FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

長野・南木曽に佇むオールインクルーシブの古民家で美食を満喫
クローズアップ

長野・南木曽に佇むオールインクルーシブの古民家で美食を満喫 The Expedition Hotel 【Zenagi】(長野県/南木曽町)

中山道の宿場町「妻籠宿」は、日本で初めて重要伝統的建造物群保存地区に認定された美しい街並みが魅力です。歴史漂う美しい街並みと木曽の自然に、国内外から多くの人々が惹きつけられています。

築300年余の古民家で心深くまで満たされる

深き山々に囲まれる長野県・南木曽は、古くから秘境と呼ばれてきました。森や滝、渓谷など豊かな自然が今も残る一方で、和紙や漆器などが1,000年以上も受け継がれてきた文化的な地域でもあります。

そんな魅力に溢れたエリアに、2019年4月、スモールラグジュアリーなデザイナーズホテル「Zenagi」がオープン。コンセプトは世界初となる“日本の田舎を探検するホテル”。食事はもちろん、ゲスト専用のガイドとともに多様なアウトドア体験が楽しめます。

旅の拠点・客室は全3室。江戸時代に建てられた重厚感ある巨大な古民家は、快適なゲストルームとして鮮やかに生まれ変わりました。

高い天井や梁、艶やかな柱、床などは300年もの歴史を重ねてきた古民家ならではの味わい。それらの魅力を十二分に残しながら、現代の木曽を代表するクラフトマンやアーティストが手掛けたインテリアが粋な空間を創り出しています。

広々としたテラスのソファやチェアで、田舎めいた中庭を何気なく眺める……。それだけで、ここに来た悦びをしみじみと感じるはず。

洗練されたバスルームの浴槽は、伊勢神宮のご神木としても知られる木曽ひのきをふんだんに使用。厳かな香りに包まれて、心静かなバスタイムを過ごせそうですね。希望者には天然ハーブを用意してくれるというのも、嬉しいサービスです。

専用ガイドと今までのご自分を超える冒険を

 

「Zenagi」は、大自然の「然」、土地の恵を頂くお膳の「膳」、静かな時を過ごす座禅の「禅」、善行の「善」という“4つのZEN”を南木曽(Nagiso)で行うことから名づけられました。

そのため、すべての宿泊プランに「アウトドア体験ツアー」が付帯。木曽の中でも特に秘境と呼ばれる柿其渓谷を分け入り、感動的なまでに透き通った川の中を歩いたり、泳いだり……。目指す上流には絶景の滝が待っている「シャワークライミング」。
農村を最新の電動自転車で駆け抜けながら、茶摘みや和紙すきなどの伝統を体験できる「農村ライド」。

3,000メートル級の勇壮なアルプスを望みながら、澄んだ空を泳ぐ「パラグライダー」など、7つのアウトドア体験のいずれかを楽しめます。
宿泊者専用ガイドが、ゲストに合わせた体験プランへと導いてくれるのでアウトドア初心者やお子様でも安心して楽しめますね。

食事もここでしか味わえないスペシャルな体験と言えそう。和と洋からチョイスでき、いずれもミシュランガイドで星を獲得する俊英たちが手掛けます。和を10年連続で星に輝く、懐石料理の名店「銀座 うち山」の内山英二氏。
洋は8年連続で星を獲得する伊・シチリア島の女性シェフで、「bye bye blues」のパトゥリツィア・ディ・ベネディクト氏がプロデュース。

天然水で磨かれた「信州サーモン」や「日本なまず」などの川の幸、幻の牛と呼ばれる「木曽牛」や、「イノシシ」や「熊」などのジビエ、森の中から届けられる「松茸」をはじめとするキノコや山菜など。木曽は知る人ぞ知る、食材のワンダーランドなのです。
それら珠玉の地元食材と、オーガニック栽培の「木曽伝統野菜」がコラボした“木曽スローフード”をじっくりといただけば、体の内側から健やかになれること請け合いです。

いつからか“大人らしく”ふるまうことを求められ、心踊る冒険から遠ざかってしまうもの。日本の秘境に佇む「Zenagi」を訪ねたら、立派な大人は一休み。アクティビティに夢中になっているうちに、眠っていた好奇心が再び輝き出し、ご自身を明るく照らしてくれるはず。輝くご自身を取り戻す冒険旅行へ、出かけてみませんか。

The Expedition Hotel  【Zenagi】

The Expedition Hotel 【Zenagi】

長野県/南木曽町

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「長野の厳選宿」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア