FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

箱根で本に囲まれて過ごす、新コンセプトの温泉宿
クローズアップ

箱根で本に囲まれて過ごす、新コンセプトの温泉宿 箱根本箱(神奈川県/箱根)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、宿泊施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。宿泊施設・店舗の最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

2018年、日本有数の温泉地である箱根・強羅に、“本のある暮らし”を提案する「箱根本箱」がオープンしました。
プロデュースは雑誌『自遊人』の編集長でクリエイター、新潟・大沢山温泉の「里山十帖」や山形・赤湯温泉の「山形座 瀧波」など数々の宿を手がける岩佐十良氏。

館内に足を踏み入れると広がる吹き抜けのラウンジには、ところ狭しと“本”が並びます。「衣・食・住・遊・休・知」をテーマに選書された新刊や古書、絵本から洋書まで、約12,000冊という豊富な書籍に圧倒されることでしょう。それらは全て購入も可能です。

至るところにハイメ・アジョンのローチェアやアルネ・ヤコブセンのエッグチェア など、北欧デザインのラウンジチェアが備わります。廊下には小椅子とカウンターが備わるスペースも。お気に入りの本を片手に読書時間に身を投じましょう。

18室ある宿のお部屋は全部で7種類。箱根外輪山が見える“マウンテンビューサイド”と、窓辺に美しい木々が広がる“グリーンビューサイド”など、景観から設備まで異なる客室が用意されています。

一つとして同じインテリアがないのもお部屋の特徴。
室内には各界の第一線で活躍する人々がプロデュースした「あの人の本箱」が備わります。置かれた本は、宿泊者だけのお楽しみ。その特別感も嬉しいですね。

お部屋には全て桧の露天風呂が。読書で少し疲れたら、のんびりと温泉に心身を癒されましょう。
大浴場では乳白色の掛け流し温泉も愉しめるので、こちらもぜひ足を運んでみて。

“本”に囲まれる様子からそのコンセプトに注目されがちですが、“オーガニック&クレンジング”をテーマにした自然派イタリアンも目玉の一つです。手掛けるのはミラノの人気店「アンティカ・オステリア・デル・ポンテ」や、弘前の「オステリア エノテカ ダ・サスィーノ」にて経験を重ねた佐々木祐治氏。

相模湾や駿河湾の新鮮な魚介や静岡の有機野菜・柑橘など、「生産者の想いが詰まった力のある食材」を主役に、目でも楽しい一皿を作り上げます。
食事のお供に最適な、国内のナチュラルワインとのマリアージュを楽しみましょう。

ダイニングはオープンスタイルのカウンターが開放的な雰囲気。壁一面に飾られたブックアートが目を引きます。
プライベートな空間で食事を楽しみたい方には、個室の用意もあるので安心です。

ラウンジやお部屋の他にも、本を身近に感じるスポットが盛りだくさん。
「ライフスタイル&アルチザンショップ」では“暮らしの彩り”をコンセプトに、本はもちろん手作りのアクセサリーやレザー小物、うつわなど様々なグッズが販売されています。

ショートフィルムの総合ブランド「SHORTSHORTS」とコラボレーションした「本箱シアター」では、毎月異なるテーマのショートフィルムを上映。“読む”だけではない楽しみも味わえます。

読書が好きな方も、久しぶりに読書をする方も、きっとお気に入りの一冊が見つかるはず。
唯一無二のコンセプトが集結した「箱根本箱」で、いつもとは異なる旅館ステイを体験してみませんか。

箱根本箱

箱根本箱

神奈川県/箱根

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2019.03.06 15:27

あわせて読みたい

「露天風呂付客室」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア