FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

【滞在記】祇園に誕生した“アートと過ごす”ホテルで美食体験
クローズアップ

【滞在記】祇園に誕生した“アートと過ごす”ホテルで美食体験 ART MON ZEN KYOTO(京都府/東山)

京都・祇園の北側、格式高い美術商が軒を連ねる古門前通りに位置する「ART MON ZEN KYOTO」。老舗美術商が手掛けた“アートと過ごす”ラグジュアリーホテルに、2019年5月、新しいレストラン「Ristorante Galleria」が誕生しました。

客室のご紹介「京都・祇園で“アートと過ごす”オンリーワンのホテル」に続き、編集部のmikaが、宿泊して実食させていただいた朝食を中心に、新しいレストランの魅力をご紹介いたします。

2019年5月誕生!五感で味わうイタリアンレストラン

「Ristorante Galleria」があるのは、ホテルの地下、数寄屋建築の美と技を尽くしたラウンジエリアの一角。
実はこちらは時間帯で名前が変わり、17時までは「THE TERRACE & BAR」として朝食・ランチ・喫茶を、18時~22時は「Ristorante Galleria」として本格的なイタリアンのディナーを提供するという2つの顔を持っているのです。

イタリア・東京・京都のホテルで研鑽を積んだシェフ、小澤達也が生み出すのは、本格的なイタリアン。イタリアワインのコンクール 入賞の実績を持つソムリエが選ぶワインとのマリアージュを堪能しましょう。
ピアノの演奏やBGM、スタッフのおもてなしも含めて、空間全体で食事を楽しむひとときは、ここならではのダイニング体験と言っても過言ではありません。

ディナーの後には、レストランの奥にあるワインバーで余韻を楽しむことも。
バータイムにはレストランの窓一面に映像が投影され、幻想的な雰囲気に変わります。

ワイン以外のお酒がお好みなら、さらに地下へ降りたBARがおすすめ。

壁には数々の名画が飾られ、もちろんBARの内装にも、オーナーのこだわりが詰まっています。高級車の内装にも用いられる木材を使用した寄せ木のバーカウンターは、木のラインがなるべく揃うように工夫されたそう。
カウンターには様々な種類のお酒が並び、国産ウイスキーとジンの品揃えは専門店と呼べるほど充実しています。

ボトルの他に樽から注ぐウイスキーも。

この日はBARでお酒をいただきました。
京都初のジン専門蒸溜所が造るジャパニーズクラフトジン“季の美”を使ったジントニックは上品な味わいで、京都での1日の締めくくりにふさわしい1杯でした。

森の中で過ごすようなレストランで優雅な朝食を

朝食は「Ristorante Galleria」から名前を変えた「THE TERRACE & BAR」で。
大きな窓から木々越しに自然光が差し込み、夜とは全く雰囲気が変わります。
街中にありながらも、森の中で過ごしているような感覚になるのは、地階から一段下がった造りと、ホテルを囲うたくさんの木々のお陰なのでしょう。

レストランのオープンに先行して、朝食メニューも3月に一新。
「アメリカンブレックファスト」と「コンチネンタルブレックファスト」の2種類で、朝からたっぷりいただきたい私は「アメリカンブレックファスト」を選びました。

パンは2種類。マンゴーとパッションフルーツソースのかかったヨーグルトと、自家製シロップでフルーツを漬け込んだマチェドニア。ベジタブルサラダは、ベルガモットのドレッシングでいただきます。
本日のスープは、新玉ねぎのスープ。優しい甘さが目覚めたての体に染み渡ります。

ハムとチーズ、サーモンはテーブルサーブで好きなだけ。この日はモッツァレラチーズとリコッタチーズに、モルタデッラハムでした。

メインは、大分県の蘭王卵を使った卵料理(オムレツ・スクランブルエッグ・目玉焼き・ポーチドエッグ・フレンチトースト)もしくは、ガレットコンプレットの6種類から好みのものを選べます。

私は、特に人気が高い「ガレットコンプレット」を。ベーコンとポークソーセージ、焼き野菜が添えられており、ボリューム満点。ガレットの上に乗っている大分県の蘭王卵は黄身が濃厚で、まるでソースのようでした!

食後には、ティーソムリエの資格を持つスタッフに好みをお伝えして、おすすめの紅茶を用意していただきました。世界唯一の7つ星ホテルでも採用されている「ロンネフェルト」のアッサムティーで、ストレートでもミルクでも美味しくいただけます。
紅茶の産地や美味しい淹れ方のお話しを聞きながらいただくと、ひときわ美味しく感じられました。

料理の美味しさはもちろんのこと、空間の雰囲気、スタッフのおもてなしが心地良く、食事が終わってもいつまでもここで寛いでいたくなるような、優雅な朝のひとときとなりました。

客室のご紹介「京都・祇園で“アートと過ごす”オンリーワンのホテル」でもご紹介をしましたが、ティーソムリエの資格を持つスタッフは、ウェルカムドリンクの用意だけでなく、お部屋へのご案内もしてくださいました。なるべく同じスタッフが滞在中のおもてなしをしてくださることも、スモールホテルだからこその安心感や居心地の良さに繋がるのだと思います。
ラグジュアリーな空間で心安らぐ滞在が叶う場所、一度訪れたらまた訪れたいと思わせてくれる場所、それが「ART MON ZEN KYOTO」なのです。

ART MON ZEN KYOTO

ART MON ZEN KYOTO

京都府/東山

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2020.05.18 15:30

あわせて読みたい

「近畿の厳選宿」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア