FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

【体験記】男性にもオススメ! 東京ステーションホテルのスパ
クローズアップ

【体験記】男性にもオススメ! 東京ステーションホテルのスパ 東京ステーションホテル(東京都/東京駅丸の内南口直結)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、宿泊施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。宿泊施設・店舗の最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

都会の洞窟をイメージしたスパ施設「SPA TOKIONE」。1915年、大正4年にオープンした「東京ステーションホテル」の地下1階に位置しています。一歩足を踏み入れると、重要文化財でもある東京駅丸の内駅舎の地下で、喧騒を一切感じさせない静寂な空間が広がっていました。男性でも充実したトリートメントを受けられるという「SPA TOKIONE」。今回、編集メンバーのyafuが、実際に訪れました。上質なリラクゼーション体験をお伝えします。

「東京ステーションホテル」の地下1階に位置する「SPA TOKIONE」。東京駅丸の内南口改札からホテル構内に入り、エレベーターで降りるとすぐ目の前に入口が。駅の地下とは思えない静けさに包まれています。

まずはエントランス。「URBAN CAVE -都会の洞窟-」をイメージしたという空間は、温かい光で落ち着いた印象となっています。ここで待つ間、初めてのスパ・トリートメント体験ということもあり、緊張で心臓がバクバクでした。

女性セラピストの方に奥へと案内され、ウェルカムティーをいただくことに。カウンセリングシートを記入するのですが、セラピストの方が、その日の体調や疲れの溜まったポイントについて丁寧にヒアリングしてくれたこともあり、緊張が徐々に解れてきました。

使用する「ELEMIS」のトリートメント。4種類からチョイスできるのですが、じっくりと時間をかけて選べました。効用に関する説明や、実際に香りをかげたこともあり、初心者の自分でも納得して選択することができました。
今回は、スタンダードな「フランジパニモノイボディオイル」でのトリートメントをお願いすることに。

トリートメント前に、まずはスパでリフレッシュ。女性セラピストの方から「人工炭酸泉」をオススメされたので、ワクワクしてきました。
バスローブと、トリートメント用の紙製下着が入ったバッグを受け取り、男性スタッフの案内で更衣室へ移動します。

明るく、清潔感のある更衣室。ロッカーは、手持ちのビジネスバックと、冬物のダウンコートを一緒に入れても余裕の広さです。トリートメントの開始時間やロッカーの使い方、携帯電話の使用可能ゾーンなど、注意事項については男性スタッフの方が丁寧に教えてくれました。

洗顔フォームや化粧水、綿棒、バスタオル、フェイスタオルを完備。何も持参せずとも、困りません。

体重計と血圧測定器も用意してあります。

さっそく、オススメされた人工炭酸泉のバスに浸かりました。写真手前にある濃いブルーのライトに照らされた浴槽です。37.7度と低めの水温でしたが、10分ほど浸かっていると、驚くほど汗をかいていました。身体の芯から温まることができた証拠のようです。

サウナも完備。私は5分ほどでギブアップしましたが、室内は広く、テレビもあるので、しっかり汗を流したい上級者でも満足できる仕様に。水風呂もあるため、自律神経を整えたいという方にもピッタリだと思います。

リラクゼーションルームでは、携帯端末の操作も可能です。雑誌やスマートフォンを片手に、寛ぎの時間を過ごせます。自分はバスとサウナ、シャワーで20分ほど、その後ここで30分ほど過ごしました。自由に飲めるお水も用意されています。

ハリ・コリが解れるディープなリラックス体験

さて、いよいよトリートメントの時間。バスローブを着て、更衣室から直通の廊下を抜けると、数秒ほどでこちらのウェイティングスペースに至ります。待っていると女性セラピストの方が出迎えてくれました。

トリートメント室へと通じる廊下。深い静寂に包まれ、お風呂上りということも相まって、気持ちが徐々に落ち着いていきます。

案内され、ドアを開けてもらうと、ゆったりとした広めのお部屋が。ここの壁も、「洞窟」を連想させる設えとなっていました。

トリートメント前、こちらの椅子に座って足をお湯に浸します。リラックスした中、セラピストの方が使用するトリートメントと身体・お肌の状態を再確認してくれます。段取りについても、丁寧に説明してくれることは、初体験の男性としてはとても心強かったです。

うつ伏せになり、照明が暗くなったのが分かると、トリートメント開始。指の先から肩へと向かって、各パーツごとにしっかりとした指圧で解してくれます。最初はちょっと強かったのですが、声を掛けていただき、丁度良い加減に調整してくれました。

しばらくすると、心地よい眠気に包まれる、至福のひとときの到来です。

うたた寝と寛ぎの中、鈴の一振りでゆっくりと目覚め、80分という充実したリラクゼーションが終わったのだと気が付きました。
嬉しかったのは、肩のコリをしっかりと解せたこと。身体の軽さや、肌のツヤをその場で実感でき、満足感が自ずと湧き上がりました。

トリートメント後、手渡されたコンサルテーションシート。身体や肌の調子や、次回オススメのトリートメントプランが記載されていました。体調の管理・維持に活用したいと思います。

フランジパニの香りが漂うトリートメントとともに、ディープなリラックス効果を実感できる「SPA TOKIONE」。貴方もぜひ、上質なリラクゼーションを体感してみませんか。

東京ステーションホテル

東京ステーションホテル

東京都/東京駅丸の内南口直結

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2019.05.22 11:30

あわせて読みたい

「東京の厳選宿」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア