FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

憧れを集め続ける老舗山岳リゾートホテル
クローズアップ

憧れを集め続ける老舗山岳リゾートホテル 上高地五千尺ホテル(長野県/上高地)

山好きであれば、訪れたいと願う場所、上高地。「上高地五千尺ホテル」は、その上高地のランドマークとも言えるホテル。眼前に迫る穂高連峰。澄んだ梓川。山々からたっぷりのサプリを受け取ったような、清々しい滞在が叶います。

河童橋の目の前という抜群のロケーション

本格的な登山を目指す人はもちろん、山岳リゾートの雰囲気を味わいたい人にとっても、上高地は山好きの聖地。北アルプスの谷間に大正池、明神池など、風光明媚な場所が多数点在し、2017年には122万人以上もの観光客が訪れています(※松本市山岳観光課調べ)。

その上高地の代表的スポット「河童橋」の目の前にあるのが「上高地五千尺ホテル」。環境保護のためマイカー規制されている上高地へは、路線バスやタクシー、または指定駐車場からシャトルバスを利用する必要がありますが、このホテルはその終点となる上高地バスターミナルにも近いので、重い荷物も気になりません。

人気はバルコニー付きのツイン

さて、このホテルが愛されるのは、何と言っても河童橋の目の前という抜群のロケーションと、標高1500mの山のただ中にあるにも関わらず、本格的なフランス料理を味わえる点にあります。
部屋は全て洋室で29室。河童橋側とその反対、六百山側に分かれています。国立公園特別保護地区に位置していることもあり、決して広くはありませんが、落ち着いた雰囲気でまとめられています。

人気ナンバーワンは、4階の河童橋側バルコニー付きツイン。長い歴史の中で何度か手が加えられてきましたが、このお部屋は2017年にリニューアル。迫力ある穂高連峰や焼岳。梓川の清らかな流れ。河童橋を行き交う観光客の姿。「これぞ! 山岳リゾート」という景色を、部屋から、バルコニーから俯瞰で堪能できるのですからたまりません。

もっと広い部屋を望むなら上高地スイートを。幅120㎝のベッドが2台と大きなコーナーソファがゆったり置かれた部屋で、山の中にいることを忘れてしまいそうになります。

浴室の無い部屋もありますが、大浴場があるのでご心配なく。足を伸ばして入浴できるので、トレッキングや散策の疲れを癒してくれますよ。

本格フレンチを堪能

お待ちかねの食事は、松本民芸家具が置かれた重厚なメインダイニングでいただきましょう。
ここのフランス料理のコンセプトは「五千尺キュイジーヌ」。水は六百山の地下から汲む天然水。野菜は自家農園「五千尺農園」の朝採り野菜。

あとは信州サーモンや信州牛などなど。選び抜いた素材に上高地というエッセンスを加えたフランス料理はゲストにも好評で、これを食べにわざわざ訪れる人もいるほど。

かといって、ちっとも気取っていないのがこのホテルの良さ。実は創業時からの伝統の豚汁を朝食に提供していて、こちらも大好評。「ホッとする朝の味」と名物になっています。

また嬉しいことにこのホテルには上高地を知り尽くしたガイドも常駐しています。日中の散策はもちろん、無数の星がきらめく夜の上高地にも案内してくれますよ。

そして朝は、観光客のほとんどいない静かな河童橋へ。静かな河童橋を楽しめるのは宿泊者ならではの特権です。気の済むまで朝の河童橋を、上高地を楽しみましょう。

上高地五千尺ホテル

上高地五千尺ホテル

長野県/上高地

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「長野の厳選宿」の人気記事