FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

赤ちゃん連れに優しい沖縄離島のリゾートホテル5選
セレクション

赤ちゃん連れに優しい沖縄離島のリゾートホテル5選

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、宿泊施設の営業内容が急遽変更・休止となる場合があります。宿泊施設・店舗の最新情報につきましては、当該施設まで直接お問い合わせください。

赤ちゃんを連れての家族旅行は、何かと不安がつきもの。現地でのお食事やお部屋の安全面、必要な荷物など気遣いが絶えません。
そんなママやパパも安心して快適に過ごせる、赤ちゃん連れに優しいリゾートホテルを、今回は沖縄離島の中から厳選して5軒、ご紹介します。

1.赤ちゃんから小さなお子様まで大自然を満喫できるアクティビティ

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート(沖縄県/石垣島)

八重山諸島の拠点となる石垣島は、雄大な自然に魅せられ、リピーターが多い沖縄離島の一つとして知られています。そんな地にある「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」は、目の前に広がる紺碧の海と、その先に見渡せる八重山諸島の壮観な景色が自慢のリゾートホテル。2020年にはラグジュアリーな「クラブインターコンチネンタル」が誕生し、島中でもワンランク上の滞在を叶えてくれます。

「サンライズプール」は、ウォータースライダーとキッズプールが併設されたアウトドアプール。赤ちゃんが使用できる水陸両用車椅子「チェアボード」の用意もあるので、ぜひ利用してみて。
もう少し大きなお子様には石垣島ならではの体験ができるアクティビティはいかがでしょうか。「プラネット・トレッカーズ」では、海辺の生物観察や敷地内の植物の観察など、興味や希望に合わせてプログラムを提案してくれます。(現在休止中)
そのほかにも宮良川マングローブカヌーや星空鑑賞など、自然を満喫できるメニューが盛りだくさんなので、ぜひ家族の思い出作りに参加してみては。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

ANAインターコンチネンタル石垣リゾート

沖縄県/石垣島

2.広大な敷地内に点在する赤ちゃんでも安心して遊べるスポット

はいむるぶし(沖縄県/小浜島)

石垣島からフェリーで約25分、美しいサンゴ礁に囲まれた小浜島に佇むリゾートホテル「はいむるぶし」。沖縄の方言で“南十字星”を表す言葉の通り、世界で認定されている88個の星座のうち、84個をこの地で鑑賞することができます。
広大な敷地内には宿泊棟のほか、展望大浴場やプール、ビーチ、博物館をはじめとした様々な施設が点在。ホテルの中だけでも存分に楽しめます。滞在中はレンタルカートで巡りましょう。

各宿泊棟にはコインランドリーが併設されており、着替えをたくさん持っていく必要がないのも嬉しいところ。滞在中はベビーカーやベッドガード、子供用の踏み台など、貸出し備品の種類も豊富です。
「まだ少し海は不安」という赤ちゃんは、敷地内にあるプールであれば半楕円形のお子様プール(水深0.3m)もあるので、ぜひ足を運んでみて。
そのほかにも水牛池や、動物ふれあい広場でヤギやリクガメ、アヒルと遊んでみるのもおすすめ。老若男女問わず小浜島の自然を肌で感じながら、楽しめる仕組みが散りばめられています。

はいむるぶし

はいむるぶし

沖縄県/小浜島

3.「ウェルカムベビーのお宿認定」のヴィラで、大人も安心してリラックス

アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジ(沖縄県/宮古島)

鮮やかな宮古ブルーの海が訪れる人を魅了し続ける宮古島にある「アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジ」は、72室の客室全てにジャグジーが備わるヴィラタイプの宿。なかでも「ウェルカムベビーのお宿認定」の専用客室は、段差や角にクッションを設けたり、コンセント部分にはカバーを設置したり、赤ちゃんはもちろんパパやママも安心して過ごすことができます。
客室には洗濯機や電子レンジも完備。さらにベビーバスや調乳ポット、体温計にいたるまで、「あったらいいな」が一通り備わるので、ぜひ問い合わせを。(一部予約制)

敷地内にはお子様が楽しめるスポットやアクティビティメニューがたくさん。特にプールは水深30、60、120㎝の3タイプがあり、お子様の年齢に合わせて利用できます。絵本やレゴブロックなどが用意されたキッズスペースもあるので、ぜひ立ち寄ってみて。
ホテルオリジナルのアクティビティもチェックしてみましょう。シーサーの絵付け体験やタイダイ染め体験など、家族旅行の思い出の一品を作ってみませんか。

アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジ

アラマンダ インギャーコーラルヴィレッジ

沖縄県/宮古島

4.プライベートプールが備わるヴィラで、家族水入らずの時間を

the rescape(ザ・リスケープ)(沖縄県/宮古島市)

“ハイダウェイリトリート”をコンセプトに掲げる宮古島の「the rescape(ザ・リスケープ)」は、希少性の高い天然ビーチと原生林に囲まれた、手つかずの自然が残る東海岸に佇む隠れ家的リゾートホテルです。
41室の客室は全てにプライベートプールが備わるヴィラタイプが中心。周りの目を気にすることなくのんびりと過ごしたり、プールで遊んだりすることができます。
ベビーベッドやベッドガードの無料貸出しがあるのも嬉しいですね。

夕食は「Restaurant the rescape」にて、島の食材をフレンチ仕立てに仕上げたコースをいただきましょう。アラカルトではお子様向けのメニューもあるので、ぜひチェックしてみて。
朝食付プランで予約をして、夜は現地でBBQを行うのもおすすめ。宮古島の風を感じながら、あぐー豚ややんばる鶏、宮古で獲れた鮮魚や野菜をお腹いっぱいいただきましょう。

the rescape(ザ・リスケープ)

the rescape(ザ・リスケープ)

沖縄県/宮古島市

5.赤ちゃん連れでも気兼ねなく、オールインクルーシブが嬉しいホテル

THIRD石垣島(沖縄県/石垣島)

石垣港離島ターミナルの真正面にある「THIRD石垣島」は、石垣島初のライフスタイルホテル。滞在中は食事やドリンクをはじめ、ホテル内の全てのサービスが宿泊料金に含まれるオールインクルーシブスタイルで、気兼ねなく過ごすことができます。
オムツ用ゴミ箱、ベビーカーやベビーベッド、ベッドガード、バスタブなどのベビーグッズも充実しているので、安心してホテルステイを楽しみましょう。

館内にはランドリールームも併設されており、洗剤も無料。汚れてしまったお子様の衣類を洗うことができるので、荷物がかさばりません。
ブックラウンジにもぜひ足を運んでみて。数ある本の中には絵本の用意もあるので、小上がりの和室スペースでゆったり読み聞かせをするのもおすすめです。
カフェにはキッズメニューもあるなど、オールインクルーシブで至れり尽くせりな滞在を満喫してみては。

THIRD石垣島

THIRD石垣島

沖縄県/石垣島

海外のリゾート地よりも気軽に行ける沖縄は、赤ちゃんを連れての初めての旅行先としても人気です。
何かと不安はつきものですが、そんな時こそ赤ちゃん連れに優しい宿を利用して、とっておきの思い出を作りましょう。

この記事が気に入ったらシェア!

更新日時2021.10.05 11:38

あわせて読みたい

赤ちゃん・子連れ旅の人気記事

編集部おすすめ記事

キーワードから探す

エリアから探す

人気のエリア

全国のエリア

北海道 北海道
東北 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県
関東 群馬県 茨城県 栃木県 東京都 神奈川県 千葉県
甲信越 山梨県 長野県 新潟県
北陸 富山県 石川県 福井県
東海 岐阜県 愛知県 三重県 静岡県
近畿 大阪府 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県 兵庫県
中国 岡山県 広島県 鳥取県 島根県 山口県
四国 徳島県 香川県 愛媛県 高知県
九州 福岡県 佐賀県 長崎県 大分県 熊本県 宮崎県 鹿児島県
沖縄 沖縄本島 宮古島 石垣島 沖縄離島