FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

渋谷の喧騒と一線を画す、天空のホテルステイ
クローズアップ

渋谷の喧騒と一線を画す、天空のホテルステイ セルリアンタワー東急ホテル(東京都/渋谷)

駅前の再開発により日々変化を遂げる街、渋谷。
活気ある大都会にありながらも「セルリアンタワー東急ホテル」には、まるで別世界のように優雅な時間が流れます。

今回は編集部のItoが、「セルリアンタワー東急ホテル」での1日を体験!
ワンランク上の上質なホテルステイを叶えてくれる“エグゼクティブフロア”をご紹介します。

都会の喧騒を眼下に望む、エグゼクティブフロアを満喫

エグゼクティブフロアに宿泊の場合、チェックインは35階のエグゼクティブラウンジにて、ウェルカムドリンクをいただきながら行います。私はノンアルコールシャンパンをセレクトしました。

2018年3月にリニューアルしたラウンジには利用目的に合わせて過ごせるよう、様々な席を配置。

窓の外には、大パノラマの景色が広がります。
渋谷の街並みを間近に感じたい方は、窓際の席がおすすめ。

望遠鏡も用意されているので、隅々まで覗いてみましょう。
学生時代に渋谷をよく訪れていた私にとって、上空から見る渋谷の街はとても新鮮で、ずっと眺めていられました。

壁に飾られた目を引くオブジェは、安全ピンで作られたアート作品。目を凝らして見てみると、その細かさに驚きました。

14時から16時のアフタヌーンティーの時間になると、ブッフェ台にはホテルメイドのお菓子が並びます。
ホテルのロビーラウンジで提供されているスコーンやクッキーなど、本格的なものばかり。

冷蔵庫にも手の込んだメニューの数々が。

そんなお菓子と一緒にいただきたいのが、コーヒー豆が育つ環境にこだわりぬいた“ミカフェート(Mi Cafeto)”のコーヒー。

試験に受かった人のみが作ることを許されており、お願いをすると目の前でコーヒーを淹れてくれます。少し酸味があるさっぱりとした味わいが、私好みでした。

行きかう車や人々を眺めながらのコーヒータイムは、ここが渋谷であることを忘れてしまうほど、ゆっくりと時間が流れていました。

17時から19時半はカクテルタイムに。
ブッフェ台は、フィンガーフードやアペタイザーなどに変わります。

シャンパンやワイン、焼酎などのアルコールが並ぶ中でも、豊富なビールの種類に驚かされました。

名の知れた日本の銘柄はもちろん海外のビールから地ビールまで、どれをいただくか迷ってしまいます。常時5種類のラインアップがあるそうです。

その他にもシーズナリーのカクテルがいただけるのは、ここならでは。今回は、冬のおすすめカクテル“ティファナコーヒー”をいただきました。
季節によってカクテルの種類が変わるので、次は何だろう……と楽しみの一つにもなりますね。

カクテルタイムが終わった後は、温かな紅茶や甘いチョコレートなどがセッティングされます。
夕食後のリラックスタイムに、ぜひ利用したいものです。

寝ても覚めても大都会を独り占めできるお部屋

今回は35階に位置する “エグゼクティブフロア コーナーキング”に宿泊。
お部屋に入った瞬間、大きくとられた窓の外の景色に思わず声を上げてしまいました。
外を覗き込むと、建設中の国立競技場や代々木公園を一望できます。

2つの窓から景色を望むことができるのは、角部屋ならでは。

見開きになっているミニバーには、ウィスキー各種とネスプレッソを常備。

解放感たっぷりなバスルームは、大都会を堪能できるビューバスです。

ロクシタンのアメニティーは、エグゼクティブフロアだけの特権。女性用には化粧落としや化粧水などの準備もあるので、手ぶらでも安心ですね。

上下セパレイトの部屋着は黄色と緑のカラフルな配色がとても可愛く、着心地もばっちりでした。

夕食中にターンダウンをお願いしていた私。お部屋に戻るとベッドサイドにはチョコレート、足元にはスリッパが用意されていました。これもエグゼクティブフロアならではの特典です。

この日の夜は煌めく夜景を眺めながら、半身浴ですっきり。まるで天空に浮いているかのような感覚でリラックスできました。

キングサイズのベッドは、布団がサラサラとした肌ざわり。部屋中の電気やカーテンの開け閉めはベッドサイドのボタンで調節できるので、気が付くと深い眠りについていました。

朝日に包まれながら、朝のエネルギーチャージを

夜明けと共に目覚めたら、フィットネスで身体を動かすのもおすすめ。
ジムエリアやプールやジャグジー、サウナなどの利用料が無料になるのも、エグゼクティブフロアの特権です。

晴れた日には屋外のウッドデッキで、ヨガクラスも実施中。太陽の光を存分に浴びながら、心身を整えましょう。

汗を流した後は、お待ちかねの朝食です。
35階のエグゼクティブラウンジは昇ったばかりの太陽の光が燦燦と注ぎこみ、とても明るい雰囲気に。

ブッフェ台にはベーコンやウィンナー、卵料理、サラダなどスタンダードなものはもちろん、ワッフルやフレンチトーストなども並びます。

私は、早朝にホテルのベーカリーで焼き上げたパンが一番のお気に入りでした。
サクサクとした歯ごたえとバターの甘味がたっぷり染み込んだクロワッサンは、クセになる味わいで、ついお代わりをしてしまったほど。

エッグステーションも完備しており、作りたてのオムレツもいただけます。
私は欲張って、全種類のトッピングを入れて注文。半熟でトロトロの卵が、とても美味しかったです。

朝日で照らされた渋谷の街は、地上で見るよりも幻想的でとても素敵な雰囲気でした。行きかう人々や車を眼下に眺めながら、優雅な朝の時間を過ごしましょう。

お部屋に戻ると、窓の外にうっすらと富士山の姿が!出発前に幸せな気持ちになりました。

チェックインからチェックアウトまで、上質なホテルステイを叶えてくれる「セルリアンタワー東急ホテル」のエグゼクティブフロア。
渋谷の街並みを眼下に優雅な滞在ができるのはもちろんですが、滞在中に一番心に残ったのは、ラウンジで触れ合うスタッフの方の温かなおもてなしでした。
心温まる時間こそが、多くの人々を長年惹きつける由縁なのではないでしょうか。

セルリアンタワー東急ホテル

セルリアンタワー東急ホテル

東京都/渋谷

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「絶景」の人気記事

キーワードから探す

スペシャルコンテンツ

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア