FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

FOLLOW一休コンシェルジュをフォロー

湯河原の離れで至福のお籠りを
クローズアップ

湯河原の離れで至福のお籠りを 奥湯河原 結唯 -YUI-(神奈川県/湯河原)

「日本の歴史公園100選」の1つで、文豪・国木田独歩の碑が見守る万葉公園ほか、名所や名跡が点在する湯河原。都心から2時間以内にアクセスできる好立地も魅力です。なかでも奥湯河原は静かで落ち着きが漂い、旅慣れた大人たちに愛されています。そんな和の情緒漂う場所に「奥湯河原_結唯-YUI- 」は静かに佇んでいます。

趣ある和邸宅で暮らすように過ごす優雅な休日

本館の5つの客室は、日本人なら誰しもほっとできる正統派の和室。清潔感漂う室内にある大きな窓からは、滝が流れる様を間近に見られます。まるで日本画のような美しい景色にうっとりすることでしょう。

川のせせらぎが耳に優しく響く離れ「秀邑」は1日2組だけに許された離れ客室。琉球畳の和室でくつろぎ、専用の庭園で自然の優しさに和み、貸切露天風呂で癒される。そんな何もしない、ゆったりとした贅沢な時間を過ごしましょう。

贅を尽くした4棟の庭園付き和邸宅「紫葉」は、2018年1月にグランドオープン。和室の静謐さを基に、江戸から平成へと移ろう時代を、設えやインテリアで表現した空間はハイセンスだと評判です。

全棟に掘りごたつのある和室と、趣向を凝らした露天風呂を備えています。気兼ねなく温泉三昧をし、日々の慌ただしさから“解ける”お籠りを満喫してみては。
別荘で暮らすようなプライベート感を保ちつつ、旅館ならではの細やかなサービスを受けられるのも人気の理由の1つです。

平屋造りの「桃花」は、昭和レトロを彷彿とさせる心和む客室です。明るく真新しいながらもどこか懐かしさを感じさせる和室で、ごろりと横になるのも休日らしい過ごし方。ガラス張りの展望室で、優しい陽射しに包まれながら鳥のさえずりに耳を傾ければ、ストレスも吹き飛んでしまいそう。広がる水盤を大切な人と眺めれば、まるで水に浮かんでいるような、ロマンチックな体験を共有できるはず。

平成から未来をイメージしたという「紫夕」は、近代的ながら自然を間近に感じられます。小川を思わせる水路が流れる中庭を挟み、リビング棟と寝室棟が翼を広げたような建築が見事です。樹々に囲まれた展望リビングで炎を揺らすモダンな暖炉は、心まで温めてくれそうですね。

江戸時代の町屋文化をモチーフとした「朝葱」は、直線を生かしたすっきりと清々しさが特徴です。和紙を用いた灯篭など、さりげなく配されたインテリアも粋そのもの。迫り来るような緑を、広縁のチェアに座ってのんびり眺める…。それだけで、体の芯からリフレッシュするのを感じるに違いありません。

明治から大正時代にヒントを得た「翠嶺」は、レトロモダンに包まれるおしゃれな客室です。和室やゆとりある広縁から自然豊かな風景を眺めれば、きっと心癒されることでしょう。広縁から続くテラスの先には東屋があり、暖かな日中には童心に帰って日向ぼっこするのも楽しいものです。2階の月見台で、大切な人と一緒に名月を見上げれば忘れ得ぬ思い出になることでしょう。

静けさの中で深呼吸するような安らぎを

「奥湯河原_結唯-YUI-」には、華々しいシャンデリアや賑やかな遊興施設はありません。豊かな自然と静寂が、慌ただしい日々を過ごす大人にとって何よりのもてなしになると知っているのでしょう。

サービスや接客も決して大仰でなく、どちらかといえば控えめに感じるかもしれません。ですが、時間が経てば経つほど、その距離感が絶妙で居心地の良いものだと思えてくるから不思議です。

美しい庭園を望むロビーや、日本情緒の漂う回廊からも、宿のそんな奥ゆかしさを感じることができます。

特に心安らぐのが、茶室「心妙庵」。厳かな佇まいの中でエステが体験できます。窓から樹々を眺めながら、熟練のエステティシャンによる施術はまるで夢心地。2人並んで施術を受けられるので、パートナーと“とろける”時間を分かち合うのも素敵です。
高級エステサロンも愛用する「YONKA」を用いたトリートメントや、かっさを使ったマッサージなど、ご自身の体の調子に合わせてメニューをチョイスしましょう。

開放感あふれる大浴場は、四季の移ろいを眺めながら湯浴みできます。手足を伸ばして、効能豊かな温泉に身を任せれば心のコリもほぐれていくでしょう。

お楽しみのディナーは、樹の温もりと落ち着いた雰囲気が魅力の「ダイニング泡抹 うたかた」で。滝を眺められるカウンター席は、2人の特等席です。

料理人自らが市場で見極めた旬の素材を、和食の細やかな手仕事と洋食の技法を駆使し、和洋折衷の創作会席へと仕立てます。刹那な絵画を思わせる、季節感溢れる美しい盛り付けも感動的です。
そもそも湯河原は、海と山の幸が集まり、古くから文人墨客に愛される場所。鮮度抜群の素材を生かした料理は、味わい深く、噛むほどに旨味が舌を悦ばせるでしょう。

樹々のささやきや星の瞬きに見守られながら熟睡した翌朝は、昨日より体も心も軽やかになっているはず。
日一日と陽射しの暖かさが増し、湯河原梅林の梅が甘く爽やかな香りで春の訪れを告げるこの季節。大切な人を誘って、「奥湯河原_結唯-YUI- 」で二人の絆をさらに深めてみませんか。

奥湯河原 結唯 -YUI-

奥湯河原 結唯 -YUI-

神奈川県/湯河原

この記事が気に入ったらシェア!

あわせて読みたい

「関東の厳選宿」の人気記事