FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

由緒ある温泉に癒やされる和風モダンなリトリート
クローズアップ

由緒ある温泉に癒やされる和風モダンなリトリート 那須別邸 回(栃木県/那須)

1830_28

那須連山に抱かれた雄大な自然を誇りながらも、東京駅から新幹線でわずか70分という手軽さも魅力の那須塩原。御用邸があることから老舗リゾート地としても名高い那須に、「那須別邸 回」はあります。

高原のドライブがてら、または那須塩原駅から宿の無料シャトルバスに揺られて到着した「別邸 回」の、洗練されながらも落ち着きある風情に心がホッと解きほぐれるでしょう。

1830

受付をすませて、いざ客室へ・・・。
それも、よいですが、その敷地が有する「森」と言ってもいいほどの木々が迎え入れてくれる庭をそぞろ歩くのも一興。
四季折々に咲く花や色を変える草木に、街中では閉じてしまいがちな5感が優しく刺激され、解放されるでしょう。

1830_40

ほかにも、シックな「ギャラリー」という名の憩いの空間で、これから始まる旅や滞在のあれこれを思い描くのもいいもの。
隣には「ラウンジ206」と呼ばれる、昼間はカフェ、夜にはアルコールを提供する大人時間を楽しめる場所もあります。

1830_23

さて、宿最大の関心事である客室ですが、「其の壱」から「其の八」の8室、そして「離れ」があり、シンプルモダンの極致を味わえるラウンジつきの部屋から、広々としたテラスが贅沢な部屋、檜風呂が楽しめる部屋まで多種多様です。

1830_08

全ての客室に温泉掛け流しの風呂がしつらえてあり、誰に気兼ねもすることなく心ゆくまで湯浴みを楽しめます。

1830_41

120平米を超える広さを誇る「離れ」にはダイニングルームがあり、そこでゆったりと食事を味わい尽くせます。

頑張った自分へのご褒美や、人目を気にすることなく疲れた心を癒したい人には特に、格別の安息と口福を約束してくれるに違いありません。
また、隣接する「山水閣」の大浴場や貸切風呂温泉も利用できるので、広々とした湯船での湯治気分も愉しめます。

1830_42

ちなみに、こちらの温泉はほぼ無色透明の「大丸温泉」で、那須の御用邸に引かれているものと同じ泉質。
美肌効果はもちろん神経痛や慢性消化器の病、冷え性まで幅広く効能があるとされ、妊婦さんも利用できるところも嬉しいポイントです。

1830_29

さらなる癒しを求めるなら、「アロマトリートメントルーム」がお勧め。
頭から全身を磨き上げるコースから痩身を目指すリンパドレナージュ、小顔トリートメント、リフレクソロジーなどメニューも豊富。
丁寧なカウンセリングからその日の体調に合わせた精油を厳選してくれるので、きっと至福のリラクゼーションタイムとなるでしょう。

1830_20

旅の大いなる楽しみといえば、食事。
晩餐には、神那鶏や稚鮎、那須黒毛和牛など、その土地ならではの旬の素材を用いた料理が並びます。

1830_21

厳選された肉や魚を引き立てる色とりどりの野菜は、有機栽培というこだわりぶり。それらを料理人が趣向を凝らして作り上げる目にも美味しい和食は、まるで刹那な芸術品のようです。

1830_32

風が木々の合間を通り抜ける心地よいざわめきや、歌うような鳥の鳴き声に目を覚まし、澄み渡る空気を胸いっぱいに吸い込むと、それだけで体の内側からデトックスしたような気分になれるでしょう。

「森」を散策したり、朝風呂に興じた後はお待ちかねの朝食へ。伝統的できめ細やかな心遣いが感じられる和食膳に、牛乳が供されても驚かないでください。実は、栃木県は北海道に次ぐ酪農王国で、牛乳のおいしさには定評があるのです。

1830_24

お腹も心も満たされて、宿を後にする頃には、大げさに言えば細胞1つ1つがまるで生まれ変わったかと思えるほどリフレッシュしている自分に気付けるはず。「那須別邸 回」は、心身を再生させる不思議な魅力と、自分らしくいられる居心地の良さが自慢の宿なのです。

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「露天風呂付客室」の人気記事