セレクション

源泉掛け流しの温泉でくつろげる宿 有馬編

新鮮な温泉が湯殿に注がれ続ける、源泉掛け流しの温泉。贅沢な気分を味わえるのはもちろん、湧き出したままの温泉成分をそのまま肌に感じられるのも魅力です。
日本三名泉の一つであり、赤褐色の“金泉”と無色透明の“銀泉”という2つの温泉をもつ有馬温泉で、源泉掛け流しの温泉を満喫できる極上の宿をご紹介いたします。

自然の中に佇む全室離れのヴィラ

有馬山叢 御所別墅(兵庫県/有馬温泉)

1,400坪の敷地に、10室の離れ客室を有する「有馬山叢 御所別墅」。すべてのお部屋が100平米のヴィラまたはメゾネットタイプで 、天然木の香りに包まれるゆったりした空間が広がります。各お部屋にはウッドデッキがあり、森林浴やティータイムなど、思い思いの楽しみ方で過ごしましょう。

大浴場では、御所泉源と妬泉源から引かれた温泉が源泉掛け流しで楽しめます。2010年には15代目が考案した独自の配湯装置導入により、より質の良い湯が注がれるように。温泉で温まった後は、併設のアロマテラピーサロンで心身ともに癒されてみては。

有馬山叢 御所別墅

兵庫県/有馬温泉

自家源泉の湯に身も心も癒される

有馬温泉 月光園 游月山荘(兵庫県/有馬温泉)

純和風の木造建築がどこか懐かしい「有馬温泉 月光園 游月山荘」。ロビー棟から客室棟へとつながる「月光橋」は宿のシンボルの一つで、橋の上からは四季折々の景色を望みます。非日常感漂うアプローチに、これから始まる滞在への期待が高まること間違いなし。

有馬温泉では珍しい自家源泉をもち、新鮮な温泉に浸かれるのも魅力。滝川沿いにある野趣あふれる露天風呂では、川のせせらぎをBGMに金泉を源泉掛け流しで堪能しましょう。街の雑踏から離れて、心も身体も解放されるひとときを。

有馬温泉 月光園 游月山荘

兵庫県/有馬温泉

文化人の気持ちが息づく老舗宿

陶泉 御所坊(兵庫県/有馬温泉)

「陶泉 御所坊」は、鎌倉時代創業の歴史ある湯宿。客室「天楽」には文化人たちが残した詩や書などゆかりの品が飾られ、当時の雰囲気を肌で感じることができます。食事は鎌倉時代が源流の「山家料理」を提供。自家栽培の米や野菜、瀬戸内の新鮮な魚介類など、良質な素材を生かした味わいが好評です。

温泉は、御所泉源と妬泉源から引かれた源泉を掛け流しで。茶褐色で不透明な金泉を活かし、男女の仕切りを低く、家族などと顔を合わせて半混浴式の温泉を満喫できるのが特徴です。男女でも一つの同じ空間を楽しんでほしいという、当代の想いを象徴した設えとなっています。

陶泉 御所坊

兵庫県/有馬温泉

アートな空間で大人だけの時間を過ごす

高山荘華野(兵庫県/有馬温泉)

有馬の温泉街を見下ろす高台に位置する「高山荘華野」は、大人だけの時間を満喫できる宿。館内には至るところに美術品やお花が飾られ、アートな雰囲気が漂います。お部屋はシンプルでモダンな「華野館」と、風情ある木造建ての「風景館」に分かれ、いずれも季節のお花を設えた上品な空間です。

半露天風呂の金泉は、贅沢に源泉掛け流しで味わいましょう。有馬の美しい夜景を眺めながらの湯浴みは、温かさが体と心の中までゆっくりと染み渡るはず。15~18時には湯上りに自家製梅ゼリーをいただけるので、ほっと一息つくのもおすすめです。

高山荘華野

兵庫県/有馬温泉

湧き出したばかりの新鮮な温泉に包まれる贅沢なひととき。極上の温泉を目的に、癒しの旅へ出掛けてみてはいかがでしょうか。

【有馬エリア情報】

関西の奥座敷と呼ばれる「有馬温泉」は、日本書紀にも記録が残る日本最古湯の一つと言われる名湯。環境省が療養泉として指定している9つの主成分のうち7つもの成分が含まれている、世界的にも珍しい温泉です。鉄分を多く含み空気に触れると赤褐色に変わる“金泉”は、湯冷めしにくく殺菌作用が高いためケガの治療や冷え性に。無色透明の“銀泉”は、古い角質を溶かしてお肌がつるつるになるのが特徴です。

この記事が気に入ったらシェア!