーベルジュで本当の贅沢を再認識する

オーベルジュ ドゥ オオイシ

オーベルジュ ドゥ オオイシ

香川県/高松

昨年度は伊豆や東北エリアが多かったのですが、2019年度の一休社員は、石川県エリアが人気となりました。みなさんもぜひ一休.comで“こころに贅沢”してみませんか?

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2020.03.27 11:30

一休コンシェルジュ アンケート

あわせて読みたい

「オーベルジュ」の人気記事

一休コンシェルジュ アンケート

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア