クローズアップ

魯山人も愛した加賀の名湯と美食の山居 あらや滔々庵(石川県/加賀)

北陸随一のいで湯の街、山代温泉。開湯より1300年の歴史を誇るその古湯には、数々の文化人をはじめ、かつては戦国武将・明智光秀も訪れたそう。最近では北陸新幹線の開通により、関東からのアクセスも良好に。福井や金沢、能登などを旅する北陸観光の拠点としても便利な位置にあります。

山代温泉の中心地に佇むのが「あらや滔々庵」。前田家の藩主が入湯の宿として、創業者に湯番頭を命じて以来、十八代の歴史を数える老舗宿です。温泉街の中心に位置しているものの木々の緑に囲われた風景は、まるで山中にいるかのような落ち着いた雰囲気を演出します。

玄関をくぐり館内へ入ると、大きなあけがらすが描かれた衝立が出迎えてくれます。山代温泉の開湯には、行基上人が、烏が水溜りで翼の傷を癒しているのを見つけ温泉を発見した、という伝説があります。この衝立は「烏湯」の伝説を表すシンボルとして、かの北大路魯山人が描いたもの。

かつて宿主であった十五代源右衛門は、当時まだ無名の芸術家であった魯山人に看板などを発注し、彼の生活を支えたといわれています。その後彼は篆刻から書、絵画まで、あらゆる分野で才能を開花させ、また稀代の美食家としても名を馳せました。静かに存在感を放つロビーの看板も北大路魯山人のもの。彼の作品は、館内の至る所で見ることができます。

滔々と湧き出る加賀の名湯

この宿の魅力はなんといっても源泉掛け流しの温泉。地下わずか数10メートルのところから湧出しているのが山代温泉の特徴。宿名にもある「滔々」という言葉は、温泉が勢いよく湧き出すあり様を表しています。この宿の源泉の湯量は1日約10万リットルで、山代温泉一を誇ります。

美肌効果が評判の泉質は、大正初期にドイツで開催された「万國鉱泉博覧会」では金賞を受賞。世界的にも高い評価を受けた温泉です。

「あらや滔々庵」ではそんな温泉をユニークな形で楽しむことができます。
特別浴室「烏湯」は、源泉を五感で感じ取ることのできるメディティエーション・スパ。源泉のミストが薄暗い浴室にたちこめ、何とも神秘的な雰囲気が広がります。温めのお湯と熱めのお湯との交代浴を繰り返すことで、身体の芯がじんわりと温まりリラックス効果抜群。

四季折々の自然を臨むくつろぎの客室

客室から望む山庭は、寛永時代に作られたもの。全国から集められた自然石と銘木で築いた「山畔池泉式」と言われる様式で、今も当時の面影を残しています。

春の芽吹き、夏の新緑、秋の紅葉、冬の雪景色。庭の木々は季節の移り変わりを表現し、どの季節に訪れても異なる表情で人々を楽しませてくれます。

露天風呂付き客室では、季節ごとに姿を変える自然の姿を眺めながらの入浴が楽しめます。プライベートな空間で贅沢な湯浴みを。大切な人とのおこもり旅にもおすすめです。

朱壁と漆柱が美しく、魯山人も愛したといわれる「御陣の間」は、前田家歴代藩主ゆかりの由緒あるお部屋を現在の建物へ移築した客室です。漆塗りの天井や柱、加賀独特の朱塗りの壁は、かつて栄えた前田藩の華やかさを表しているかのよう。

美器で引き立つ加賀の美食

山代温泉は日本海、加賀平野、白山麓と四方を自然に囲まれた非常に恵まれた土地。ついつい食事には期待も高まってしまいますよね。加賀の伝統調理法が光る会席料理は、宿を訪れた人々から高く評価されています。

北陸の自然が育んだ旬の食材に手を加え過ぎず、また飾り立てずに調理します。地元の工芸品である九谷焼や山中塗をはじめとする、美しい器とともにその繊細な味を堪能しましょう。

また、北陸の冬の味覚といえばカニ。加賀橋立漁港では毎年11月6日から3月20日までズワイガニ漁が解禁されます。橋立のカニは近海で水揚げされ、日帰りで帰港するので鮮度が抜群。泥地に生息しているため他のカニと比べても殻が柔らかく、自然の甘みと強い旨味が特徴です。

どんな食べ方でも美味な橋立ガニですが、中でも炭火焼きは絶品。徐々に朱く色を変えながら香ばしいかおりを広げるその姿に、食欲が駆り立てられます。鮮やかに焼きあがったカニの身を口に入れた途端、ふわりと上品な甘みが広がります。この時期にしか味わうことのできない贅沢です。

明治の面影が残る山荘でいただく厳選ワイン

山庭に佇む木造建築の離れ「有栖川山荘」は、明治時代に天皇来館の命を受け建てられたもの。釘を一本も使用せず、数年がかりで建てられたという芸術的な空間には、建造当時の雰囲気が今も残されています。

そんな山荘は現在ワインバーとして利用可能となっています。厳かで趣のある廊下を歩いて向かいましょう。

バーカウンターは柔らかい灯りに照らされ、しっとりとした落ち着きのある佇まい。ワインリストにはオーナーこだわりのワインがずらりと並び、ボルドー産とブルゴーニュ産に徹底してセレクトされた上質なワインが楽しめます。

畳の上でワインをいただく粋な体験。ここでしか味わうことのできない雰囲気に惹かれ再訪する方も多いそう。夕食後に是非立ち寄ってみたいところです。

宿内の随所に、歴史や美しさを感じる「あらや滔々庵」。美しさだけでなく、加賀随一の温泉や美器佳肴で彩られたお料理など、あらゆる場面で質の高さを感じます。それほどの宿であるにもかかわらず、「温かみのある接客に、肩肘張らない滞在ができた」と多くの宿泊者が語るほど。そんな居心地の良さが数々の宿泊客を惹きつけている理由なのかもしれません。

あらや滔々庵

石川県/加賀

この記事が気に入ったらシェア!